Make your own free website on Tripod.com

雑誌掲載文(1)

池田諭には、単行本以外に、多くの雑誌に発表した文章がある。その一部は、1979年に発行された『学ぶこと生きること 真の人間教育を求めて』(大和書房刊)に収められている。今回ここには、それ以外のものから任意に選び、発表された年順に掲載した。
1998年3月 池田諭の会

<目次>

学生の転向(思想の科学)1964年5月号
知られざる松陰(潮)1964年9月号
自由を求めてはばたく精神(社会人)1964年11月号

週刊誌の可能性(思想の科学)1965年2月号
佐久間象山(歴史読本)1965年4月号
一つの暴言(神奈川の教育)1965年NO.18
現代における教師のあり方(中学教育)1965年11月号

現代青年の現実と方向(社会人)1967年2月号
期待される女教師像(中学教育)1967年3月号
六三制教育は間違っている(クリティーク)1967年6月号

夏休みと教師の研修(中学教育)1968年8月号
吉本隆明の人と思想(経済往来)1968年12月号

塾教育のすすめ(展望)1969年4月号
教育の意味を問いかえす時(小6教育技術)1969年4月号

大学教育にあらわれた男女差別(婦人教師)1970年1月号
わが著書を語る 日本の右翼(出版ニュース)1970年4月中旬号

親鸞・道元・日蓮と現代(歴史研究)1972年1月号
一切の原点から問い直そう(第3文明)1972年1月号
宗教と人生(新世)1972年11月号

自他ともに大切にすること(泉の光)1973年8月号
宗教書ブーム その背景を探る(新世)1973年11月号

書かずにいられぬもの(私の文章作法 聖教新聞社編)1974年4月発行
祀るに相応しい国家こそ先決(泉の光)1974年8月号

岡倉天心(PD研究)1975年4月号
夢と情熱(れいろう)1975年7月号

< 目 次 >


「学生の転向」

「少年の才は重んじてはならない。ことに見識が定まらない時期の才能など、狭量で、小成に安んじ、ますます客気を生じてだめになる」
これは、松下村塾を通じて、変革者の教育をみごとにやってのけた吉田松陰の言葉であるが、秀才中の秀才として周囲から評価されていた彼の十九歳の時の発言であるということを考えるとき、この言葉は一層の重さをもって迫ってくる思いがする。松陰は人の見識は三、四十歳にならないと定まらないと考えていた。ことに、少年や青年の時期に考え、描いたことは社会的実践の段階でで必ず璧にぶつかるもの。変革者としては、誰もが共通して、この段階をのりこえなくてはならないと考えていた。おそらく、こうした松陰の見解は、自らの体験と同伴者達の行動をふまえて生まれたものと考えられるが、だからこそ、教育者松陰はその弟子を育成するにあたって、なによりも、その挫折のないことを願い、客気をいましめ、自分自身に即した着実な思考と実践を求めている。
十七歳の久坂玄瑞に与えた、次のような松陰の手紙はこのことをもっともよくあらわしている。
「貴方の議論はうきあがっていて、思慮は浅く、本当の心の底よりでたものではない。世の中の、悲憤慷慨を装って、自らの名利を求めている類と異ならない。……世の中には、為すべからざるの地なく、為すべからざるの身というものはない。事を論ずるには、自分の場所、自分の身体からはじめるべきである。これこそ着実というもの。貴方は医学生である。私が囚徒の立場から論ずるように、医学生の立場から論ずベきである。これを論じないで、天下の大計を論じても、益するところはない。今貴方のために、貴方に従って死ぬる者が幾人いるか。貴方のために力をだし、材をだす者が幾人いるか」

私は「学生の転向」というテーマを前にして、百年前の松陰とその教育のことを考えないではいられなかった。これ以上に、彼のことを諭ずるのは、本論からはずれるので他の機会に譲るが、松陰のこうした思想的伝統、教育約伝統が継承され、発展されてこなかった悲劇を考えないではいられない。ことに、現代は革命路線からの脱落、後退がなしくずしに、それも広範囲に進められているといわれているだけに、なおさらである。戦前戦後の学生の転向が、松陰以前の時点でおこっているといってはいいすぎになるかもしれないが、明治以後、「学生の転向」について松陰以上に、適切で有効な発言と対策をしてきた者を私は知らない。
だから、学生の転向を考える場合に、私はまず、転向以前の時点にたって、考えないではいられないのである。それは、学生に果して、思想的に転向と呼ぷに価するほどのものがあったかどうかということである。この問いは、彼等学生が一の革命路線を決定する決定のしかたにおいて、果して思想的であったかということである。思想的に決定するとは、今日、生命をもっていると思われる種々の理論体系については、それ自身において理解し、その中から主体的に判断し、選択するということである。だが、学生活動家というか、学生革命家もその多くは、はじめ、彼等を長い間試験や古くさい倫理でおしつぷしてきた大人達に反動的に反撥したものにすぎないが、その過程で、彼等の新しい思想と倫理のよりどころとなるのが、大抵共産主義の理論であるために、彼等を鋭く革命的にするのである。それは、共産主義が彼等の青年らしい正義感とヒューマニズムに応えると同時に、大人達が共産主義を忌避しているということとも無関係ではない。加えて、彼等学生の飢餓感はあまりにも強い上に性急である。これまで、理論に対して思想的にとりくむ姿勢というものを学んでこなかった者として、彼等がその理論にせっかちに盲従してしまうのも無理はない。その結果は、現実を変革する有効な理論として弾力性あるものとして構想されてきた共産主義も理念化されて、逆に彼等を支配し、彼等をしばることになってしまう。人間解放の視点と姿勢を提供したはずの共産主義理論が唯一の理念として彼等をしばる。ここからは、理念としての理論に盲従していくか、それを放棄して現実に埋没していくか、即ち主義者か脱落者かの二つの道しかないことになる。むしろ、学生の場合、現実の壁にあたって、理念としての理論に往来通りに盲従していけなくなった地点、これまで、学生が転向していくしかないと考え、転向していった地点こそ、自分の中で理念化している理論を一度こなみじんにし、そのあとに、自己に即して、現実変革の有効な理論を構築できる機会だし、そうして、再構築したものだけが、その人の思想であり、その人の立場ともいえる。理論が理論として有効牲をとりもどすのはこの時からである。
これまでのように、学生が一の共産主義の理論だけを非思想的に選択し、現実の壁にぷつかった時、つまり、はじめて自分の思想的立場を創造すべき時にたちむかいながら、その方向に進まないで、全理論の放棄をいともたやすくやってのけ、現実の中に埋没しているかぎり、学生の転向問題は、それ以前の時点で、まず鋭く問わなくてならないものと思う。学生のこうした状況は、転向の問題であるよりは、現実の壁をきっかけとして、彼等が思想的でありうるか否かの問題としてあるように思われるのである。

しかも、このような、共産主義理論の盲信から、現実の璧の前に、にっちもさっちもいかなくなったとき、それをまるごと捨てさるという態度は学生に限ったことではない。戦前・戦中・戦後の大方の転向者の辿った道であった。彼等はその地点で、その立場ばかりでなく、彼等自身の思考さえ断絶させてしまった。人間の主体的思考はその地点でこそはじまるべきものでありながら、それができなかった。学生の転向といわれているものも、彼等の諸先輩のひながたにすぎず、転向をめぐる不毛な思想状況の伝統と無関係ではない。思想的には、転向以前の時点にある学生の思考の問題が、転向問題として論じられるのも、不毛な思想状況による。

私は先に、学生の共産主義理論へののめりこみは、抑圧された中学・高校時代の反動であり、非思想的であると書いた。このことは大学一年生が数的にも質的にも最も革命的で、上級生になるにつれて、反対になっているという数多くのデータがしめしている。勿論、一の理論への接近が何を契機とするかは問題ではない。しかし、大学生であるかぎり、学究徒として、これまでのいかなる理論と倫理に対しても批判的に処し、新しい思想と倫理を主体的に追求する姿勢を求められている。大学生はこの姿勢をもつことによってのみ、大学生となり得るし更には歴史の創造にも参加できるのである。これは大思想家のみがなし得ることでもないし、大思家のみに求められていることでもない。学生が学究徒であるかぎりは、自分なりに確立しなくてはならないものである。また確立しようと思えば確立できるものである。だから学生が学究徒であろうとするかぎりは、共産主義理論への接近が何によろうとも、それへののめりこみは最も忌避されなくてはならない筈である。少なくとも主体的に考える学生達であるなら、一年生の時はゼロに近く、上級生になるにつれて、ふえていくか、それとも同じ状態でなくてならない筈である。不幸にしてのめりこむしかなかった学生も現実の璧におしひしがれようとする自分を発見した時、即ち、その理論を放棄することを迫られた時、これまで以上に、理論を必要としている自分を発見する筈である。自己の喪失という危機を前にして、自分の身体で精一杯考え、判断し、行動することを迫られるからである。おそらく、民族の危機とか階級の危機とかをこれまで絶叫してきたものとは違った重さで、自分の危機を感じるであろうし、その時はじめて、民族や階級の危機が自分の危機と一になってうけとめられる筈である。それこそ、自分をふまえて、自分と民族、階級の解放の道を考える時、考えないではいられない時である。それをまがりなりにも考えぬく能力こそ、大学時代に身につけるものである。大学生活とはそういうものであり、だからこそ意味があるのである。しかし、現実には、学生の多くが自分と民族の解放の道を追求することをやめている。それは共産主義が理念化しているということにも原因はあるが、彼等が大学生になってのめりこんだということとも無関係ではない。なるほど、彼等の正義感やヒューマニズムが共産主義をとらえたわけであるが、問題なのは、中学・高校時代の彼等の正義感やヒューマニズムである。彼等の多くは、周囲の矛盾に眼をふさぎ、大学入学という目的の前に、自らの正義感やヒューマニズムを抑圧してきた。抑圧できる程度の正義感やヒューマニズムしか持ちあわせていなかった連中である。こういう人達なら、大学生として、一時的に解放活動に参加したとしても、就職や出世の前にあっさりとふりすてることは容易な筈である。大学生になってののめりこみは、高校時代に眼をつむってきたことに対するコンプレックスの裏がえしであるといえないこともない。
脱落と後退の姿勢は、卒業期をひかえて、突然に大学生を襲うのでなく、中学・高校時代のものが顕在化したにすぎない。中学・高校を眼をつむってきた人達は、大学生になったとき、まず自分の内部の弱点に眼をむけ、その改造にとりくまなくてならなかった筈だし、先輩達が卒業期を前にして、どんどん脱落し、後退していく現象を、自分達の問題としてとりくまなくてはならなかった筈である。裏切り者とか、転向者とかのレッテルをはって、ののしるところからは何も生まれないことは、誰もが先刻承知していながら、学生運動の中で、積極的にその問題の解決がとりくまれるというところまでいっていない。

