Make your own free website on Tripod.com

日本山妙法寺・藤井日達上人−ガンジーを摂受した

(参考図書:「わが非暴力」藤井日達自伝 著者: 藤井日達 /山折哲雄)

日本山妙法寺は、日蓮系の一つである。藤井日達上人が、1917年、皇居で立正安国の祈念を修したことから始まる。所依の経典「法華経」。1953年宗教法人となった。一般人にとっては、黄色いインド風の僧衣を着て、団扇太鼓を叩きながら南無妙法蓮華経と唱えて行進している僧侶という印象だろう。

藤井日達上人は、明治18(1885)年8月6日、熊本県阿蘇郡一の宮町坂梨に生まれた。大分県の臼杵農学校に学び、最初は内村鑑三(1861〜1930)の考えに魅かれキリスト教に、その後、日蓮(1222〜1282)の考え方・生き方に出会う。明治36(1961)年、農学校を卒業と同時に臼杵の日蓮宗法音寺で出家、翌年日蓮宗大学(立正大学の前身)に入学。さらに浄土宗大学院、真言宗学林、法隆寺勤学院、真言宗連合大学、臨済宗建仁寺僧堂と、様々な宗派を学んだ。

大正7年(1918)10月、中国の遼陽に最初の日本山妙法寺を建立する。その後中国各地をはじめ、国内外に日本山妙法寺が次々と建立された。昭和5年(1930)、母親の死をきっかけにして、仏法は必ずインドに帰ると信じインドに渡る。昭和8年(1933)、インド独立の父マハトマ・ガンジー(1869〜1948)と出会い、マハトマの非暴力主義が仏教の教えに通じることを知り、マハトマもまた日達上人や仏教の絶対的非暴力主義思想に感銘を受けた。日達上人は、ガンジーを教化・教導したのである

また日達上人は、世界中に非暴力・平和のシンボルとして、仏舎利塔を建立している。仏舎利塔とは、元々古代インドのアショカ王(在位紀元前268〜232)が戦争の空しさ・悲惨さを思い、二度と戦争をしないという平和を誓って、8万4千の仏舎利(お釈迦様の骨)を納める塔を建てたというのが始まりである。

昭和29年(1954)には、当時のネルー首相より贈られた仏舎利を納めるため、熊本駅裏の花岡山山頂にパゴダ(Pagoda、南アジアの仏塔)風の仏舎利塔を建立した。その後、中国、インド、アメリカ、ヨーロッパと、世界各地にたくさんの仏舎利塔を建立し、世界平和を祈願した。インド(6)、スリランカ(4)、ネパール(2)、ヨーロッパ(4)、アメリカ(2)を含め、73の仏舎利塔がある(H15現在)。

そして日達上人は自分の宗派・宗教にとらわれることなく、国内外の平和運動に積極的に関わり、世界中の様々な宗教人に呼びかけて「世界宗教者平和会議」や「世界平和会議」の開催に尽力するなど、非暴力世界平和を目指した行動力を伴ったのである。

ところで日達上人が、ガンジーを摂受したのである。この意味では、日達上人の弟子として、ガンジー・キング・池田がいることになる。

創価学会にとっての日本山妙法寺・藤井日達上人

「折伏経典」(昭和43年改訂34版 創価学会教学部:編著創価学会)によれば、

日本山妙法寺
歴史 黄色の袈裟をつけ、南方仏教徒のような身なりをして、ウチワ太鼓をたたき題目を唱えているのが、日本山妙法寺の坊主である。日本山妙法寺の管長は、藤井日達といい、三十三歳のとき満州に渡り、日本山妙法寺を創立した。引き続き中国、インドに渡り、ガンジーの無抵抗主義の影響を受けた。現在、日本に寺が百五十くらい、インドに数か寺あるという。
教義と破折 寺に祭っている本尊は、他の邪宗教と同じく雑乱きわまりないもので、中央に曼陀羅、その前に大聖人の像を置き、左右に釈迦像と聖徳太子まで祭っている。さらに最近は、熊本等に仏舎利塔を建て、インドから持ってきた釈迦の舎利を拝ませている。本門戒壇の大御本尊に反逆し、このようなインチキきわまる雑乱本尊を信ずるのは地獄に突き落とす以外の何ものでもない。
また諸天撃天鼓の文によって盛んにウチワ太鼓をたたき、相手の眠っている仏性に題目を唱え、礼拝して仏性を呼びさますのだという。あらゆるものが妙法の当体で、拝む本尊はなんでもよいというのなら、大聖人はことさら「諸宗皆本尊に迷えり」と仰せられて生命をかけて邪宗の本尊を破折されるはずがないではないか。末法においては、各人が三大秘法の御本尊を拝む以外に成仏の道はないのである。
また、米ソ二大陣営にはさまった日本は、徹底した暴力否定・無抵抗主義を行なわなければならないと主張して、平和祈願や平和運動などを行ない、なにか人目につくような社会事件が起こると、すぐ飛び出している。しかし、立正安国論を拝すれば、この世の一切の不幸の現象は、全て邪宗邪義より起こるゆえに、正法を信じ、邪宗を撲滅する以外に幸福な社会はつくれぬとは、大聖人の根本の教えである。
日本山妙法寺のごとく、雑乱本尊や邪義を立て、しかも、他宗派を攻撃するのは狭い考えだなどというのは、とんでもない見当違いであり、かえって亡国の原因をつくっているのに気がつかないのは、大謗法の徒というべきである。大聖人が邪宗を破折もせず、ウチワ太鼓をたたいて歩いたかどうか、よく考えてみるがよい。
四菩薩造立抄(御書九八九n)にいわく「私ならざる法門を僻案せん人は偏に天魔波旬の其の身に入り替わりて人をして自身ともに無間大城に堕つべきにて候つたなしつたなし……総じて日蓮が弟子と云って法華経を修業せん人人は日蓮が如くにし候へ」の御文をよくよく思うべし。

創価学会は、日達上人がガンジーの影響を受けたと、嘘を書いている。日達上人は、その経歴ゆえに宗派の枠に捕らわれることがなく、それゆえガンジーの摂受を成したのである。藤井日達上人は、ガンジーの影響を受けたのではなく、ガンジーを教化・教導したのである。

次いで創価学会は、日蓮正宗から離脱した後、かつて日本山妙法寺を批判した通りの大謗法を続けているのが理解できるだろう。創価学会は、「他宗派を攻撃するのは狭い考えだ」という「とんでもない見当違い」をして「かえって亡国の原因をつくっている」のである。

Copyright(C)2002- 「日本専門」情報機関(日本の情報の収集と保存)