Make your own free website on Tripod.com

キッシンジャー−周恩来会談(1971年10月22日北京)議事録和訳1

(Document 13 (PDF; 1.43MB))

問題の1971年10月22日北京で行われたキッシンジャー−周恩来会談の議事録は、

Memcon, Kissinger and Zhou, "Korea, Japan, South Asia, Soviet Union, Arms Control," 22 October 1971, 4:15 -8:28 p.m. Top Secret/Sensitive/Exclusively Eyes Only

Source: Nixon Presidential Materials Project, National Security Council Files, box 1034, Polo II - HAK China Trip October 1971 Transcript of Meetings

にあります。 この19ページから28ページに掛けて、日本に関する当時の両者の見解が意見交換されています。

周首相:日本に関して少し議論しましょう。現在の日本に対する貴殿の見解はいかがですか。
 
キ博士:この問題に関して十分すぎるほどお考えになっている首相閣下が先にご懸念を披露されないわけにはいきません。閣下のお考えに対して私の意見を申し上げることにした方がよろしいでしょう。
 
周首相:現在の日本経済の発展レベルからすれば、彼の国にブレーキを踏ませるのは難しいでしょう。そして不可避的に、海外の先進諸国の多くや、また発展途上国においても反発を惹起するでしょう。要するに、ニクソン大統領が日本の経済発展につながる新たな経済政策を発表すれば、ある一つの大国の疑問を呼び起こすということです。あなたがたはこれらの問題を解決する方策を探しているように見えますが、それにもかかわらず、これらの問題は存在し拡大しているのです。
同様に、発展途上国の反発という疑問もあります。発展途上国への援助が彼らを助けているのか、それとも反対に植民地化を進めているだけなのかという疑問もあります。報道によれば、今の日本の政策は、発展途上国の植民地化を深化させているとしています。この疑問には別の側面もあります。それは、もう一つのある大国は、日本の投資家を招き入れることで原料の産出が進み、国内市場が発展することにつながるのかどうか疑問に思っているということです。
 
キ博士:もう一つのある大国とは、あなたの国の北方の隣人を意味しているのですか?
 
周首相:そのとおりです。ですから、その大国との交渉は続けられます。そして、日本の将来は絶えず変化します。我々にとっては、二度の世界大戦を経験し、とりわけ第二次大戦の教訓を得た日本が平和の道を歩み、中立を維持することを常に望んでいます。しかし、これは我々の望みのみならず、日本人民の相当な人たちの願いでもありましょう。
しかし、日本政府が資本主義的競争政策を継続すれば、遅かれ早かれトラブルを惹起することになるでしょう。ある国が発展を望むのであれば、他の国々も同様に発展することを認めるべきですから。そして、彼らが今の経済拡大政策を変えなければ、自衛の名の下に経済的拡張を軍事的拡張に振り向けることでしょう。あなたはこの分野の専門家ですね。そしてあなたの同僚のライシャワー博士もそう見ています。
 
キ博士:彼は、今の我々に対して大変批判的な立場にある人物ですけれど。(笑)
 