かつては、唯一の理念化された共産主義の路線をまもるかどうかということだけが問題にされ、今ではいずれの革命路線が正統であるかということだけが問題にされている。今日の学生活動家の前には、唯一の理念化された共産主義だけがあるわけではない。むしろ、理念化された既成の共産主義に挑戦する。その結果、彼等は四分五裂をつづけている。この四分五裂の状況は思想状況としては好ましいことであり、理念化した共産主義に挑戦したかぎりでは思想的であったし、学生としては当然の姿勢であった。だが学生活動家のせっかちな姿勢はこの時点においてもあらたまらず、折角、新たに創造しつつある彼等の共産主義をまたも理念化してしまおうとする。
理論が理論としての意味と役割を果たすためには、それにむきあった人に有効でなくてはならない。有効でないかぎり、その理論が客観的にいかにすぐれたものであったとしても、その人にとっては無価値であり、時には害でさえある。今日の学生活動家達が自らに有効な理論として、共産主義の再構築に勇敢にとりくみはじめたことはすばらしい。だが、彼等は学究徒として、その再構築にのりだしていることを忘れて、自らの集団を前衛政党として位置づけ、創造の過程にある理論を理念の位置においやる。そこには、大人達への不信が媒介となっている以上、その責任は大人達の側にこそ帰せらるべきであるが、だからといって、彼等の姿勢が許されるわけもない。彼等が依然として十分には思想的ではあり得ないために、学生大衆は勿論、職業革命家になる例外の者を除く大多数の学生活動家さえも疎外していくしかないような理念としての共産主義路線を構築するに終っているからである。そのかぎりでは、昔も今も、人間に超越するものとしての、人間を解放する以上に、人間を支配するものとしての共産主義だけがあるということになる。であるかぎり、一握りの職業革命家のリーダーを除くと、そこには盲従しかない。盲従は現実の壁にぷちあたれば、それをやめるしかない。特別に強靭な意志か、非常な勇気をもつ者以外、それをふりすてるしかないといった方が正確であろう。
共産主義の理論は、本来、自らの力によって自らを解放する理論として志向されたものである。その接近がどうであろうと、一度、その人間解放の視点と姿勢の中に、ずんぶりと我が身をひたした者が、その視点と姿勢を捨てきれるものではない。捨てるしかないのは、彼等にとって唯一の理念化された共産主義路線しかないためである。学生が四年間の学生生活を通じて、それしか持ち得なかったとすれば、彼の学生生活は全く不毛であったの一語につきよう。本来なら、四年間の学生生活で、不十分ながらも自分なりの解放プログラムを構築できる筈である。自分にできる革命路線を構築すべきである。大学生活はそのためのものといってもいいすぎではない。その内容が著しく尖鋭であるか、おだやかであるかは問題ではない。いかなる状況、地点にあっても、人間解放の視点と姿勢だけはもち得るということが大切である。脱落かどうか、いずれの革命路線が正しいかどうかという論争よりも、今日、最も必要なことは、どの学生も人間解放の視点と姿勢を自分の中に定着させるということである。学生運動の当面の課題はこの問題にとりくむことである。

学生活動家にとって、大人達にまかせてはおけないという気待もわかるし、その危機感もわからないことはない。しかし、本当に、民族の危機とか、階級の危機とかいうものは、四年間の学生活動に一回あるかないかである。常時危機の状態にあるといってしまえばそれまでだが、常時、あわただしくそれにとりくんでいるかぎり、学生の中から、本当に現実をゆさぶり、現実を変えていくことのできるような底力は生まれてこない。せいぜい、学生がその多数の過激な力によって、一時的に変えるにすぎない。そこからは、相変わらず、卒業を境にして、脱落し現実を変革するどころか、停滞させる人間しか生まれようがない。それをくりかえすだけである。学生運動はいつ、どの地点で、この悪循環をたちきることができるのであろうか。
たしかに、これまでの唯一の理念化された共産主義路線に対して、新たなる路線を構築しようとしたことは、この悪循環をたちきる一の姿勢といえないこともない。しかし、そのためには、じっくりと腰をすえて、新しい思想と倫理の構築にとりかかるべきである。たとえ、五年かかり、十年かかろうといいはずである。そういう伝統をこそ、できるだけ早く確立すべきである。組合活動の中に、政党をせっかちに持ちこむことによって、組合活動を混乱させることが、愚かであるように、学生運動をせっかちに政党活動化することは愚である。このために政治不信、政治家不信を学生大衆の中に植えつけている害毒も大きいが、学生大衆を学生運動から疎外し、学生運動を矮小化していることこそ問題である。その裾野が広ければ広いだけその上に構築されるものは豊かである筈である。学生活動家は学生運動を学生達にかえすべきである。学生にかえす運動をこそおこすべきである。学生運動を職業政治家になるための実績として利用すべきではない。一握りの職業革命家が生まれるために、何万もの学生達が相変わらず、悪循環をくりかえさせられているとしたら大変である。
学生運動は政党運動でもないし、まして革命運動ではない。一般の学生が大学時代だけしか参加できないような運動しか組織できないような学生活動家が、それを実績として職業的革命家になったとしても、彼等は大衆を組織できる革命家にはなり得まい。政党化し、革命運動化した学生運動は大学に籍があるということで、学生であるというにすぎない人達に指導されているものでしかない。これほど、学生にとって不幸なことはない。
学生が学生であるかぎり、彼等は理論の学習から創造にむかわなくてはならない。その場合、書物を通じて理論を学習していくものとして自然、その理論を観念的にうけとめ、理念化していく傾向に陥る。それを克服するためにも、実践が平行しなくてはならない。しかし、その実践は学生としての実践ということで、実験的性格をもっているし、実験の枠内にとどめる必要がある。学生運動もまた実験的実験である。自分の理論が実験的段階を脱したと思う者は大学を去って、直接に、政党運動、革命運動に参加すればよい。
私はこの小論を書くにあたって、学生運動の盛んでない大学、全くない大学を択んで、何名かの学生にあたってみた。彼等に共通していたことは、大学の講義への不満であった。それは不信をとおりこして、絶望であった。政党化した学生運動に共鳴しないことでも一致していたが、大学の講義を充実するための改革運動ならぜひやりたいという。大学がいかにあるべきか、ことに私学がいかにあるべきかについて、彼等は彼等なりに精一杯考えていた。講義にどう不満なのかということも問題であろうが、ここで大事なのは、現実変革の視点をわずかながらでももっているということである。勿論、それは彼等の生きる姿勢として定着されているわけではないし、それをおしすすめていく思考力もない。放置されていれば、いつか消滅していくしかない視点である。しかも、彼等は、マルクスやレーニンの本一冊すら読んでいない。だが、現代に生きているということだけで、最低、その視点だけはもち得るのである。
学生運動を学生皆のものにしていくとっかかりは、この素朴な視点である。学内問題を一挙に国の政治問題にもっていくために、この素朴な視点が育たないのである。私が学生運動を実験的実践の枠内にとどめろというのは、まず、学生が教授の講義をはじめとして、学内の問題を、教授や学校当局と徹底的に論争し、その改革に大胆にとりくめといいたいためである。この姿勢こそ、最も必要だと思うのである。この姿勢は一見容易に見えて、最も抵抗の多い困難な道である。学外の政治活動はブタ箱いりや、時には、生命の危険さえ伴って大変ではあるが、教授や学校当局を相手にするほど、知的能力を必要としないし、余程のことがないかぎり、学生の身分を剥奪されることもない。余程妙ちきりんな大学当局でないかぎり、彼等を保護してくれる。学生が学外の政治運動に狂奔しているかぎり、彼等に職業人として、その職場で、その仕事を通じて、現実を変革していく視点や姿勢が定着するわけがない。彼等は最も安易な道を歩んでいるともいえる。
就職は脱落と転落への道だと単純に思いこむのもそのためである。そして、実際に、かつての全学連の斗士も、職場では手も足もでず、わずかに、革命の日をまちつづけるしかないのである。

少数の職業的革命家になる者を除いて、大多数の学生は、職業人として、歴史の発展に参加しようとしている。また現実にそういう道しか歩めない。しかも、彼等は、心の中に、せめて、人間解放の視点と姿勢だけは失いたくないと思いながらも、それがいかに可能であるかを知らないままに、現実の中に埋没するしかないとあきらめている。だが、彼等は、その可能の道を本当に知ろうとしたことがあるであろうか。学生から、転向といわれるような現象をなくすることは案外簡単なことではあるまいか。松陰のいうように、学生としての立場から、学生の問題を論じ、その改革にとりくみはじめればよいのである。

<雑誌掲載文(1)目次>


「知られざる松陰」

吉田松陰における愛と平和について、などと書きはじめると、奇異に思われる人も多かろう。あの過激な、むしろ狂心的とさえ思える尊王攘夷論者のどこに、愛と平和があるのか……といわれそうである。
松陰といえば、誰でも
身はたとひ武蔵の野辺に朽ぬとも
留置まし大和魂
の辞世の一句を知らぬ人はあるまい。松陰を革命家として大きく評価したのは徳富蘇峰であった。しかし時の権力に屈した同じ蘇峰の手によって、尊王家松陰のレッテルに貼りかえられてしまったことは周知のことである。
以後、松陰は、明治維新の原動力となった功績をたたえると同時に、尊王にこり固まった人として遇されてきた。だから日支事変以来、大東亜戦争の終るまで、熱烈な愛国者、尊王家として、持ち上げられるだけ待ちあげられ、昭和二十年の敗戦の日を境として、その栄光の座から引きずり下ろされ、教育界からはマイナスの人物ときめつけられ、過去の存在として打ち捨てられてしまった。そればかりか、明治以後の日本の方向をゆがめた、元凶の一人として指弾されさえする有様である。
私が戦中戦後を通じて、松陰に対して変わらぬ関心を持ち続けていると知ると、たいていの人達が呆れ顔をして見せたものである。わずかに共鳴してくれたのは、松陰へのそれまでの信仰(といってよいだろう)を、そのままの形で持ち続け、郷愁のようなものに寄りかかっている、ほんの一部の人にすぎなかった。
もちろん、私としては、戦後の人物再評価の傾向にならって、松陰をもう一度、民族や階級の英雄にまつり上げようという意図などで、関心を持ち続けていたわけではない。だがそれにしても、松陰の評価は、あまりにもゆがみすぎている。

