Make your own free website on Tripod.com

御書の真偽

創価学会が御書根本主義を掲げる以上は、創価学会版の御書の真偽という視点が出てくる。というのは、仏教学では、御書(日蓮の書の集積)の真偽が論争となっているからである。

日蓮遺文関連書籍

「昭和定本」・昭和定本日蓮聖人遺文全四巻(昭和63年以降の改訂増補版)
「平成新修」・平成新修日蓮聖人遺文集 米田淳雄編纂 現在星雲社から出版
「行道文庫」・霊断師会発行 日蓮聖人御遺文全 (昭和47年版)
「御書全集」・創価学会発行 日蓮大聖人御書全集 (昭和57年版)
「昭和新修」・平楽寺書店発行 昭和新修日蓮聖人遺文全集全三巻 浅井要麟編纂
「平成類纂」・師子王学会出版部 類纂日蓮聖人遺文集平成版 平成12年版
「縮刷遺文」・霊艮閣蔵版 日蓮聖人御遺文
「昭和新定」・富士学林発行 昭和新定日蓮大聖人御書 
「真蹟集成」・法蔵館発行 日蓮聖人真蹟集成全十巻
「遺文講義」・日本仏書刊行会 日蓮聖人御遺文講義全十九巻
「遺文全集」・ピタカ発行 日蓮聖人遺文全集講義全二十三巻
[聖人全集]・春秋社発行 日蓮聖人全集全七巻
「遺文講座」・平凡社発行 日蓮上人遺文大講座全十二巻 小林一郎著
「岩波思想」・岩波書店発行 日本思想体系14巻『日蓮』 戸頃重基・高木豊著
「岩波古典」・岩波書店発行 日本古典文学大系82巻『親鸞集日蓮集』 兜木正亨・新間進一著
「岩波文庫」・岩波書店発行 岩波文庫『日蓮文集』 兜木正亨著
「中央公論」・中央公論社発行 中央バックス 日本の名著8巻『日蓮』 紀野一義著
「筑摩仏教」・筑摩書房発行 日本の仏教思想『日蓮』 田村芳朗・浅井円道・勝呂信静著
「筑摩仏典」・筑摩書房発行 日本の仏典『日蓮』 渡辺宝陽・小松邦彰著
「大正新脩」・大蔵出版 大正新脩大蔵経全100巻
「国訳一切」・大東出版社 国訳一切経

『昭和定本日蓮聖人遺文』を基本に考える

『昭和定本日蓮聖人遺文』は、立正大学の日蓮教学研究所によって編纂された。『昭和定本日蓮聖人遺文』は、『日蓮聖人遺文辞典』とともに、日蓮聖人研究の基本文献とされている。したがって、『昭和定本日蓮聖人遺文』を核に真贋を考えてみるべきだろう。

ところで『昭和定本日蓮聖人遺文』は、真蹟・曽存の222編と、真偽不明の212編の、計434編からなっている。そして、この内容こそが、創価学会を教学的に苦しめることになっているのである。

創価学会にとっての問題は、『昭和定本日蓮聖人遺文』に、『百六箇抄』と『本因妙抄』が掲載されていないということである。つまり『昭和定本日蓮聖人遺文』の編纂方針を踏まえるならば、『百六箇抄』と『本因妙抄』は偽筆であり、日蓮の遺文ではない ということになってしまうのである。

教学に不勉強な創価学会員や門外漢の者は、これだけでは全く理解できないだろう。しかし『百六箇抄』と『本因妙抄』が、「久遠元初」の記述があることを指摘すれば、理解できる者もでてくるのではないか?

すなわち日蓮正宗や創価学会にとっては、「日蓮=久遠元初の本仏」とする教義の根拠を失ってしまうのである 。別の言い方をするならば、日蓮本仏論が否定されるとうことなのだ。

他にも、こうした文献学的手法や仏教学的な視点から考えるということもできると思う。

Copyright(C)2002- 「日本専門」情報機関(日本の情報の収集と保存)