周首相:彼はあなたとは異なる考えを持っています。
 
キ博士:彼は、私の去る7月の訪中によって、日米の友好関係が失われつつあると考えています。
 
周首相:そのこと自体は必ずしも問題ではありません。友好関係という言葉をどう解釈するかが問題です。ねらいが第三次世界大戦を誘発することにあるとしたら、事態は別の方向へ展開します。しかし、極東の緊張を緩和するのがねらいであれば、我々は日本問題を考慮すべきです。第二次世界大戦の結果として、それまで50年間に亘って日本が中国に対する侵略にコミットし続けてきたにもかかわらず、我々は復讐政策を採用しませんでした。その反対に、主権と領土保全を相互に尊重し、不可侵、不干渉、平等、互恵、平和共存を図らなければならないことを条件に、日本に対する平和友好政策を採用しました。そうして初めて、日中二国間に平和と友好が保たれたのです。これは、多くの日本人民、そして日本の政治家の間で広く共有されている見方です。
しかし、日本の政府当局は、ある方面から鼓舞されて、しばしば侵略性を帯びます。それが、第二次世界大戦後に日本が得た利益だということです。日本は償いをしていません。それどころか、他国の戦争から利益を得ています。過去25年以上に亘って、日本は自国の防衛に大した負担をしなくて済みました。
今や状況は変わりました。日本は自分の翼を伸ばし飛び立とうとしています。前回も申し上げたように、自国経済の成長をばねに、四次防計画に多額の予算を投じようとしています。いったん日本が軍事拡張路線を歩めば、どこまで拡張するのか見当が付きません。
そして、我々が極東の緊張緩和を望むのであれば、この疑問に対して率直に意見交換すべきです。我々は日本と敵対することは決して望んでいません。平和と友好を望んでいるのです。そう言い切るための根拠は不要です。何故ならば、今の中国が1930年代から1940年代にかけての中国ではないばかりでなく、今の日本も1930年代から1940年代にかけての日本ではなく、日本人民に大きな変化が起こっているからです。ですから、この問題を扱うときに、日本政府の拡張主義者的な政策が否定され、平和的な政策を伸長させることができれば、状況は改善され得るでしょう。もちろん彼ら自身の問題ですから、自分自身の手で最終的に決定される必要があります。
 
キ博士:首相閣下のおっしゃる”平和と友好”の政策とは、どういう意味ですか。
 
周首相:そうですね。それは、台湾政府を認知させずに、中華人民共和国を唯一の政府として認知させることを意味します。つまり、台湾と朝鮮に対して対外拡張の翼を広げる野心をすべて捨て去らせ、中華人民共和国の独立と領土保全を尊重させるということです。我々の歴史観は極めて明快です。かつての日本の首相経験者や外相経験者がここにやってきたときに彼らを眺めると大変興味深いものがあります。
 
キ博士:彼らは密使としての役割を自ら否定しているような存在ですね。
 
周首相:あなたも同じですか。
 
キ博士:私は日本からの多くの密使に会ったことがあります。しかし、誰が誰のためにしゃべっているのかよく分かりません。
 
周博士:あなたも同じ経験をしていますね。
 
キ博士:彼らには共通する習性があります。帰国後に日本のプレスにしゃべってしまうということです。あなたにもそういう経験はおありですか。
 
周首相:もちろんです。20年以上そういう経験をしています。しかし、彼らは一向にやめません。(笑)そろそろ日本に関するあなたの見方をお聞きしたいですね。
 
キ博士:首相閣下、それでは我々の率直な評価をお伝えしましょう。米政府には統一見解は存在しませんが、ここ何年かホワイトハウス内で支配的な見解をお伝えします。よろしければ、私の習性に従って、哲学的なポイントから始めたいと思います。まず、社会的な側面で中国と日本を比較することをお許しいただければ、中国社会には伝統的に普遍的な見地があるのに対して、日本社会は部族的な見地があると申し上げたいと思います。
 
周首相:彼らの見地はより狭く、とても変わっています。彼らは島国人間なのです。英国も同様ですね。
 
キ博士:日本と英国は違います。何故なら、日本は自分たちの社会が変わっていると信じていて、何かを吸収するときは、自分たちの国の基本は残しつつ、うまく調節して吸収するようにしているからです。そのため、日本人は急激な変化に対応できる能力があります。彼らは2、3年のうちに封建主義国家から帝国主義国家に変わってしまいました。そして帝国主義国家から民主主義国家に生まれ変わったのは、たった3ヶ月でした。
 
周首相:そして今彼らは再び帝国主義国家に変じようとしています。
 
キ博士:それは、彼らが世界の勢力均衡(バランス・オブ・パワー)をどう見ているのかによります。
 
周首相:天皇に会ったことはありますか。
 
キ博士:アラスカで会ったことがあります。その話は、今朝、貴国の外相にお話ししました。(笑)
 
周首相:その話は大変分かりにくいものでした。
 
キ博士:後から儀典長が慎重にブレークダウンしましたが、おっしゃるように大変分かりにくいものでした。でも難解極まりない会話だったというわけではありません。首相閣下、これは別にあなたに機密情報を漏らしているわけでも何でもありません。
 
周首相:分かっています。
Copyright(C)2002- 「日本専門」情報機関(日本の情報の収集と保存)