ゆがめられた吉田松陰

今日に残されている、おびただしい数の松陰の手紙や著書には、たしかに、かなり激しい口調で尊王が説くかれ、攘夷が唱えられている。感情の激しい部分では、絶叫といえるものすらある。この言葉つきに幻惑されるのはたやすい。ことに、尊王攘夷を金科玉条のごとく信奉し、あるいは信奉したがっていた人々は、この好都合の文書に自らのめり込んでいた。松陰が指導した松下村塾の門人達の、松陰死後の行動も、それを裏づけるのに役立った。松陰はやすやすと、尊王攘夷の権化にされてしまったのである。
松下村塾での教育活動から、松陰を教育者という面からのみ、照明をあてられてきたことにも、松陰への理解をゆがめる大きな原因があるように思われる。
杉家の二男に生まれ、六才で叔父吉田大助の養子となって、兵学師範である吉田家を継いで松陰は、その後の一生を通じて兵学者であった。彼の教育活動は、むしろ彼の兵学者としての抱負の延点線上にあった。
過激で狂信的な主義者は、学者とは最も遠い存在である。兵学者においては、現実主義と合理主義が、常に厳しく求められなければならない。現実主義と合理主義を放棄した兵学者は、当然、兵学者の位置から転落するほかはない。
もし松陰が狂信的尊王攘夷論者であったとすれば、彼は兵学者ではなくなっていたことになるのだが、果してそうであろうか。

密出国をはかった動機

松陰について、その悲劇的な刑死と松下村塾での教育活動に次いでよく知られているのは、下田踏海と呼ばれる事件である。これは安政元年三月、当時二十五才の松陰が、日本の開国を求めて再来した米艦に乗り込んでアメリカに密航し、欧米の事情を自らの眼で見、探ろうとの計画からおこした行動であった。
この時の挫折が、その後刑死するまでの五年半という年月にわたって、彼の行動の自由を阻み、教育活動におもむかせた点で、重要な契機となるわけである。しかし、さらに大切なのは、失敗がそのまま死につながるような、当時の国禁を犯すという危険な行動に、彼を踏み切らせた動機だといえよう。
松陰が長州藩内の海岸線をくまなく巡視したのは二十才の時だった。二十一才の時には北九州を旅行し、二十二才から二十三才にかけては、東海道、東北諸国を旅している。東北から北海道にも渡ろうとしたが、これは果さなかった。松陰は、これらの巡歴によって自らの眼と頭で、日本の国情をとらえようとしていた。
はじめ松陰は、当然のこととして、長州藩一藩を国としてとらえ、忠誠を誓っていたのであって、藩内を一国として、内政の充実を考え、人民の生活の安定を願っていた。それが国を守る上での必要条件と考えられた。長州藩の兵学師範として、外敵の脅威から守ろうとするのは彼の職務であった。
しかし、外国の侵略の前に立たされているのが、長州一国ではなく、日本という国全体であることを確認した時、彼の守らねばならぬのもまた、日本という国全体にひろがった。
明確ではないまでも、彼の前には、日本という国が、その忠誠の対象として、愛すべき国家として浮かびあがってきた。そして、それに対立するものとしての西洋諸外国があったのである。
松陰は、兵学者として、守るに価する日本という国を探り出さねばならなかった。今ある日本から、あるべき日本の方向を知るためには、国内の実情をはっきり知ると同時に、ぜひとも先進諸国の事情を、知る必要があった。
また日本に迫る敵としての西洋諸国から、国土を守り、国民を守りぬくためには、それらの国の事情を、どうしても知らねばならなかった。それは世界における日本の問題に取り組む兵学者としては、当然のことであり、むしろその第一歩といってもよかった。だからこそ松陰は、しゃにむに敢行せざるを得なかったのである。一見無暴と見える下田踏海は、日本の兵学者としての欲求に根ざした、現実主義、合理主義の現れであった。
松陰は江戸から東北旅行に旅立つ時、藩の正式許可を得られぬままに出発して士籍を削られ、浪人となっている。
その翌年には、長崎からロシア鑑に乗ってヨーロッパに行こうとしたが果たせず、さらに明くる年、下田踏海を敢行して失敗し、幕府に捕えられたのであった。藩則を破り、国禁を犯そうとした、この二つの行動のなかには、共通した松陰の姿勢と考え方が認められる。遅れて愚かなものへの、激しい反撥と否定といったらよいだろう。それは正義感という単純なものではない。正しい道理への渇望と、深い人間への信頼と愛情を基盤としたものである。

尊王攘夷のスローガン

松陰は、アメリカを含めて西洋列強を夷としてとらえた。インドを皮切りに、南アジアの全域が、次々と西洋列強に侵略され、政治的に文化的に長いことアジアの中心的存在であった中国さえも、不平等条約を押しつけられている有様を知って、西洋列強を夷としてとらえ、日本の危機を痛切に感じないわけにはいかなかった。夷である限り、敵である。攘夷を強調するほかなかったはずである。
もちろん、松陰がはじめに夷と言った時は無意識のうちに、中国における中華思想に影響されていたようである。この誤まりは、山県太華という学者に指摘され、素直にその誤まりを認めた。
誤まりとして認めながら、しかし松陰は、夷という表現をやめなかった。つまり西洋列強を敵として認識した以上、夷という呼び方を変更する必要はなく、今度は意識的に使うことになったのである。
西洋列強のなかでも、松陰はアメリカを最強の敵としてマークしていた。松陰の九州旅行の年(嘉永三年)に、アメリカ国会は、日本の開国を勝手に議決していた。そんなことを松陰は知ろうはずもなかったし、アメリカをそのために恐れたのではなかった。
松陰は、アメリカの大統領というポストにつく人が、国民の中から、政治家としての識見と行動力において最高とみなされて選出されたものだという事実に恐れを感じたのだった。それにひきかえ日本では、徳川の一族だということだけで、三十分も正座していられないような男(家斉)が、将軍という要職についている。その愚かさが、彼の恐れを倍加させた。加えて、日本にやって来たアメリカの外交官にすら太刀討ちできぬ老中、奉行達のの醜態ぶりがあった。
外敵の脅威が刻々と迫ってくることを全体で感じとり、時の幕府や藩府の無力ぶりが明らかになるにつれて、松陰は、当時の彼の知識の及ぶ範囲で、日本を統一できる指導精神を、せっかちに探し求めた。
彼は、彼のすペてをかけて忠誠を誓い、愛情を注ぎこめる、統一された国家という対象が、形態が、どうしても欲しかった。因襲でガンジガラメになっている古き日本から、新しき日本の姿を模索するのである。それも大急ぎで……。それでなければとうていまにあわない。こうして探りあてたのが、紀記に画かれている時代の日本であった。
そこには、外国と対等に交わろうとする気迫がみなぎっていた。藩によってばらばらになっている幕藩体制とは違って、郡県制度によって統一された、統一国家としての日本があった。そこでは、彼が憎んでいた、人材を生かさない世襲制も、最少限度に抑えられるように見られた。このすばらしい時代をリードしていたのが天皇家であった。
そして現に天皇が、日本に迫る外敵のことを憂えて、夜も眠れぬ日を過していると知った時、彼は突き上げられるような感激を味わった。最大の感動をもって、彼はこれにしがみついたのであった。日本を統一し、現代をリ−ドできるもの、それこそ、彼の総てを投入し、忠誠を習誓う対象の核となるべきものではないかと。
明らかに、松陰は、尊王という二字に、フランス革命における自由、平等、博愛、アメリカ独立における自由と人権にあたる歴史的役割を見ていた。
もちろん、尊王はそれらの内容とは異質なものであるが、当時の松陰が構想できた、最も革命的な、反封建のスローガンだったのである。
また、攘夷の二字には、侵略者に対抗する平和への意志に支えられた祖国愛があった。彼はすでにこの言葉の中に、偏狭な民族主義とは違った、インターナショナルな意味を含めようとさえしていたのである。
もし松陰が海外渡航に成功していたら、尊王攘夷ではなく、自由、平等、平和のスローガンを掲げていたであろう。これは決してトッピな推理や夢想ではない。彼の革命的な姿勢と行動から考えて、むしろ自然なことである。海外に出ない限り、それらのことを知り得るには、彼の生きた時代と環境はあまりにも閉されており、狭かった、松陰のあとに続いた弟子達は、愚かにも、反封建の革命的スローガンであった尊王の二字から、反封建家の革命性を喪失させ、さらに時代の進展の中で封建体制の維持強化へ、偏狭な民族主義へと転化させてしまったのである。

新しい国の姿

では、西洋列強の侵略を前にし、統一国家として彼が忠誠を誓おうとしていた日本の姿を松陰はどのように考えていたのだろうか。「政治家たる者が第一になすべきことは、国民をもとにした仁政を布く、ということである。そのためには、兵をまず帰農させることである。
軍備ほど費用をくうものはないのに、今ほど、無駄で無用な兵隊の多い時はない。税を軽くするためには、兵をはぶく以外はない。国民のためになることは、たとえどんなに困難なことであろうと、直ちに実行しなくてはならない。
国政を第一に考えている者は、少しも外国の侵略を心配し、恐れることはない。不幸にして外国が攻めてきたら、その侵略にまかせて、出て戦う必要はない。
国民には自由に降服させて、その生命を全うさせることである。
大切なことは、国民に仁政をしいている国に攻めてくるような敵国は、たとえ富んでいたにしても、決して国民が指導者に心服していないということである。
だから、その国の正義の人達の心をつとめて助長し、その力を助けていけば、必ず、その国には内乱がおこる。その時をつかんで立ちあがることだ。そうすれば、世界中の正義の士が応援してくれるはずである。
とはいっても、この策が断行できるのは、よほどの人を得ないと駄目だが、私としては今日、あるいは今後に、此の策が断行されることを望んでいる」
これは松陰の主著、講孟余話の中に述べられたものである。(この本の主要部分は、松陰が下田踏海で獄に入れられていた時、同獄の囚人に講じたものである)彼はまた、
「もし隣国が、力、徳、義の三つの点で、自分の国よりすぐれている場合は、その国を崇めるがよい。しかし、力をたのんで制圧してくる場合でも、あえて戦わぬ方がよい。たいていの場合、他国の侵略を受け、国民を苦しめるようになるのは、もともと国内が争っており、国民のための政治が行われていないためである」
「小国が、大国にはさまれて生きることほど難しいことはない。その場合に大切なことは、全国民が一体となって、他国の意見によらず、自らの考えに従って行動することだ。いずれの国に従うかということは問題ではない」とも云っている。
松陰は信仰を待たなかったが、法を守り、自らの主張に生命をかけた人とし一て、日蓮聖人を尊敬していたから、あるいはその影響を受けているかもしれない。
松陰の思想は外敵との武力による抗争より、正しい道理にかなった国をつくることを大切にする考え方である。正しい理に対する忠誠といってもよい。
おそらく松陰は獄中で、強大な軍備を持つ西洋列強の攻撃を前にして、比較にもならない武力の日本が生き残る道を考え、考えつめた結果、この結論に達したのであろう。
しかも、それほど貧弱な軍備さえ、国民の生活を圧迫していることから、最小限の軍備に抑えて、国民のための政治に徹するしかないと考えたにちがいない。彼は、正しい道理を行うという立湯で、強国に対決するという、ほとんどぎりぎりの線を打ち出したのである。
松陰にとって祖国を愛するということは、武力なき国家、国民のための政治をする国家、世界に対して道理の立場を貫く国家をつくることであった。
だからこそ松陰は、武力なき平和国家への道を求めながら、夷としての性格を持つ西洋列強に対して、正義を守って死ぬだけの、非常の覚悟を持たざるを得なかった。
そして、指導階級の腐敗と無気力ぶりを眼前にしては、攘夷を強調して叱咤しないではいられなかったのである。松陰の中に、平和を戦い取るという姿勢があったにしろ、彼の攘夷の根底をなしているのが平和思想だったことを見落してはならない。

