Make your own free website on Tripod.com

米機密文書詳報1

(産経新聞朝刊 2002年5月2日)

対日工作における中国と北朝鮮の協力関係

▽一九五五年三月十八日、在日米軍第四四一防諜(ぼうちょう)部隊所属、ストーン大尉報告書

貿易代表部副代表として日本に滞在するニ・ウェイティンは最近まで北朝鮮・平壌の中国大使館勤務だった。日本では政治問題を担当するとみられるが、ニについて日本外務省は朝鮮名がリー・ウングキルという北朝鮮軍少将だとの情報を寄せた。主な任務は覚醒(かくせい)剤や麻薬などの密輸とみられる。

▽五六年九月五日、在日米軍第三作戦グループ所属、アーサー・ウォーターハウス特務員報告書

米国の情報源であるC38は五六年八月十二日、中国銀行香港支店に口座を開こうとした。C38は口座開設で多額の融資を受けることを意図していたが、応対した融資係のファンはC38が五三年から五四年にかけて約十カ月間、中国で中国共産党についての“オリエンテーション・コース”に参加したと打ち明けた途端に親しく振る舞うようになった。

ファンはC38を親中共と理解したようだ。ファンが口座開設に香港在住の紹介者がいると説明したので、C38は大阪市にある国際新聞社のL(報告書は中国名)前会長の名前を挙げた。これに対しファンは妙な顔つきになり否定的な態度を示した。

C38の問いにファンは「これは極秘だが」と前置きしたうえで、「Lの口座は個人資産ではなく中国共産党と北朝鮮政府による公的隠し口座のようなものだ。日本と韓国に対する情報活動やプロパガンダ資金として使われている」と証言した。Lは当時、香港に自宅を構えているが、実際には住所は明確でない。

C38は帰国後、東京にある東京華僑総会事務所を訪れ、同総会幹部と会話中にリ・ティエンチェンを紹介された。

リは「日本の官憲が在日中国人の香港行きを監視しているので、香港への密航ルートをアレンジできる」と説明した。

リによると、密航は千五百香港ドルの費用でビザ取得の心配もないという。同席した華僑総会幹部はC38に対し「リは(香港にいる)Lの工作資金の運び屋のような役割をしている」と説明した。

ウォーターハウス特務員はこうしたC38情報を分析した結果、東京華僑総会事務所で紹介されたリは中国の対日工作員で、香港の工作資金を管理するLから資金を受け取り、日本に持ち込むクーリエ(運び屋)のような任務を負っていると報告している。

▽六八年一月六日、在日米軍第七〇四情報部隊所属、ウィリアム・ヘーブリン特務員報告書

ス・アン(四七)はストラート・トーワ(ダッジ・ロイヤル・インターオーシャン・ライン所有)の船員だが、同船舶は六七年八、九、十、十一月に麻薬密輸容疑で捜索を受けた。

捜索が行われたのはシンガポール、香港、大阪などで、上海寄港中、スは船長以上の権威をみせ、横浜では中国曲芸団の舞台裏を訪問するのを目撃されている。シンガポール当局などはスが麻薬、金、時計などの密輸にかかわっているとみている。また、ファン・ジャンスン(三七)はロイヤル・ルイ号の船員として麻薬密輸に従事しているとみられている。

ヘーブリン特務員は、スとファンが中国工作員だとは断定できないとしながらも、周辺調査からみて二人が麻薬密輸に深くかかわっており、中国がスパイ活動資金を麻薬密輸でまかなっていると報告した。

Copyright(C)2002- 「日本専門」情報機関(日本の情報の収集と保存)