Make your own free website on Tripod.com

中国共産党「日本解放第二期工作要綱」

(國民新聞 昭和47年8月特別号)

中央学院大学の西内雅教授(故人)が昭和47年にアジア諸国を歴訪した際、偶然、入手した秘密文書。

内容は中国共産党が革命工作員に指示した陰謀で、当時から現在に至る迄、中国の対日謀略は秘密文書の通りに続いているとみられる。

同年8月、国民新聞社は特集記事を掲載し、更に小冊子を発行したが、重要と思われるのでここに再録する。   

目次

A.基本戦略・任務・手段

  1. 基本戦略
  2. 解放工作組の任務
  3. 任務達成の手段

B.工作主点の行動要領

第1.群衆掌握の心理戦

  1. 展示会・演劇・スポーツ
  2. 教育面での奉仕

第2.マスコミ工作

  1. 新聞・雑誌
  2. テレビとラジオ
  3. 出版(単行本)
  4. マスコミ部を設置し、諸工作を統轄

第3.政党工作

  1. 連合政府は手段
  2. 議員を個別に掌握
  3. 招待旅行
  4. 対自民党工作
    A.基本方針 B.手段
  5. 対社会・公明・民社各党工作
    A.基本方針 B.手段
  6. 「政党工作組」で統轄

第4.極右極左団体工作

  1. 対極右団体工作
  2. 対極左団体工作

第5.在日華僑工作

  1. 華僑の階級区分
  2. 工作の第一歩・・逃亡防止
  3. 工作の第二歩・・青少年把握
  4. 国籍の取得
  5. 中国銀行の使用を指定
  6. 政治・思想教育
  7. 「華僑工作部」で統轄

C.統轄事項

  1. 派遣員数・身分・組員の出身
  2. 経費
  3. 指令・関係文献の取扱い
Copyright(C)2002- 「日本専門」情報機関(日本の情報の収集と保存)