知られざる松陰

松陰の国家に対する忠誠は、道理を貫く国家への忠誠に発展し、それがたまたま、尊王という形をとったにすぎない。だから彼の尊王の中味は反封建的で平和的だった。そしてその底を愛という流れが貰いていた。
「あなた(弟子の入江杉蔵)も佐世(弟子の佐世八十郎のちの前原一誠)も、酒と女性で愉快を助ける事は、必ずやめてくれたまえ。そうしなければ、きっと事を仕損じる。私は江幡五郎の事で、おおいに懲りている。子楫(弟子、岡部富太郎)は酒をやめてくれたまえ。永久にやめよというのではない。
昨夜、三度も口に出かかったが、とうとう云えなかったのだ。今の時節は、酒など飲んでいる場合ではない。一策を得たら、また飲んでもよかろう」。松陰が獄中から、弟子に送った手紙の一節である。「下戸の心で上戸の心をはかると笑うかもしれないが」という言葉もある。松陰は下戸だったから、酒を飲む機会があっても溺れることはなく、自ら求めて飲むこともなかったが、だからといって、他人の酒に関して、とやかく云うという態度はなかった。
かつてある時、塾生である十四才の少年の煙草について、松陰がひどく心配しているのを見た塾生達は、たまたま不在であったその少年の禁煙をたすけるために、自らの煙管を折るということがあった。
それに対して松陰は、
「私は煙草というものをたいそう憎んでいるが、君達が一時の興奮から一生の娯しみを奪うことになりはしないかと心配だ」と云って、むしろ彼等をとめようとさえしている。
ただ、松陰には、洒や煙草や、さらには女性が、現実の逃避や憂さばらしに用いられることは絶対に許せなかった。それは松陰が、人間としての自立、いいかえれば精神の独立を強く求めていたためであった。
幕末の志士といえば、酒と女性がつきもののようにいわれ、門下生の高杉晋作、久坂玄瑞なども、松陰の死後大いに実績をあげているが、松陰にとって、酒と女性は全く別のことに属していた。
松陰は三十年の生涯のうち、ついに女性に近づいたことはなかったらしい。非常の時に生きているという切迫した危機感の中で、彼は、年若い未亡人を作るべきではないと考えていた。さらに、酒や煙草と違って、生身の女性を、自分の娯しみの具として考えることなど、とんでもないことであった。
彼は女性を女性として見る前に、対等な人間として見、遇していた。

〈高須未亡人に数々のいさしをものがたりし跡にて)
清らかな夏木のかげにやすらへど
人ぞいふらん花に迷ふと
(未亡人の贈られし発句の脇とて)
懸香のかをはらひたき我も哉
とわれてはじる軒の風蘭
一と筋に風の中行く蛍かな
ほのかに薫る池の荷の葉
(高須うしのせんべつとありて汗ふきを送られければ)<安政六年五月>
箱根山越すとき汗の出やせん
君を思ひてふき清めてん

右の歌は、現存している松陰の文章中、女性に贈られた唯一のものである。(妹や母など宛は別である)高須未亡人とは、松陰が野山獄に入っていた時の囚人の一人で、女性はこの人だけであった。
この歌に表われている感情はたいそう清々しくて、異性に対する愛情とはいい難い。しかし、彼の他の歌には見られない優しさ、思いやりがこめられている。女性を対等の人間として愛し、いたわった松陰の姿の現れといってよいだろう。
酒や女性に気をまぎらわすことを拒んだ松陰は、酒や女性を愛することでは人に劣らなかった。それは酒を楽しく飲み、女性といつくしみあえる国土をつくるために、進んで自からの生命を捧げたことがよく証明しているのではあるまいか。
このように明治維新に先だって、武力を否定した道義国家、福祉国家、平和国家の実現を構想し、大国の中での小国の生きる道、小国故に果し得る世界史的課題を考え、それらの路線をふまえて攘夷を唱えた松陰が、英米仏蘭にかわってアジア侵略を計画Lた大東亜戦争に使われたことは、彼にとって、また日本にとって、またとない悲劇だった。
むしろ松陰の思想からいうなら、維新から敗戦までの、ほぼ八十年間は、彼にとって空白な期間だったといってよいだろう。平和国家、道義国家を標榜した敗戦の時点こそ、日本民族の指導者、先覚者として松陰を評価し、位置づけすべき時だったのである。

<雑誌掲載文(1)目次>


「自由を求めてはばたく精神
愛国心はわきあがるもの」

スポーツはつねに躍動をするもの、いいかえれば限りない由由を求めて、大きくはばたくもの、あらゆる障害をのりこえ、制約を排除して、どこまでも自由を求めて飛躍するものといったらよいかもしれない。スポーツとは本来そういうものである。そして、この限りなく自由を求めて飛翔する精神こそ、スポーツ精神と呼んでいいものである。
国家は、その国民にのびのぴと自由を感得させ、限りない自由を享受させる時、始めて本当の国家ということができる。勿論、だからといって、国家は、全ての国民に自由を与えるとはかぎらないし、現在の段階ではすべての国民が自由を享受できるほど、完璧とはいえない。だから、国民一人一人が、自由を求めて限りなく飛翔し、自由の拡大を求めて、どこまでも精進しなくてはならないもの。いうなれば、国民一人一人の自由を求める精神と国家の意志が統一を求めて進まなければならない。
そのとき、始めて、国民の意志と国家の意志が有機的につながり、自分への愛がしみじみと国家への愛につながる。国家への愛に発展するといってもよい。国家はどこまでも、国民一人一人に対して、善き国家でなくてはならず、すばらしき国家でなくてはならない。日本に生まれたことを心から喜べるとき、日本に生まれたことを心から喜べるようなものを発見したとき、それが自然であれ、伝統文化であれ、また、工業国としてのすばらしい成長であれ、そんなものがなくてはならない。なにもないときには、国民一人一人で、それを発見し、創造する以外にない。
国家が国民の自由を阻害し、自由の精神が飛翔するのをさまたげるときには、祖国愛とか、国家愛といっても、とうていおこるものではない。そんな祖国に対して愛着を求める方が野暮というものだ。愛国心はつくられるものでもないし、あたえられるものでもない。わきあがるものでなくてはならない。かつて世界一愛国心のある事を誇っていた日本人が敗戦後の今日、世界でも珍しい愛国心の欠如した国民になりさがったことでもあきらかである。
ここで忘れてならないことは鎖国的愛国心、偏狭な愛国心は愛国心に以て、本当の愛国心ではないということである。それは、オリンピックに何本日章旗があがり、金メダルを何個とったということが、愛国心とは無関係なことと共通している。
スポーツは自由を求めてはばたくもの。そこには、最大限の自由を求めての格闘がある。自己のベストを出しきった者だけが味う安堵と満足感がある筈である。自己の力を出しきった者のみが知る喜びがある筈である。自己のために闘った者のみが知る感激がある筈である。それが祖国愛に通じ、愛国心に通ずるのである。しかも、そこには秩序があり、規律がある。無暴や非合理と異る合理の世界がある。合理の世界に深くわけいった者だけが勝利をものにする。自由と裏表の世界でもある。そして、それが、人類愛、国際愛にも通ずるのである。祖国愛と人類愛を貫くところの自由と合理の精神が燦として輝いているのである。日本精神と世界精神といってもよい。スポーツこそ、自由を経とし、合理を緯とする祖国愛、人類愛というべきであろう。
観客、それは自由と合理に参加しても、自由と合理を創造する人にはなることができない。

<雑誌掲載文(1)目次>


「週刊誌の可能性」

「あなた、どなた?」
「週刊新潮のものですが……」
「アラ、そう。どうせ、アラ探しにやってきたんでしょう」
「よくわかりますね」
「そんなこと、聞かなくたって、わかっているわよ。週刊誌なんて、きまって、エログロ趣味で、どんな問題だって興味本位にしか書かないにきまっているわ。」
「ホウ、あなた、週刊新潮を読んでくれているの。そりゃ、有難い」
「馬鹿にしないでよ。私それほど、お粗末じゃないわよ」
「これはどうも。でも、それでよくまあ、私が来た目的がわかったり、週刊誌がどうのこうのと云えますね」
一瞬、顔をこわばらせた彼女は、すぐつきはなすように、
「私、忙しいんです。あなたの相手をしている暇なんかありませんね。失礼します」という。
「君、君、一寸待ってくれ給え。君が私達に反感を持つのは無理もない。怒りたくなるのもわかる。だからといって、君が私にまで怒りをぶっつけることはないでしょう。
初対面の人間を、君の先入観でアタマから敵だときめてしまうこともないでしょう。『マス・コミはけしからん』の、『まちがっている』のと、いくらせっかちに批難したって、それじゃ何も好転しない。君のように、冷たくつきはなすんじゃ、君達を理解しようにも、理解のしようがない。卒直にいって不愉快きわまる。私達がわからず屋なら、この機会に私達を説得するぐらいの意欲をみせてもいいのじゃないかね」
「おっしゃる通りかもしれません。でも、私達は何度も裏切られているわ。取材する時だけ、うまいことをいって、何時も私達をだましてきたのよ。私達のことを、何かっていえば、お嫁の貰い手がないなんて書くんじゃないの。そりゃ書くのは勝手よ。でもそんないい方が、どんなに封建的な考え方に裏づけられているかっていうことに、疑問もおこらないのかしら。そういう記者を信頼しろと言われて、私達信頼出来ると思って? あなたがそうじゃないという保証があって?」
「そういわれて、まさか『私は違う』ともいえないね。いえば、君におめでたい男と思われるのがおちだ。『私の眼をみてくれ』なんて、文学青年みたいなこともいえないしね。だが、今迄に裏切られたからといって、今度も裏切られるときめてかかったんじゃ、君達を理解してくれる者は出ようがないんじゃないかね。週刊新潮の記事が、そのまま、君達を満足させるものになるとはいわんよ。幸い、あなたの大学は自治会として羽田ゆきを決定したが、N女子大学の場合は決定できなかった。だからといって、N女子大学には、あなたの仲間はいないと言えますか。あなた達の羽田ゆきにしても、放っておいて、決定できたわけではないでしょう。
いろんな所で、いろんな人が精一杯頑張っている。自由の拡大をすすめなくちゃならない職場もあれば、価値観の転換のために、上役と斗わなくてならない職場だってある。わかってほしいと思う。今は忙しくて、どうしても時間がとれないというなら、あなたの都合のよい時に、都合のよい場所にでかけていきますよ」
これは、安保反対闘争が激しく行われているときに、「週刊新潮」の記者として、私がT女子大学の自治会の一学生ととりかわしたやりとりである。どの女子大学にいっても、多かれ、少なかれ、同じやりとりがくりかえされたわけであるが、当時、学生の中にある週刊誌への不信がいかに根強いものであるかを感じた。あれから、四年たった今日、週刊誌的世界にのめりこんだ学生の数は可成りの数にのぼると思われるが、本質的には、その評価は変わっていないように思われる。週刊誌を無視するか、週刊誌を過少評価する学生達が相変わらずそこにいるし、そのような学生達を先頭に、それに右ならえをする相当数の人達・反体制派の人達がいる。それは週刊誌に携わる前の私の立場でもあった。無知といっていいほどに、一方的な理解しか示すことのできない私があった。それまでの私は、週刊誌を手にとってみることもまれな、だから、勿論内容や構成について知ろうと努力したこともなかったのである。だが、ふとしたことから「週刊新潮」の取材記者となり、四年もの長い間、その生活をすることによって数多くのことを知り、また、いろんなことを考えさせられたのである。時期的には、週刊公論、週刊文春が創刊される前からはじまって、四年間である。今、その体験をふまえて、週刊誌の可能性について考えてみたい。

