Make your own free website on Tripod.com

日朝会談に500億円裏工作

(國民新聞 平成15年1月25日号)

「テーミス」最新号によると、福田官房長官 ― 田中均アジア大洋州局長のラインで進められた日朝交渉の裏側で、日本側から北朝鮮に500億円もの裏金が流れたという。

韓国情報筋によると、スイスにある東京三菱銀行ジュネーブ支店からの送金で、金の出所は官房機密費や外交機密では賄えきれず、一時的な立て替えで創価学会インタナショナルが肩代わりしたという。

2000年6月に行われた金大中と金正日の南北首脳会談でも「400億ドルもの裏工作資金が北朝鮮へ流れた」との疑惑報道がある。

それと引き替えに金大中はノーベル平和賞を手中に収めたという。それだけに日朝会談を巡る裏金疑惑も真実みを帯びている。

Copyright(C)2002- 「日本専門」情報機関(日本の情報の収集と保存)