Make your own free website on Tripod.com

米国連邦議会下院報告書の概要

(米国連邦議会下院報告書の概要)

このページでは、前クリントン政権のジャネット・リノ司法長官の公務に関して、米国連邦議会下院の政府改革委員会(ダン・バートン委員長)が行った調査の報告書:『司法省に対するジャネット・リノの管理責任』(Janet Reno's Stewardship of the Juctice Department : A Failure to Serve the End of Justice)に記述された創価学会の違法行為―クロウ裁判の為の違法な情報工作について紹介したい。

現在、日本の東京高等裁判所で審理されている『クロウ裁判』は、三つの要素から構成されている。すなわち、(A)猊下がシアトルで売春婦とトラブルを起こしたとする創価学会の報道に対する宗門側の提訴、(B)その決定的証拠が発見されたとする創価学会の報道に対する宗門側の提訴、(C)決定的証拠など存在せず仮に存在したとするならば創価学会の違法な情報工作によって捏造されたものであるとの宗門の報道に対する創価学会側の提訴の三つである。

本裁判では、(A)を『H4事件』、(B)・(C)を『H7事件』と通称しているが、このうち『H7事件』は創価学会の陰謀を突き崩す鍵になると思われるため、本サイトでは、以前より『もう一つのクロウ裁判〜学会敗北への序曲〜』の特集を組んで“ハッフ文書”を紹介し、また筆者、本件の東京地裁における証人尋問を傍聴してそのレポートを『終局迎えるFBI事件・クロウ事件裁判 挙行あばかれ、池田学会の反社会性明らかいいかげんな福島啓充証言』に掲載してきた。

件の、下院報告書はインターネットで誰でも閲覧することが可能であり、

などが公開されている。

要旨は、仮に『アベ』がそのような事件に巻き込まれたとしても、そのような情報が記録としてデータ―ベースに残ることは事実上あり得ない、仮にそのような情報が存在ししかもそののち『削除』されたのであれば、BOP(刑務所局)内の創価学会員が仕込んだ(planted)したものであるとの見解を、フィル・マニュエル氏(創価学会のポストン弁護士に雇われた調査員)の供述を通じて記述し、NCIC(全国犯罪情報センター)の深刻な問題が引き起こされたと指摘している。また、創価学会のポストン弁護士が友人の立場を利用して司法省の高官(ジョン・ホーガン司法長官主席補佐官)に圧力をかけ違法に情報を引き出したことが明かされている。

これらは、上記(C)において創価学会が問題にしている宗門側の報道と軌を一にするものであるから、この下院報告書を証拠文献として提出することで、(B)・(C)に関する宗門側の勝利が常識的に確定すると考えてよい。また、このような創価学会の違法な情報工作が米国正負当局の公式な調査によって明らかにされたことによって、(A)に関しても東京地裁の判決(“迫真性”云々)も再検討の必要に迫られることは明らかである。特に、元警官・スプリンクル氏が創価学会から毎月4000ドルもの大金を受け取っていた事実などは、事実上の買収行為と認定してもさしつかえないのではないだろうか。

Copyright(C)2002- 「日本専門」情報機関(日本の情報の収集と保存)