週刊誌とは一体何であろうか。週刊誌発行の意味はどこにあるのであろうか。唯単に、一億総白痴化のお先棒をかつぐだけのものであろうか。
週刊誌が購読されているという事実は、少なくとも、読者の要求と関心に応えているということである。その記事が愚劣であったとしても、そして、読者の心をくすぐり、読者にのめりこむものであったとしても、最低、読者の心にピッタリしたものでないと売れない。読者も買って読む程、おひとよしではない。たしかに、女子大学生が言ったように、週刊誌はエロ・グロだが、そのエロ・グロの雑誌に、あるものは売れ、あるものは売れないという事実があることである。もちろん、広告も無関係ではないが、それをこえて、売れる雑誌・売れない雑誌がある。数十の週刊誌があって、みんなそれぞれ売れる部数が違うのである。百万の部数をこえるものから、十万にみたない部数といろいろある。その差を追って、編集部も営業部も必死なのである。だから、エロ・グロであれば売れる、週刊誌はエロ・グロしかつくらないという認識はどうみてもおかしいのである。しかも、エロ・グロのどぎつい週刊誌ほど売れないのである。
週刊誌の違いは、例えば、「文芸者秋」、「中央公論」、「世界」、「日本」の違いのようなものである。一括して綜合雑誌と名づけても、これらを同一視するものはあるまい。週刊誌もそれに近い違いをみせるのである。「週刊公論」、「新週刊」もある意味では、その違いを明確にだそうとして、悪戦苦闘の末、つぶれたということもできるのである。
それでいて、週刊誌の大勢はエロ・グロを志向している。志向してあくことがない。それはあきれるというしかないほどにすさまじいものである。よくもまあ、あきることもなしに、性を追求できるものだと、そのヴァイタリティの豊かさに驚くのであるが、本来、性そのものが、限りないヴァイタリティをその内部にもっている。性のヴァイタリティが編集のヴァイタリティを誘発するといった方が正確かもしれない。編集者も記者もそのヴァイタリティに魅せられているといってもいいすぎではない。それを軽蔑しながら、或いはそれを呪いながらも、性そのものにひきずられていくのである。時に違和感は感じても、結局は性にまきこまれる。性とはまさにそのようなものである。
しかも、性から疎外される者はいない。だからこそ、性を週刊誌の性にたてるのである。ある雑誌はエロとなり、ある雑誌はグロとなるのは、性をどういう角度から追求するかによってわかれてくる。
最近、ある週刊誌の編集者は、「性」と「金」と「出世」を編集の三大方針にしていると語ってくれたが、「金」と「出世」は、対象との格闘なしには得られぬものだが、「性」は、格闘なしにも楽しい気分になれるという面がある。本来からいえば、「性」もまた格闘を必要とするものだが、それを省略することが可能である。そこに「性」が生産的とならず、堕落する可能性もでてくるのである。しかし、金と出世における対象との格闘とは、体制側内部におけるそれである。それが、反体制側のものとなることは決してない。それに反して、性は常に批判的であり、また進歩的であることによって、反体制的となり、生産的となるものである。体制側にとどまって、習慣をくりかえすことしかない性は、エロ・グロになるしかない。それは、性というものが、本来、自由を欲するものであり、常に、現状を破り、現状を変えていくことによって、性の機能を果たすものだからである。性における対象との格闘とは、常に現状を破り、現状を変えていく格闘である。週刊誌が性を描いてエロ・グロとなるのは、どこまでも体制側にあって、現状に流され、現状に妥協しているかぎりどうにもならないものである。
だから、週刊誌が「性」に密着することはよい。「金」や「出世」におぼれることよりも、数等いいことである。「金」や「出世」は体制側のものとして、もうけること、階段をのぼることという一義的意味しかない。そこには、金をもうけるという価値しかない。価値への疑いもなければ、ましてや、価値を創るということもあり得ない。それに反して「性」は多義的であり、どのような「性」を創るかによって、価値への疑いもあり、価値の創造もある。到底、同じ次元で論じられるものではない。
最低、今ある性の常識についての疑いから始まって、性の常識の否定ということがある。あるべき性の創造にいかなくとも、常識的性の常識、それは日常的ものの考え方にまでおよぶもの、それを疑ってみせるだけでも十分に意義がある。少なくとも、週刊誌はその役割を果たしている。積極的役割ということはできないかもしれないが、消極的役割は十分に果たしている。いうなれば、価値の崩壊にむかって、今の週刊誌は役割を果たしているのである。絶対というものを認め、絶対というものに弱い日本人の思想的風土のなかで、いかなるものも絶対ではない、相対的価値しかない、頼るべきいかなるものもないということを教えているのである。
たとえ、「金」や「出世」がすばらしいものに見えても、すばらしいものに措いても、結局は、空しいもの、たわいないものということは、どこかに出てくるのである。それは、編集者が何よりも、「金」と「出世」を疑っているからである。生きていくために必要なものであっても、それ以上の価値はおかないからである。
だから、性にはじまって、すべての価値を疑い、すべての価値を否定するところに週刊誌はむかっているといえるのである。それは本来の価値を創造するための準備ともいえる。必要かくことのできない作業ということもできる。
週刊誌をつくる人達が、この消極的役割から、積極的に、価値の疑い、価値の否定へと向えば、それ自身すばらしいことであるが、たとえこの消極的役割におわっていたとしても、十分に意味のあることである。しかも、週刊誌は一億総白痴化の一翼を担っているとはいえ、多くの読者にとっては、依然として週刊誌は知識の源となっているのである。鋭いとはいえないまでも、政治・経済・社会についての知識、それを分析してみる能力をまがりなりにも得ているのである。深く・広く知ることは出来るのである。しかも、夥しい人達がそのように作られつつあるのである。
週刊誌に魅力がなくなったら、単行本を、専門書を読めばいいのである。週刊誌の魅力を感じている間は、週刊誌にうつつをぬかしておればよいのである。週刊誌時代が現出したといっても、それで綜合雑誌の売れ行きが下がったわけではない。綜合雑誌の質がおちたわけもない。たしかに、難解で、わけのわからぬ論文を、現実に有効性のない論文をありがたがって読まなくなっただけである。
週刊誌の尨大な読者は、少なくとも本を読む階層である。創価学会は学会員に本を読ませることに成功したが、此の人達にどんな本を読ませるか、読ませないでつきはなすかは、本をつくる人達の問題である。
では、どんな週刊誌を作り得るというのであろうか。どんな週刊誌が可能性として考えられるのであろうか。

性に密着することはよい、だが、そのためには、性にまず、どんぶりとはまりこむことが必要である。どの週刊誌も、まだおっかなびっくりで、せいぜい、性を横眼でにらんでいるところをでていない。それも、性のテーマをテーマにしないで、わずかに、性におぼれ、性に流されているのにすぎない。そこには、性はあっても、性のテーマがないというのが実情である。もちろん、性のテーマにとりくむためには、性そのものにおぼれなくてはならない。まず、おぼれることが必要である。それが、多くの週刊誌にないのである。横目でにらんだ、物欲しげにのぞいた性しかないのである。もし、ひらきなおって、性の中にとっぷりと身を浸すなら、そこから、性のテーマをさぐり出さざるを得なくなる。性には、夥しいエネルギーはあるかもしれないが、性そのものだけでは食傷するしかないものである。性とは、所詮そういうもの、それだけのものである。だから、どんな編集者でも、長く、性そのものに耽溺していることはできない。できるのは、異常なものたちだけである。
だが、性の中に、テーマを発見し、テーマを追求する者には、いつまでも、どこまでもそれができるのである。また、しなければならないものである。
性のテーマを追求するとは、人間の性を、人間の間の性を追求することであり、政治的背景、経済的背景、社会的背景の中に追求することである。どんな性的事件であっても、それが政治的事件、経済的事件、社会的事件でないものはない。性の記事を性だけの記事におわらせるのは、編集者と記者の無能である。政治的分析を、経済的分析を、社会的分析をなしきらないのは、編集者の、記者の無力である。
性の記事は、編集者の、記者の分析能力に応じて、人間ドラマともなれば、政治、経済記事にもなる。また、社会的記事にもなってくる。まして、性が本来、自由であり、慣習や堕性を廃して、常に前進と脱皮をつづけるものであるかぎり、性の立場にたつということは、すべてのものに批判的であるということである。性が性であるかぎり、どこまでも、現状を破壊していくように作用する。それは同時に、読者のヴァイタリティを喚びおこし、枯渇した人間に活力をあたえる立場である。
今の週刊誌には、性はあっても、性を横眼でにらむことはあっても、性のテーマがないということが致命傷なのである。性の消費浪費はあっても、性の生産がない。それでは、性はマイナスにしか作用しようがないのである。性のテーマほど、人間を、人間関係を厳しく問うものはない、愛情も誠実も責任もその関連のうちにでてくる。性をゆがめ、いびつなものにしているのも、政治的なものであり、経済的なものである。性の立場から、ゆがんだ政治・経済をも批判できる。批判しなくてはならなくなる。
性が、そのテーマを失うとき、必然に、エログロとなるのである。性の立場は、体制側に属する人達であろうと、反体制側に属する人達であろうと、それに常に活力をあたえ、脱皮させつづけるといえる。
週刊誌が性のテーマを追うかぎり、体制側にたつ者も、反体制側にある者も一様に活力と脱皮をもたらすといったのであるが、週刊誌はまた、徹底的に現実に密着する必要がある。だが、ここにも、週刊誌は一応、現実主義のポーズをとりながら、せいぜい、現実を横眼でみることしかしない。
体制側と反体制側が四つに取組んでいる現実に密着することである。或は、体制側と反体制側が、土俵にあがってにらみあってばかりいて、なかなか四つに組もうとしないのを、四つに組ませることである。その意味では、行司役であり、審判となればよい。中立という立場はそこにだけあるのである。一般に、新聞、雑誌などが、中立というときは、両者の争いにまきこまれることを恐れて、それから逃げた立場をいっている。だが、本当の中立は逃避でなくて、積極約に構えさせる立場でなければならない。そういう立場は可能なのである。
現実に密着して、そこから、停退の原因を発見する。矛盾しているところを発見して、それに照明をあてていく。もし、それが、体制側、反体制側にまたがる問題の場合、鋭く、その核心にせまるような分析ができる筈である。どちら側の人も、ともに、アプローチできるような記事は可能な筈である。ことに、体制側におきた事件、反体制側におきた事件は、それをとりあげることをそれぞれの側が反対する。だが、その矛盾を激しく追求し、あきらかにしてみせることは、反対側よりも、むしろ、同じ陣営内が要求している筈である。体制側の強化を望むのは、体制側の人だからである。反体制側の人も同じある。だからこそ、やりにくいことをその人達に変わってなせばいいのである。そうしていく中で、編集者は、記者はつねに、第三の道をもよくしていればよいのである。第三の道を進んでいけばよいのである。

