Make your own free website on Tripod.com

在日右翼の系譜

朝鮮民族の民族性

朝鮮民族は、中国文明圏であり、組織ではなく人を重視する。それは日本への感謝の意も同様であり、恩人である日本人に感謝し、日本には感謝しないのである。これを理解しなければならない。

例えば、徴兵逃れのために来日した韓国人は少なくない。同胞と殺し合いたくないという理由は納得出来る。だが徴兵逃れであることからわかるように、日本での生活は不法入国、不法滞在から始まらざるをえない。そうした韓国人の中には、現在は大学教授でまた自治体の様々な委員を務めるまでに立身出世した者もいる。そんな韓国人でさえも、自分を受け入れてくれた日本社会を徹底的に批判するのである。

日本人の感覚からすれば、韓国人が、この日本社会に一体何の恨みがあるのか、全く理解できないはずだ。「この恩知らずめ!」と言いたくなるだろう。しかし、この韓国人は、あくまでも韓国人として、恩を強烈に感じているのだ。先に述べたように、それは「日本社会」にではなく、入国を助けてくれた「一日本人」、滞在を助けてくれた「一日本人」など、多くの個人としての日本人に対して表されることになるだけなのだ。

同じことは日本時代を体験した韓国人にも言える。日本時代を生きた韓国人で、○○○○と「名指しで」日本人の悪口を言う人はほとんどいない。だが「日本」という社会・国家となると話は別である。韓国人にとって、「日本」は、悪の象徴なのだ。憎んでも憎み足りないのが「日本」なのである。

このような朝鮮民族の民族性ゆえに、韓国人は、恩義を感じた「一日本人」に対して、様々な協力を申し出ることになる。美化して言うならば、それは政治的立場を超えた友情である。だから恩人が右翼系日本人の場合、当然、右翼活動に関わることになる。しかし同時に、個人的な恩であるがゆえに、祖国である韓国・北朝鮮を批判することはしない。こうして、おかしな在日右翼が誕生するのである。

さらに、この朝鮮民族の民族性は、単なる在日右翼の問題に留まらない。恩義ゆえに良心から朝鮮系商工人を紹介することがある。つまり恩人の日本人が政治家であった場合、北朝鮮との繋がりがそこにできるのだ。「恩」が「北朝鮮」を通じて、「仇」となって帰ってくる図式がそこにはあるのだ。

また「一日本人」に対する感謝であることから、その日本人及び家族はまだしも、その日本人が所属している団体は無関係であることに留意しなければならない。中国(人)が、日中友好の感謝を田中角栄他数名の議員にだけ示し、自民党を無視しているように、韓国(人)は、同じく数名の日本人だけに感謝し、その組織・団体は無視するだろう。すなわち昨今、「韓日友好」「外国人参政権」を掲げている創価学会・公明党は、結局のところ感謝されないのである。感謝されるのは、創価学会・公明党の幹部数名に過ぎないのだ。

ともあれ戦後の在日新右翼は、このように誕生したのである。

Copyright(C)2002- 「日本専門」情報機関(日本の情報の収集と保存)