Make your own free website on Tripod.com

学術・教育・行政機関からの称号4()

創価学会の公式サイト(web.archive.org版)に掲載されているものを調べた結果です。従って、創価学会が掲載していないものに関しては後日に後回しされるか、調べないかのどちらかになります。理由は、創価学会がまとめて公表する以上、自信を持って公表しているはずだからです。なお公式サイトがあるものは、リンクを貼ってあります。また、----の上が私の解説で、----の下が公式サイトの情報です
創価名称とは、創価学会の英語ページの記載を元にしています(基本的に参照するページ)。その国の言語訳でも調べていますが、サイトで確認できない限り、別の団体の可能性もあり、断定できません。
創価学会に対する文句は、正式名称の日本語訳が直訳ではなく意訳であるために日本語訳しか知らないと誤解してしまうことと、英語以外の外国語名にも関わらず自分勝手に英訳した名称を使っているために検索が難しいことの二点です。直訳と正式名称を使わない限り、勘違いを利用した売名行為と受け取られかねません。

一覧4

蔚山広域市海外名誉諮問官

公式サイトはあるものの、ハングルなんてわかりません。
----------------------------------------
創価名称は、蔚山広域市海外名誉諮問官。正式名称は、ハングルがわからないので不明。

インド国際詩人学会特別会員

"Poetry & Story Magazine"(ハングルがあるので、北朝鮮か韓国の出版社と推測される)によると、"Seiji Hino"が、インド国際詩人学会の正会員である。"Seiji Hino"は、1927年12月8日誕生、東北大学文学部修士課程終了、"Yamagata Medical Treatment College"(山形大学医学部の英訳は、"Yamagata University School of Medicine"であり、山形を冠する医学部は他にないので該当する教育機関は不明。また該当する名前の講師も見当たらない)の講師である。"Seiji Hino"の作品として、詩集"Frozen Dishes"(1984年9月)、評論集"Letters to Youth"(1989年8月)、それから"Kim Young Sam"(Korea)編集の"some other poems in World Poetry"といったものが出版されている。
"POETS INTERNATIONAL"によれば、"Dr. Lee Kuei-shien"は、"International Poets Academy, India"(2000年)から表彰され、"International Poets Academy, India"によって、ノーベル文学賞の候補に推薦されている。また"Mr. Lee Min-yung"も、"International Poets Academy, India"(2000年)から表彰され、"International Poets Academy, India"によって、ノーベル文学賞の候補に推薦されている。
"Seiji Hino"だけだと情報不足などもあり怪しげな団体に思えるが、ノーベル文学賞候補者を推薦できる程、権威ある団体のようだしかし、それゆえに、池田大作氏が正会員ではなく特別会員である理由が、自ずとわかるだろう
----------------------------------------
正式名称は、"International Poets Academy, India"。特別会員の呼称は不明だが、2001年10月に"Honorary Award "(名誉賞)を受賞している。

インド非暴力 デリー会議最高特別会員

----------------------------------------
創価名称は不明。

ビシャンバル・ナーツ・ パンディ平和財団特別顧問

"Dr. Bishambhar Nath Pande"は、1000年も続いたインドにおけるイスラム教支配を研究した著名なヒンズーの歴史学者である。氏は、1998年6月1日に亡くなっている。そして創価学会の"SGI President Named Patron to Bishambhar Nath Pande Peace Foundation, India (Friday, October 16, 1998)"によると、1998年10月に、ビシャンバル・ナーツ・パンディ平和財団によって池田大作氏が"Patron"に任命された。
ここで興味深いのは、創価学会が"Patron"(研究社 新英和・和英中辞典によると、1 (人・団体・事業などの)後援者[団体], パトロン,保護者,奨励者 〔of〕. 2 (商店・ホテルなどの)常得意,ひいき客. 3 (フランスなどのホテルの)主人,所有者. ラテン語「父 (pater) のような保護者」の意;【動】patronize)を使っていることである。文字通り、池田大作氏はビシャンバル・ナーツ・ パンディ平和財団の後援者であり、創設資金の提供をしたと考えるのが自然だろう。
----------------------------------------
創価名称は、"Bishambhar Nath Pande Peace Foundation, India"の"Special Advisor"なのだが見当たらず。

インド文化国際アカデミー最高名誉会員

----------------------------------------
正式名称は、"International Academy of Indian Culture"の"Most Distinguished membership"なのだが見当たらず。

リサール協会終身会員

正式名称に "Knights"を使用しているので、会員は"menber"ではなくて"knight"という表記になると考えるのが妥当である。そもそも"menber"という表記は見当たらない。だから終身会員の正式名称は、"Life Knight"となる。
なお金額の多寡に関わらず、寄付した人は皆、"knight"となるので、"Life Knight"である池田大作氏は多額の寄付をしたのであろう
----------------------------------------
創価名称は、"Order of the Knights of Rizal"の"Life Member"である。正式名称は同じだが、終身会員の表記は不明。フィリピン独立の英雄"Dr Jose Rizal"の名を関した協会で、イギリス公認の慈善事業団体でもある。慈善事業のために寄付する人を、"Knights of Rizal"と呼称する。社団法人日本リサール協会ではなくて、フィリピン共和国ホセ・リサール協会の方である。

