Make your own free website on Tripod.com

八幡神(八幡大菩薩)

(エンカルタ百科)

八幡信仰(はちまんしんこう)

大分県の宇佐(うさ)におこり、日本全国に普及した八幡神(やはたのかみ)への信仰。一般的には戦の神などといわれるが、時代や地域によって信仰内容には違いがみられ、鍛冶(かじ)の神、海の神、焼畑の神などさまざまな説があって複雑である。北九州の地方神であった八幡神は、奈良時代、聖武天皇による東大寺大仏造立事業が難航していたときに「神々をひきいて成功させる」という託宣をくだして解決したため、749年(天平勝宝元)の大仏完成後、都にむかえられ、一品(いっぽん)という最高の位がさずけられた。769年(神護景雲3)の僧道鏡を天皇にしようとした事件などでも国家の危機をすくったため、鎮護国家神として重視されて、天皇の即位や国家に異変があるとき、その報告や祈願をする奉幣使(宇佐使)が派遣されることも恒例となった。また八幡神は応神天皇であるとも解釈されるようになった

八幡神ははやくから仏教と習合していた(→ 神仏習合)。神宮寺として弥勒寺(みろくじ)が建立され、放生会(ほうじょうえ)という仏教の非殺生(ひせっしょう)思想にもとづく祭りがおこなわれ、781年(天応元)には朝廷から大菩薩(だいぼさつ)の神号がおくられた。また東大寺をはじめ奈良、京都の大寺の境内に鎮守の神として勧請(かんじょう:神仏をむかえてまつること)された。平安初期には、僧形(そうぎょう)八幡という八幡神を僧の姿で表現した絵画や彫刻がつくられるようになった。860年(貞観2)に大安寺の僧行教によって宇佐から勧請された石清水(いわしみず)八幡宮も、神宮寺である護国寺と一体で、その検校(けんぎょう)・別当(べっとう)とよばれる僧侶が運営する宮寺(みやでら)であった。さらに八幡神の本地仏は阿弥陀如来であると考えられるようになり、習合的性格はますます強められた。

石清水は都における八幡信仰の拠点であった。天皇の臨時祭や行幸がおこなわれ、二十二社にくわえられて、伊勢神宮につぐ第2の地位を確立した。清和源氏の氏神ともなり、平安末には鎌倉に勧請され、源頼朝が鶴岡八幡宮を創建した。室町幕府をひらいた足利氏も石清水を氏神として崇拝した。武神としての性格があたえられたことで、八幡神に対する信仰はさらにひろまり、各地の荘園にも鎮守神として勧請された。また農村では疫病や害虫をのぞき、豊作をもたらす神としても信仰されるようになった。

八幡神はその神仏習合的性格のためにひろく崇拝されたが、明治政府の神仏分離政策で仏教色が一掃され、僧侶の関与はなくなり、名称も「八幡大神」とされた。現在でも八幡に関係する神社は4万以上あり、もっともしたしまれている神のひとつである。

Copyright(C)2002- 「日本専門」情報機関(日本の情報の収集と保存)