以上、私は週刊誌の可能性として、性と現実に密着し、それを内側から破りつづける立場を提唱した。少なくとも、歴史の創造に参加しようと心がける人は、そのことにむかって努力している。商業主義の立場をまもりながら、少なくともそれができる筈である。それはまた、発行部数がいずれも下降線を辿っている現在、打つ手でもある。読者はなまぬるいものにはあきてきている。みせかけにもあきている。パンチのきいたもの、本当にパンチのきいたものだけを求めているのである。その点は読者は正直であり、賢い。ただ、流されるという弱点はもっているが。
その故に、パンチのきいたものが必要なのである。本当にパンチのきいたものが。
もし、それができないとなれば、週刊誌には絶望するしかない。絶望だけが残っている。それでは、週刊誌づくりに参加している千人近い人の智慧は徒らに浪費されていることになる。愚かな努力が、知的作業のポーズをとって、唯金をもうけるそのことのために払われているのであろうか。

<雑誌掲載文(1)目次>


「佐久間象山」

開国論に死す

元治元年(1864)三月、攘夷と開港の両論がうずまく京都にのりこんでいった象山は、その六月十八日に、松代にいるお蝶(妾)にあて、「もし、私の身に患でもあれば、日本は大乱になると申してよい。甚だ、いいすぎのようだが、今日の議論や日本の運命は私の肩にかかっている。私は日本と其の存亡をともにするつもりだから、人々はいろいろに言っていても、別におそれることはない。私の心はいつもおだやかである」
と、京都の地がなみなみでないことを書きおくって、覚悟の程をしめしたが、それから一カ月もたたない七月十一日に、三条木屋町の寓居の近くで、刺客の手にかかって仆された。時に五十四歳である。
その日、三条大橋には、
「此の者、日頃洋学を唱え、貿易開国の説を主張し、国策を誤まる罪は捨ておきがたい所に、その上、奸賊会津、彦根二藩にくみし、中川宮とはかり、おそれ多くも、天皇を彦根城へ移そうという計画をたて、その機会をねらっていた。大逆無道の国賊につき、今日、三条木屋町で、天誅を加えた」
という傍書がしたためてあった。
象山としては、覚悟はしていたものの、日本の運命をになっている自分がよもや、仆されるとは思いもよらないことであったし、攘夷派もそれほどには愚ではあるまいという期待をもって安心していたに違いない。なんといっても、象山にとっては、西洋列強が日本をうかがっているということが最大関心事であったし、その西洋に対抗し得る日本をつくることこそが焦眉の急であった。彼の眼はすべて、その一点に集中していた。彼は幕藩体制のままでも、指導者達の迷妄をさますならば、進んだ日本をつくれると信じて、終始、その立場で努力していた。
天皇を彦根に移すということも、国論を統一して、開国にもっていくための手段であった。だが、それは、討幕派なかでも攘夷派という過激分子にとってはがまんならないことであった。象山は仆された。
それは、歴史の転換期にあたって、歴史をおしすすめようとする人達が常に辿った悲劇的運命であったが……。

駻馬象山

象山は、文化八年(1811)二月二十八日、松代藩士佐久間一学の子として生まれた。一学は五両五人扶持という、非常に微禄ではあったが、卜伝流の達人で、和漢の造詣にも深かった。象山がそのような父の指導をうけて成長していったことはいうまでもない。
だが、この少年、いたって頭脳明敏であったが、それに劣らぬほどに、駻が強すぎて、調和性がなかった。そのために、敵をつくることも多かった。二十一歳の時に、松代藩主真田幸貫は世子の近習に象山を抜擢したが、それはかえって、その駻馬ぶりに期待したためであった。幸貫は松平定信の子として、父におとらぬ明察の人であったから、こういう動乱の時代には、象山のような駻馬でなくては、ものの用にたたないということをよく知っていたのであろう。
二十三歳の時、始めて江戸遊学の旅に出た。江戸では佐藤一斎の門に出入りして、程朱の学を学ぶ一方、琴などにも興味をしめした。
帰藩したのが二十六歳の時。その年(天保七年)はたまたま降雨が多く、その上気温も低かったので、農作物の出来がわるかった。人々が苦しむ姿をみて、象山はその対策を講ずるとともに、雨や寒さに強い農作物は何であるかと、その根本策を考え始めるのである。それとともに、国を治めるには、どうしても学問を盛んにする必要があることを痛感して、翌年(天保八年)になると、「学政意見書」を藩に提出した。
そこには、「国家を治めるには、必ず風俗を正し、賢才を養わなくてなるまい。だが文のみで、武がなくては真文ではない。武のみで、文がなくては真武ではない……。
不才の人も三十年学べば、大抵は出来あがるものである。不断に努力すれば、何事によらず、一かどは、出来るものである……。
学政は大抵町割にして、十人宛組あわせ、相互に怠惰を励ますことが必要である。すベて、きびしくなくては人気もふるいがたく、怠惰に流れる……」というようなことが書かれていた。だが、象山の意見は用いられなかった。そこで、天保十年(1839)、象山二十九歳の時、再び江戸にで、神田お玉池に「象山書院」をつくった。その書院学約には彼の抱負というか、学問観がよく表現されている。
「言忠信、行篤敬で、聖賢の道に従事するのはよい。しかし、才能があるだけでは、ともに聖賢の道に入ることはできない。志が卑劣で、聖賢の道を学ぶに足らないとし、その良心を捨てて、自暴自棄の生活にあまえる。唯文章にたくみで、博識であれば十分であるとし、自分の為の学問をするのを知らない。好んで大言をなし、外面を飾り、専ら虚名を追い、一生を営々として小人となる者が世間に多い。諸君は自らいましめるとよい。
およそ、学問は徳行を第一とし、才識文芸は第二とすることが必要である。
字を書いても、巧拙をとわず、一生懸命に筆をとって、正確なことが第一である……」
象山はどこまでも、身を正し、国を治める学問を志向していたのである。だから、門弟達を教育するかたわら、再び佐藤一斎に学ぶとともに、梁川星巖、藤田東湖、安井息軒、塩谷宕陰、林鶴梁、大槻盤渓、羽倉簡堂らと交わり、その識見をたかめていくことに努力する。
ことに、天保十二年(1841)六月、藩主幸貫が老中となり、翌十三年に、海防係となるや、象山はその顧問となり、種々意見を提出するようになる。

法は変わるもの

象山は天保十三年十一月、はじめて、日頃抱懐する開国論を堂々と唱えて、幕府二百年の鎖国という政策に真正面から対決した。
「幕府の重要な御規定であるから、政策を変えるということは容易ではないと思うが、これより外に、防禦の方法がない以上、たとい、是迄はどんなに重い御規定であっても、天下の安危には替えがたいと思う……。
天下の為にたてられた御法を天下のために改めることには何の憚りもない。平常の事は平常の法に従うのもよいが、非常の際には、非常の制を用いなくてはならない」(感応公に上りて天下当今の急務を陳ず)。
象山によれば、法はあくまで時代とともにあるものであって、時代の進展にともなって変えなくてはならないという。至極もっともな意であったが、当時では誰一人としてそう思う者はいない。幕府の祖法は絶対不可侵なもの。唯恐れかしこむものでしかなかった。だから、象山が唱えた開国論も洋製にならって鑑船をつくり、水軍のかけひきをならわせるといったような海防八策も用いられるわけがなかった。その点では、英明だとの評判があった主人幸貫にしても暗愚に等しかった。だが、その蒙を啓くには役立った。
当時の象山は、アヘン戦争に刺激され、また西洋諸国を十分に知るところまではいっていなかったため、英国を道徳仁義をわきまえない夷狄と呼び、利潤のみを追う国だから、利になるという見込みさえたてば、少しも我が国に怨みがなくても、どんな暴虐でもする国だといって、その理解の不十分さを暴露しているが、そのいわんとする所はなかなか堂々としたものであった。
これと相前後して、伊豆韮山の代官江川坦庵に入門して、砲術教授をうけたが、坦庵の教授は必ずしも、象山の意には満たなかった。それは、坦庵が心身の鍛錬ばかりを重視して、なかなか砲術理論を教えてくれなかったからである。当時、秘密といって、容易に教えてくれないのは、何も江川坦庵にかぎらなかったが、象山としてはがまんならないことであった。
象山はどうしても直接原書にあたって見る必要にせまられた。西洋の事情を知る上にも、その言葉を知って、直接、原書にあたるにしくはないと思われた。三十四歳という晩学ではあったが、象山には問題ではなかった。必要とみれば、それをはじめる。それが象山の生きる姿勢でもあった。