シンガポール写真家協会終身名誉会員

"PSS Honours Renowned Poet and Philosopher - Mr. Daisaku Ikeda"という記事で、委員会が、池田大作氏に終身名誉会員を授与したとある。終身名誉会員は、シンガポール写真家協会の最高の賞で、写真芸術に著しい"contributions"をした人に与えられる(The PSS Honorary Life Membership, the highest award of our Society, is conferred on individuals who have made significant contributions to the art of photography.)。
研究社 新英和・和英中辞典によれば、"contribution"の意味は、「1a【U】 [また a 〜] 寄付,寄贈; 貢献,寄与 〔to,toward〕. b【U】 寄稿,投稿 〔to〕. 2【C】 a 寄付金,寄贈物. b 寄稿作品[記事].」である。"contributions"と複数形なので、「可算語」(countable)の【C】の意味となり、したがって池田大作氏は、多額の寄付金・沢山の寄贈物によって、終身名誉会員を授与されたことになる
"The Largest Consumer Photo Show in Digital Dimension"という記事では、池田大作氏は招待出品者となっているが、何故か"Dr. Daisaku Ikeda"と記載されている
----------------------------------------
正式名称は、"Photographic Society of Singapore"の"Honorary Life Membership"である。1950年に、"Singapore Camera Club"として設立。1956年に、国際的な承認を受け、"Photographic Society of Singapore(PSS)"と改称し、今に至る。
"menber"になるための条件は、@パスポートサイズの写真2枚、A入会金S$60(現在無料サービス中)、B"Ordinary Membership・Junior Membership(below 18 years old)・Overseas Membership"(通常会員・年少会員(18歳未満)・海外会員)は、それぞれ機関誌の購読料S$36・S$24・S$36、である。
また写真講座もあり、写真家養成学校としての側面もある。こちらは"sutudent"になる。

パン・アフリカン作家協会名誉創設会員

ガーナ共和国に記載が見られるので、それだけの権威はあるようだ。記載内容は、パン・アフリカン作家協会が、"10th International Writers Day"に、ガーナ文学の発展に貢献したことで表彰されたこと、そして1992年に、36か国以上の代表によって正式に認められたことである。
名誉創設会員なので、パン・アフリカン作家協会の創設に関わったということであり、設立時に資金援助をしたのだろう
また"African Publishers Network Online(APNET)"によると、APNETは、ハラレ(ジンバブエ)に事務局を置く、アフリカの非営利的なネットワークであり、アフリカ独自の出版を促進するために、1992年に創設され、現在までにアフリカの43の国で国立出版者協会を創設している。1992年というと、ガーナ共和国の記載されている年と同年であり、パン・アフリカン作家協会は、APNETに認められたのだと考えられる。事実、パン・アフリカン作家協会は、APNETの協賛団体のリストに名を連ねている。しかし、創価学会は見当たらない
----------------------------------------
正式名称は"Pan African Writers Association(PAWA), Ghana"だが、公式サイトが見当たらないので名誉創設会員の方は不明。創価名称は、名誉創設会員を"Certificate of Founding Member"と表記している。

ケニア作家協会名誉会員

----------------------------------------
正式名称は、"Writers' Association of Kenya"だが、公式サイトは見当たらず。

ケニア作家協会名誉日本代表

----------------------------------------
同上。

ケニア口承文学協会名誉会長

"mountain voices"によると、主にケニアの口承文学を文書化している団体である。その関係で、高地の人々の生活のインタビューに協力したりしている。また成果をまとめて出版しているようだ。
つまりケニア口承文学協会は、口承文学者の集まりではなく、口承文学を保存することを目的とした団体であるわけで、池田大作氏は、氏の文学性ではなく、ケニアの口承文学の保存への貢献を評価されたということになるだろう。
----------------------------------------
正式名称は、"Kenya Oral Literature Association(KOLA)"だが、公式サイトは見当たらず。

国際平和詩歌協会名誉会長

----------------------------------------
名称は、"International Poetry for Peace Association(IPPA)"だが、見当たらず。

エジプト国立文化センター名誉会長

画家の布村歌子が、1989年11月、エジプト文化省主催・日本大使館協賛により、5年間のエジプトでの絵画創作活動の発表をエジプト国立文化センターにて行っている。
しかし池田大作氏は、一体どんなことをしたのだろうか?公式サイトで、寄贈者とスポンサーの存在を明らかにしているが、氏名・団体名を明らかにしていないので詳細は不明である。
----------------------------------------
正式名称は不明。エジプト大使館の説明によると、名称は「文化センター(オペラハウス)。3つの劇場を持つ文化センターは、1988年ゲジラ島に、オープンしました。イスラム建築様式の最高傑作の建造物で最新のオーディオ設備があります」ということである。アスワン文化センターもあるが、わざわざ「アスワン」と冠しているので、こちらではないだろう。
そして"Tour Egypt"の"Opera House"の記述がエジプト大使館の文化センター(オペラハウス)と同じなので、"Cairo Opera House"が公式サイトなのだろう。しかし、Googleで【Ikeda site:www.operahouse.gov.eg】でヒットせず。

Copyright(C)2002- 「日本専門」情報機関(日本の情報の収集と保存)