Make your own free website on Tripod.com

三一権実論争とヒューマニズム

日蓮は、最澄の教えを肯定し、法華経の他経典に対する優位性を説いた。したがって日蓮は、最澄が否定したのだから、法相宗を否定することになる。

そこで最澄と徳一(法相宗)の論争を考えたみたい。これによって日蓮の教え、そして日蓮の教えを受け継いだと主張する創価学会の教学が、明らかにしたいのである。

三一権実論争

最澄と徳一が論争したことは、有名な歴史的事実である(徳一は空海ともしているが、空海が望まなかった。しかし徳一から空海への質問状は、真言宗の自己批判のテキストとなっている)。これが、三一権実論争である。

仏教史での意味

まず三一権実論争の、仏教史での意味を述べよう。三一権実の意味は、少し待って頂きたい。

三一権実の問題は、大乗興起とともにインドに始った。西域経由で中国へ伝わり、中国仏教の最大の課題となった。そして日本に渡り、最澄対徳一の論争を生み出した。つまり日本仏教の枠組みの中で収まるものではなく、大乗仏教の根源的問題なのである。

そして日本仏教では、「一乗」は天台宗が代表し、「三乗」は法相宗が代表した。もっとも実際は、これほど単純ではない。法相宗の徳一が、南都仏教の正統を代表し、新旧各派と論争しようとした。しかし空海が徳一との論争を避けたために、徳一の論争を受けた最澄が、平安仏教を代表したという図式になったのである。

また三一権実論争は、教学上、信仰主義と教条主義、主意主義と理性主義、飛躍直感主義と厳格実践主義など、仏教上における原理の根本的対立を鮮明に主題化した原理論争として、仏教史上稀有のものである。

三一権実の論点

最澄は「一乗真実」を、徳一は「三乗真実」をそれぞれ主張した。ここで徳一は、「三乗か一乗か」(成仏の方法とその数)を、「五性格別か悉有仏性か」という「仏性論」(人間に備わる仏性の種類とその有無)に置き換える。これは仏性=成仏できる可能性であり、仏性を備えた人間が成仏できるのだから、表裏一体の問題と考えれば構わないだろう。キリスト教では、人間以外には魂はないから天国へ行けないと言ってしまう(仏教では、仏性が無ければ成仏できないとなるだろう)。

最澄(天台宗)

法華経(同じ大乗仏教である天台宗・日蓮宗の根本経典。更に、華厳経は法華経の根本経典に相当する)は、人を導く手段としての個別の教化方法は認めるが、根本的には一つの大乗仏教に帰するものであり、功徳・成仏への道は一つだと考える「一乗教」の立場である。

また「悉有仏性」であるので、人間には、皆、仏性が備わっているとする。つまり人間は、皆、成仏できるとするのである。仏性の種類には言及せず、ただ仏性と言うだけである。

つまり人間は一種類の仏性を持ち、一種類の成仏の方法があると考えるのである。だから天台宗から分派する鎌倉各派は、道元の只管打坐、法然の南無阿弥陀仏、日蓮の南無妙法蓮華経、となるのである。

徳一(法相宗)

徳一は、「五性各別」を基本に据える。「五性格別」は、仏性には“@菩薩定性、A緑覚定性、B声門定性、C不定性、D無定性”の五種類があるとする考えである。そして@〜Dの仏性を備えた人間を、それぞれ「@菩薩乗」、「A緑覚乗」、「B〜D声門乗」の三種類に分類する。

そして徳一は、こうした分類から、仏法には、三つの異なった人間に応じた教えがあると説く。「乗」とは乗り物のことであり、三つの異なった成仏の方法である(三乗教)。

@菩薩乗には“自利と他利”、A緑覚乗とB〜Dの声門乗には“自利”という言葉が対応する。“自利”は自分の功徳のために修行すること、“他利”は自分だけでなく他人の功徳のためにも役立つよう修行することを意味する。

三一権実の考察

先に論争の終焉を述べておこう。最澄と徳一の寿命により、書簡による論争は結論がでないまま終わる。しかし最澄の弟子が論争に勝利したと主張し、徳一に弟子がいなかったことから、天台宗が興隆することとなる。

さて最澄も徳一も、人間には皆、仏性があると考えている。違いは、最澄が、仏性の種類を考えず、したがって成仏の方法も一つとするのに対して、徳一は仏性を分類し、それに応じた成仏の方法を説いていることだ。

おそらく徳一(法相宗)は差別的だと批判する人もいるだろう。しかし誤解を恐れずに言うなら、徳一は、禅で成仏する奴、念仏で成仏する奴、題目で成仏する奴……と、生まれながらに決まっていると言っているだけだ。だから差別ではない。

したがって最澄と徳一の優越を論じるよりも、それぞれが、その根本の思想(一乗・三乗)をどのように受け継いでいくかの方が重要ではないだろうか?

ヒューマニズム

百科事典「マイペディア」によれば、「ヒューマニズムは、人間を真に人間的たらしめている本性(人間性)を尊重し真に人間的な社会の実現を目指す理想主義的立場である。従ってヒューマニズムは、人間性からの諸欲求とその創造的表現たる芸術・道徳・宗教・科学などを、それらを抑圧する政治・経済的束縛から解放し正しい発展・実現を目指す」とある。

ヒューマニズムにおいて、人間は多様であり、したがって人間性もまた多様である。そして個々の人間が、自己の人間性の発露として、独自の創造をする。すなわち個性の発揮である。

また、この個性は、個々の人間に応じた様々な方法によって、発揮される。ヒューマニズムにおける人間性の発露は、一乗ではなく、多乗なのである。

こうして考えると、法相宗がヒューマニズムと結びつくことはありえても、天台宗がヒューマニズムと結びつくことはありえない。もちろん日蓮もまたヒューマニズムと結びつくことは無い。もし結びつけるなら、それは一乗の否定に他ならない。

もっとも法相宗は、ヒューマニズムが語る平等観を浅薄なものとして切り捨てるので、これもまたヒューマニズムとは相容れない。「五性各別」によって、人間は、仏性を備えているから尊重しなければならないが、仏性の違いによって平等ではないとするからである(全ての人間に成仏の方法を示しているので、差別ではない)。

Copyright(C)2002- 「日本専門」情報機関(日本の情報の収集と保存)