三十四歳で蘭学を学ぶ

早速、黒川良安と交換教授をはじめた。良安は蘭学に秀でているが、和漢の学に暗いというので、象山に蘭学を教えるかわりに、象山から和漢の学を学ぶことになったのである。
象山が良安から学んだのは、弘化元年六月から弘化二年三月の間であった。わずか十カ月の間であったが、それ以後は大体、辞書を片手に原書を読めるほどに上達した。
ショメールの『百科事典』を片手に「西洋人とて三面六臂ではない。やはり、同じ人である。日本人でも、片端者でないかぎり、良くその書を読み、考えれば、同じものが出来ないわけはない」(藤岡甚右衛門への手紙)という考えの下に、硝子の製造を試みて、立派に硝子を製造してみせたのもこの頃である。それ以後、自信を深めた象山は、地震計など、いろいろなものを作っている。
だが、象山がもっと驚いたことは、江川坦俺が御生大事にしている知識は、問題にならないほどわずかの知識であったことである。山寺源太夫あての手紙にその驚きと怒りをぶちまけている。
「オランダの原書を求めてみると、高島秋帆が江川氏に伝えたものは百分の一にも足りない。悲しいことに、この国の人は志ある者も、その精力がうすく、労力を憚って原書を読まない。たまたま、いいかげんに学んだ者が訳したものをみて、それを秘密にしてしまう。西洋では、印刷して外国に迄送りだしているのに、日本人はかくしている。全く、たわいもない料見のものが多いのに憤激する」
このような象山であったから、自ら原書を通じて知ったことは、残らず弟子に伝え、決して、これを秘密にするということはなかった。門弟にあたえた免許状にも、決して出し惜しみしてはならぬと注意している。
これと平行して、象山は西洋学によって、大いに国利を興そうとした。すなわち「沓野山中は薄地で、五穀は実りにくいから、ジャガタライモを多く植えたい。是は西洋諸国でも、日常の常食にしている国も多いということがショメールにも見えている。救荒の助けになる」といって、輸入されてまもないジャガタライモを積極的に栽培させている。かつて、寒い土地にどんな農作物が適しているかを考えたことがあったが、今それが実際のものとなったのである。
そのほか、養豚を自らやってみせ、薬草類を栽培し、硝石を製し、葡萄酒を醸造するなどのこともしている。すべて、西洋学に負うている。象山としては、一層、西洋学を盛んにする必要があると考えた。だが「西洋学を盛んにするには、その書物が沢山なくてはいけないし、書物があっても、その学のあるものが教導しなければ、その用はなし得ない」(小山田壱岐あての手紙)と思うにつけ、蘭人ドウーフが出版したハルマの辞書を増補改訂して『増訂和蘭語彙』として出版する必要を感じた。それは、国防上からみても、西洋を知るために是非とも必要なことであった。
そこで、嘉永二年(1849)二月、象山は藩老小山田壱岐に、「西洋諸国は学術を究め国力を強盛にして、周公、孔子の国である中国の国までもかすめとろうとしている。それは何故かといえば、西洋の学ぶ所は要点を抑えているのに対して、東洋では学ぶといっても、その要を得ず、いたずらに高遠空疏の談におぼれ、訓詁考証の末に流れてしまっているからである」と言って、『和蘭語彙』を出版するように説得したが、拒絶されてしまった。
やむなく、象山は自費出版することを決心して、出版資金千二百両を貸してくれるように、藩主に上書して請願した。幸にそのことは許されて、百石の知行を抵当にして金を借りる。念のために附記しておくが、天保十四年に、いろいろの功で象山は百石になっていた。だが『和蘭語彙』の出版のためには、幕府の許可をとらなくてはならない。
老中阿部正弘に「西洋を制するには、西洋の事情を知らなくてはならない。西洋の事情を知るには西洋の言葉を知らなければならない。現在、海防の急務は西洋の事情を知ることから始めなければならない。それには、辞書を刊行することが近道である」と上書したが、出版は遂に許可にならなかった。象山は歯がみをしてくやしがったが、どうにもならなかった。象山はそのくるしい思いを胸に秘めて旅行するということもあった。
象山は西洋諸国の長所を知って西洋に心酔した。それはそのまま西洋への恐怖であり、その恐怖は日本を強国につくり直さねばならないという気持にかりたてた。象山はもはや「唯、自分の国だけが立派だと心得て、外国といえば軽視して、夷狄といって賎しめるが西洋諸国は実事に熟練し、国利をも興し、兵力は盛んで航海にたくみなことは、はるかに日本の上にでている」といって、西洋諸国を夷狄と呼ばなくなったばかりか、「道徳仁義考悌忠信等の教は尽く漢土聖人の模訓に従い天文地理航海測量万物の窮理、砲兵の技、商法医術器械工作等は皆西洋を主とし、五世界の長所を集めて、日本の大学問をなさねばならぬ」と考えるようになっていたのである。東洋の道徳、西洋の芸術ということは象山の限界でもあったが、彼は彼なりに、西洋の学問を積極酌に取入れようとはかったのである。

加増の周旋をたのむ

話は少し横道にそれるかもしれないが、この頃、友人三村晴山に、武士として十分な働きをするためには、今の知行では少なすぎるから、三百石にあげてほしいが、その周旋を殿にしてほしいという手紙を出している。
「私は百石でくらすことはできない。千里の馬は一食に粟一石を食す。私は千里の馬ではないが五百里の馬位はある。五百里の馬は一食に五斗位はいる。五斗の粟とは、書物を調え、有用の器物を収めておくことである。是をやめては、五百里の足は出てこない。内職などして、それにて生命をつなぐぐらいでは、武士という名だけである。その実はなく、真の御奉公は出来かねる。私がひそかに、見積ってみると、私の力で御奉公するには、年々三百石はいる。これがなくては、子孫の計も一向にはかれない。私が考えるには、それではお互に損だと思う」というのが昇給の理由である。恐らく、徳川治下二百数十年の間、これほど堂々と昇給を要求したものはないのではあるまいか。これは、そのまま、今日にも通用すると思われる程にすじが通っている。
別紙には「およそ、人の等級には天下の人あり、一国の人あり、一郡の人あり、一村の人あり、一家の人がある。天下に幾人とて指を折られるぐらいの人は天下の人である。私は申すまでもなく、天下の人である」とあって、天下人を遇するには、それだけの禄をもってしなくてはならないというのである。ちょうど、象山四十歳の時で「余二十歳以後、一国にかかるを知る。三十以後、日本にかかることを知る。四十以後、世界にかかることを知る」(『省侃言録』)と書いた象山としては本当に世界の運命にかかわる自分ということを自覚して、それだけのものを要求したのかもしれない。自信のなせる事とはいえ、まことに偉丈夫というほかない。
象山が再び江戸に出て、砲術の教授をはじめたのが嘉永三年。この年に勝海舟が入門している。翌嘉永四年二月には、五十斤石衝大砲の試演を試みて失敗したが、見識高い象山のこととて、大いに残念がり、翌月、早速再度の試演を試みてやっと成功するという一幕もあった。十一月にも、松前藩からの依類で鋳造した大砲の試演を試みて、砲身が破裂して失敗している。その時は「天下広しといえども、私の外にはやる人はあるまい。度々失敗しているうち、やがて名人になる時もあろう」といって、松前藩のものを煙にまいている。
たしかに、象山のいう通り、失敗するたびに一歩前進していたのである。しかも、すべては書物を手がかりに、一つ一つ実験していたのである。それは、あくことのない窮理の精神であるといってよかろう。吉田松陰、橋本左内、山本覚馬、河井継之助たちが入門したのはこの年である。といっても、吉田松陰などは入門したというだけで、本気になって象山のもとに通ったわけではなかったが。
嘉永五年になると、かねてからの友人である川路聖謨が大阪の町奉行から、幕府の勘定奉行になり、海防係を兼任した。象山は早速、嘉永三年に一旦幕府に提出しようとして思いとどまった意見書を聖謨にみせた。そこには「相房二州の御台場はどの一つをとっても全く不完全きわまるもので、全体からみても、全く役にたたない。それはわずかに西洋の書物で、火術用兵の一端を知った者の眼からみても明かなことであるから、もし、その蘊奥を究めた者から者から見ると全く遊戯の様にみえるであろう」と手厳しい批判の言葉でうずまっていた。さすがの聖謨も象山の言葉は理解することができなかった。聖謨は幕府の中では、西洋通ではあったが象山の眼からみると、聖謨もまた、和漢の書物に通ずるのみで西洋に通ぜず、その識見は一方にかたよって到底世界の形勢には通じない男と変わらなかった。嘉永六年になって、ペリーが軍艦をひきいて浦賀から横浜にはいると、始めて象山のいったことがうそでないことを知るのであった。この時、象山がいろいろと多方面に活躍したことはいうまでもない。翌嘉永七年(安政元年)再び、ペリーがきたとき、横浜に応接所を設けて、松代藩と小倉藩は警固の任に当ったが、小倉藩に比して松代藩の方がずっと装備は近代化されていた。象山の献策のたまものである。象山のこの時の任務は軍議役であった。

松陰の密航に一役かう

だが、なんといっても、この前後に大きく雄飛するのは象山の弟子松陰である。さきにも述べたように、松陰は嘉永四年に入門したものの、あまり象山の塾に出入りしてはいなかった。象山が日本の現状を真剣に心配している達識の士であるということを知るのは嘉永六年である。
その時の象山と松陰の出合いは劇的でさえある。一方は、かねてから西洋の事情を直接知ってくる必要があると痛切に考えていた象山、他方は、西洋を直接自分で見てきたいということを切望している松陰。そこには、火花が散らない方がおかしいともいえる。
「法は人間のつくるもの、時代とともに変わるもの」(『回顧録』)という象山の一言で、国法を破るという壁を、松陰は容易にのりこえることができたのである。法律は絶対的なものでなく、時代とともに変わっていくものだという象山の考え方、それは体制側にあろうと反体制側にあろうと、常に変革の道を進んでいくものの基礎になる考え方である。
象山は、日本を脱出せんとして長崎にいく松陰に、「環海なんぞ茫々たる。五州自隣を成す。周流形勢を究めなば、一見百聞をこえん……」という詩を贈って激励した。
だが、松陰は渡海に失敗し、象山も彼をそそのかしたという理由でつかまった。象山は取調べ官の前に航海を禁ずる鎖国令はもう死法で、これをまもることは愚かなことである。すでに国法を犯して港に入った米艦は内海を測量し、兵員を上陸させ、要害の地を開港させた。しかるに、西洋の事情を探って、日本のために尽そうとする忠良の士を逮捕して獄に投ずるのは、あたかも盗賊を防ごうともせず、手足をしばって、賊のなすがままにしているようなものである。世が世であるならば、松陰らの行動はほめてやらねばならないものではないか」とつめよったが、それは取調べ官の心証を悪くするだけであった。そこで、象山は、土佐の万次郎の例をひいて、
「漂民万次郎に何のおとがめもないのは、追々外国にいくことも許すつもりであろうが今はまだその時になっていないのであろう」といったが、かえって、政治を批判する者として叱られてしまった。取調べとは名ばかりで、なんとか象山までも罪にしようというのが幕府の魂胆である。死刑になるところを川路聖謨の奔走でやっと藩あずかりになった。
これ以後、象山と松陰の二人はそれぞれ別の道を歩みだすのである。一人は体制側にあって、体制内の変革を、他方は反体制側にあって体制変革の道を。だが、ともに変革の道を歩むということでは共通していた。

