Make your own free website on Tripod.com

池田大作氏の肩書き

「日本専門」情報機関 チベット独立運動・チベット人人権保護運動−中国製品不買運動・対中国ODA廃止運動 ブルーリボン運動 イエローリボン・キャンペーン 外国人参政権に反対する会

肩書きの基礎知識

名誉博士

大学等の教育機関が認定する学位ではありません。あくまでも称号として、大学の規約で制度化されています。

学位売買の実際

学位売買の歴史

関連リンク

名誉市民

条例等の法律により制度化されています。アメリカでは、都市への貢献(寄付等で十分)で証明書の発行もされますが、記念スタンプのようなものです。ちなみに同様の条件で記念日も制定できますが、休日になるわけではありません。

関連リンク

著名人との対談

元英国首相サッチャー、元ソ連大統領ゴルバチョフ、ローマ法王、マザーテレサ女史等との「会見」が、海外のブローカーに金を払うことで出来てしまいます。

関連情報

大学での講演問題

アメリカの大学施設は、賃貸契約で借りられます。またハーバード大学に、池田大作氏の講演に関して質問しましたが、不明であるとの回答がありました。

関連リンク

池田大作氏の肩書き

世界からの受賞・受章

学術・教育・行政機関からの称号

インターネットでの検索結果

  1. ローマクラブ〜ペルー教育学博士協会
  2. ヨーロッパ科学芸術アカデミー〜タルシャルゴ協会
    オックスフォード大学ポドリーアン図書館終身名誉館友(詳細は2)を調べると、会費を支払えばなれることが判明しました。
  3. 吉林人民出版社・季刊誌「日本文学」〜マカオ大学ポルトガル・アジア研究センター
  4. 蔚山広域市〜海外エジプト国立文化センター
    ビシャンバル・ナーツ・ パンディ平和財団特別顧問(詳細は4)を調べた際に、創価学会が、公式サイトの英語ページで特別顧問を、"Special Advisor"ではなくて"Patron"を用いていることが判明。つまり財団の資金提供者 なのです。他にも似たようなケースがある可能性が少なくないかもしれません。
    研究社 新英和・和英中辞典によれば、"contribution"の意味は、「1a【U】 [また a 〜] 寄付,寄贈; 貢献,寄与 〔to,toward〕. b【U】 寄稿,投稿 〔to〕. 2【C】 a 寄付金,寄贈物. b 寄稿作品[記事].」です。"contribution"であれば、【U】「不可算語」(uncountable)で、寄付なのか貢献なのかはを言葉だけで判断することはできません。しかし"contributions"と複数形となっていれば、【C】「可算語」(countable)の 【C】の意味となり、寄付・寄贈と断定できてしまいます。
    しかし、創価学会の英語訳・日本語訳は酷い有り様なので、各種団体の公式サイトで記載している場合にだけ、採用することにします。実際には、4のシンンガポール写真協会("Photographic Society of Singapore")がありました。

二つのガンジー賞

池田大作氏が、1995年8月、マハトマ・ガンジー民衆福祉財団から授与されたガンジー平和賞(ガンジー生誕125周年記念平和賞)は、法の華三法行 福永法源が、海外ブローカーを通じて、金で買っています。

また朝日新聞朝刊11月20日によると、故大来佐武郎元外相に続いて緒方貞子氏が、日本人で二人目として、インド政府から国際平和賞のガンジー平和賞を授与されていますが、インディラ・ガンジー賞といって全くの別物です。

対談相手

Copyright(C)2002- 「日本専門」情報機関(日本の情報の収集と保存)