Make your own free website on Tripod.com

ノリエガ将軍の告白

以下、『アメリカ殺しの超発想』(霍見芳浩著)(保存版)からである。霍見氏は、アメリカが「小沢レバー」を利用しているという指摘をしている。アメは在日米軍関係のリベートや日本の特定市場開放に伴う日本の関係企業からの献金であり、ムチがノリエガ将軍の告白内容である。これによってアメリカは、小沢を動かしてきたというのである。そして創価学会との関連は、ムチにあたるノリエガ将軍の告白内容にある。

「小沢レバー」は、1994年5月以降、ワシントンを起点にしてアメリカの各所に配られた「オザワ批判リポート」で明らかにされた。小沢氏が唱える「普通の国日本」は、その実態は日本戦略研究センターの「指針」でも明らかなように、日本の昔来た道、つまり、アジアでの軍事大国化と帝国主義的海外膨張を狙うものだとリポートでは的確に指摘している。そして次に、これに関連して同リポートは、小沢氏が、創価学会名誉会長で偽本尊を作ったりしてとか会員の中でも批判のある池田大作氏と連携して、池田大作氏の野望である政教一致による日本の支配と、そのためのハク付けとして「ノーベル平和賞」の獲得に協力している事実も暴露する。池田氏と同盟を結んでいる小沢氏は、アメリカにとってはますます好ましくない人間だとも明言している。

ここで小沢氏と池田氏を結ぶ一つの事例を挙げている。それが、ムチにあたるノリエガ将軍の告白内容である。パナマの独裁者であるノリエガ将軍は、CIAの作戦(当時の長官はブッシュ氏)、すなわちキューバのカストロ首相やニカラグアなど中米の革命グループの撹乱に協力した。その換わりに、南米コロンビアからパナマ経由でアメリカへの密輸するコカイン取引に関わり、仲介役として稼いぐことを黙認させた。しかしブッシュは、大統領就任後、中米問題が一先ず片付いたことと、ノリエガ将軍の放置による自身の政治生命の危険性から、米軍によるパナマ侵攻をし、ノリエガ将軍を「戦犯」として捕えた。そして、ノリエガ将軍を「アメリカへのコカイン麻薬供給の罪」もつけて秘密裁判にかけて有罪とし特別監獄の奥に閉じ込めてしまった。

この秘密裁判で、ノリエガ将軍が自白した内容に次がある。池田大作氏が創価学会の金をパナマで運用し、ノリエガ将軍の麻薬取引の資金繰りにも使わせていたことこの利益の中から、池田氏は小沢氏へ相当な額を常時渡していたこと。ブッシュ氏は、この自白の証拠書類もがっちりと手に入れて、金丸、そして小沢の両氏を操作するムチとして使っていた。もちろん、アマコスト駐日大使は、このムチを必要に応じて直接使用した中心人物であったということだった。この話は「小沢のパナマコネクション」として、アジア・太平洋諸国の政府の間にも知れ渡っている。

ノリエガ将軍は、池田氏に感謝の気持ちを表すため、1986年パナマに「池田パーク」を作っている。また池田氏も翌年、そのお返しに富士山の麓に「ノリエガ将軍の石碑」を建立している

Copyright(C)2002- 「日本専門」情報機関(日本の情報の収集と保存)