Make your own free website on Tripod.com

在日と公明党、参政権協議

(平成14年9月25日号)

在日の韓国民団の金宰淑団長、具文浩副団長、黄迎満事務総長は8月8日、東京・信濃町の公明党本部を訪問し、永住外国人の地方参政権法案の成立に向けて協力を求めた。

公明党からは

神崎武法代表
冬柴鐵三幹事長
浜四津敏子代表代行
太田昭宏国対委員長

が応対し、臨時国会での審議を促進する与党三党首会談の合意を示し、次期国会での審議を進めるとした。

法案を保守党と共同提案している公明党は、秋の臨時国会での採決を求める予定だが、自民党が同意しなければ、成案できない見通しだ。

Copyright(C)2002- 「日本専門」情報機関(日本の情報の収集と保存)