九年間の蟄居生活

安政元年(1854)九月二十九日、松代に護送された象山は、家老望月主人の別邸を借りうけてここに住んだ。象山もまた松陰と同じく、蟄居の機会に大いに学ばんとして、毎日洋書な読んで、知識の吸収につとめた。象山は一日として日本の進路を考えないことはなかった。日本が正しい方向に進んでほしいと願わない日はなかった。だから、勝海舟をはじめ、多くの人に手紙を通じて、いろいろと指導する。だが、幕府が西洋諸国の圧力におされて通商条約を結ぶときくと、もう我慢ならなかった。禁令を破って、早速、京都にいる梁川星巌のところに密書を送って、屈辱的な条約は絶対に甘受すべきではなく、そのためには公武融和し、挙国一致で外国にあたる必要がある。だからそのことに奔走してくれるようにと頼むのであった。
手紙を出したのが安政五年一月二十六日。老中堀田正睦が京都で条約の勅許を得ようとしていろいろ画策をはじめた時である。
象山は、その手紙のなかで「アメリカ人の申し立てるところに恐嚇欺瞞が多いから、能くその言葉を理解して、その非をせめ、たとい勢力は均衡せずとも恐れることなく、是非一言は強調しておく必要がある。それは他日許容するとわかっていても、必要なことである。現在、アメリカに応接する役人には、これらの事が少しもわかっていない。ロシアのペートル大帝の様に、広く人を択んで外国に遣わし、その長ずる所の諸術を学ばせ、その形勢事情を探索させ、また、外国の名士を引見して胸襟をひらいて優遇するなどは学ばなくてはならない……」とも書いていた。
だが、京都は頑迷固陋でかたまっていた。象山の弟子橋本左内も藩主松平春嶽の命をうけて京都で活躍中であったがはかばかしくなかった。当の堀田正睦は八千両の大金まで用意して勅許工作をしたが、ついに成功せず、三月二十日には、「三家以下諸大名の意見を求めてあらためて言上せよ」という勅諚を得たに過ぎなかった。
そのため幕府は苦しい立場にたたされることになった。象山は早速、「外国が通商を請うのは天地の公理にもとづくものではなくて、その国の私利を求めてであることは、英国が中国を侵略したことであきらかであることを説き、更めて、日本より、米国に使節を送って、天地の公理にもとづいて、交渉をする」(米使節の折衝案をのべ幕府に上らんとした稿)という意見を出した。その意見はとりあげられないまま、井伊直弼が大老となるにおよんで、条約問題は急転直下解決した。
かねてから横浜の開港を主張していた象山は条約がむすばれたことで一応の望みは達したものの、大老井伊直弼の政策に反対したという理由で、彼の愛弟子である吉田松陰、橋本左内がついに断罪に遭うという悲劇がおこるのである。
万延元年(1860)九月、今は亡き松陰の
一、幕府、諸侯何れの処をか恃むべき
一、神州の恢復は何れの処にか手を下さん
一、丈夫の死所は何れの処が最も当れる
という三質問を運んできた高杉晋作を前にして、象山は何とも答えることはできなかった。象山は、これを弟子松陰がつきつけた課題であり、遺言であると考えたのかもしれない。その後の象山は、この三質問に答えるかのように、大勇猛心をふるいおこして、日本の独立と発展のために、幕府や諸侯を動かしていくのである。

得意絶頂の時代

九年間の長い蟄居生活にも、ようやく終止符をうつときがきた。長州藩主毛利慶親、土佐の山内容堂などがそのために動いたのである。勿論そこには、象山を長州藩や土佐藩にそれぞれ迎えようという思惑があった。
文久二年十一月、長州藩士久坂玄瑞、山県半蔵、土佐藩士中岡慎太郎、原四郎たちがその意を伝えた。だが、あくまで、松代藩を通じて、自らの抱負経綸をのばしていこうと考えていた象山は動く様子もなかった。実際に赦免状が届いたのは文久二年十二月二十九日で、象山が五十二歳の時である。
文久三年一月十日には、
「家老職の家に生まれた者は、馬鹿でも家老職になるというのは悪い制度である。元来、賢者が上にいて、愚衆を指導すればこそ、よい政治ができる。しかるに松代藩の場合は、その器でない愚者が家老職についている。これではよい政治が行なわれる筈がない」(『藩政改革意見書』)と、強く藩政改革を望んだが、勿論それは容れられるわけもなかった。
象山にはまたも楽しまない日々が続いた。日本中は動転しているというのに! そんなところに、京都にいる将軍家茂から、象山に上洛を促してきた。
元治元年(1864)三月二十九日、京都に着いた象山は、早速海陸御備向掛手附御雇という役についた。天下の英傑を以て任ずる象山としては、余りにも微官なのに腹をたてて、一時は松代に帰ろうかと真剣に考えたが、一橋慶喜、山階宮から面会を求められたことでやっと心がおちついた。五月一日には、将軍家茂とも会って、ようやく、象山の心は生き生きとしてきた。ついで山階宮を通して、中川宮に会い、薩摩の島津久光も人をやって、象山の意見を尋ねさせるということもおきている。もともと、名利心の強い象山のこと、全く得意であったに違いない。
象山は元来「学術一致していないと諸侯並びに旗本が要路にあるとき、取捨、選択をあやまって、国家に大きな要毒を流す。学術一致とは東洋の道徳、西洋の文芸をもととして、統一したものを作らなくてはならない」(時事を痛論したる幕府へ上書)という立場にたって、国論を統一することを考えていたが、今や国論を一本にすることは焦眉のことと考えられた。そのためには、攘夷開国とさわいでいる公卿、浪人のいる京都から天皇を彦根城に移して、公武合体の実を挙げ、開国の方針を打出すべきだと考えた。会津藩士でもあり、弟子でもある山本覚馬などと連絡を密にし、山階宮、中川宮、さらに一橋慶喜を説いてまわった。計画は殆んど成るかに見えた。だが、その寸前で、反対派のために、意見のみか、その肉体までも抹殺されるという事態にたたされるのである。こうして象山の望みは崩れ去っていった。それは同時に幕府体制を内部から崩壊させることにも通じていた。「二十歳にして一藩にかかり、三十歳以後日本にかかり、四十歳以後世界にかかる」と豪語していた象山も世界の運命にかかわることもないままに仆れてしまった。幼い時から秀才の誉れをほしいままにしていた象山は秀才らしくその仕事をしていく途中で仆れた。
彼は幕府の老中たる家柄の藩士として生まれたので、その識見、抱負を藩をこえて幕府に採用される立場にあった。それに、藩主幸貫は腎君でもあったので、象山にとっては、なおさら都合がよかった。いくつかの意見は採用されもした。象山は陪臣ではあったが、それなりに幕府体制を支えた最後の巨人であったともいえる。
橋本左内と松平春嶽、西郷隆盛と島洋斉彬のように、象山は英明な君主幸貫の下で活動した。それは掌の中での活動といえる。途中で仆れた左内はともかくとして、隆盛は斉彬の死とともに、徐々に薩摩の枠からはみ出て、反対に薩摩をリードしていく立場にたった。象山にはそれができなかった。象山がそのように育つためには、もっと歴史的経過を必要としたのかもしれないが、要するに出来なかったのである。老中になるような家柄に生まれた環境のせいでもあろうか。
まして弟子松陰のように、藩を離れ、幕府を克服することは出来なかった。最後まで幕藩体制内に終始して、その中で、西洋の諸科学をとりいれて、体制内部の質的変貌をはかることしかできなかった。それは、思想としての西洋の学問、哲学としての西洋の学問に眼を開くことのなかった象山の限界でもある。だが、なぜに、あれほど東洋の道徳に執着したのであろうか。
しかし、いずれにせよ、象山が体制内にあって、歴史を推し進めた偉丈夫であることには間違いがない。歴史の進歩と発展を信じて、それに通ずる道を一歩一歩歩んだとだけはいえよう。

<雑誌掲載文(1)目次>


「一つの暴言」

今から十数年前、私が山口県のある高校で教鞭をとっていたときのことである。私はKという同僚と、生徒の指導をめぐって議論をしたことがある。その内容は今はもう忘れてしまったがまた忘れてしまうほどたわいないものにすぎなかったと思われるが、Kも私もその時はひどく真剣であった。
とうとう、私は、「そんな指導ができないくらいなら、教師をやめてしまったらいいんだ」と怒鳴る始末。はては、「君は教育者としては失格者だ」とまでいいきった。Kとしても、それにはがまんならなかったとみえて、「なに」と顔色を変えて、一時は私にせまるかに見えたが、結局議論をやめて机に坐ったまま頭をかかえこんでしまった。私達の議論は他の教師が仲介に入ることもできない程に熱っぽかったために、私とKとが大喧嘩をしたと学校中に評判になるほどであった。
当時の私としては、Kにむかってひどいことをいったとは少しも考えていなかった。それどころか、教育に情熱をわかさない人は教師をやめていけばよいと本当に思っていた。だが、いくらそのように考えていたとしても、面とむかって、そのようなことがいえるわけがない。むしろ、Kにむかって、そういう暴言をいわせたのは、Kを信頼していたし、Kならば、そのことをやってくれるという期持があった。Kへの信頼がそういう暴言になっていたのだ。
が、まもなく、Kは学校をやめて、税務署につとめた。学校をやめるとき「教育は生命がけの仕事だということを知りました。私にはつとまらないからやめます」と挨拶されたとき、「この卑怯者」という言葉を私はやっとのみこんだぐらいである。「Kはやめるしかない。やめればいいんだ」とその時は真剣に思ったものである。
あれからもう十数年になる。今思うと、Kという人間は教師として非常に有能で誠実な男であった。Kのような人間は教師としては珍しく責任感のある意欲的な男であったと思う。Kのような人間は教育界にはますます少くなっている。
私の若気というか、私の暴言がとうとう、此の誠実で有能な教師を教育界から去らせてしまった。誠に惜しい気がする。同時に、言葉というものの恐しさをしみじみと思う。決して、自分が思うようには相手に理解してもらえないと思うと、よくよく注意して言葉は使わなくてはならない。

<雑誌掲載文(1)目次>


「現代における教師のありかた」

責任感と誠実の内容

「総合教育技術」の十月号に、坂元昂、太田奈々子両氏による「日本の教師の人間像」という非常に興味のある調査レポートが報告されている。それによると、教師が、自分の性格を批判した場合、中国・四国地方の教師も北海道・九州の教師も一様に、責任感と誠実を高く評価しているということである。
教師が子どもたちに要求したものも、また責任感と誠実が一様に上位に位置している。かれらがいかに、責任感と誠実を高く評価しているかということがよくわかる。しかし、このように責任感と誠実を高く評価した教師が、政党支持ということになると、中国・四国の教師たちが、社会党よりも自民党を多く支持しているのに対して、北海道・九州の教師たちは、圧倒的に社会党を支持している。自民党支持者はわずかに、五%以下という比率である。
坂元・太田両氏は、このように報告したあと、ここから、「自民党支持の多い中国・四国地方と社会党支持の圧倒的に多い北海道・九州地方の間に、『教師の現実像』『子どもの理想像』の差が見られないことである。
保守・革新にかかわらず、これらが一致しているということは、広く、学校教育にたずさわっている教師の意見を参考にすれば、『期待される人間像』についての全国的な統一見解を作りだす可能性のあることを思わせるものである。」との結論をひきだしている。
たしかに、坂元・太田両氏の意見はまことにもっともらしく見える。そのような結論をひきだしうるように見える。
だが、果たしてそう結論してよいのだろうか。ここには、一番大事なもの、最も本質的なものが見落とされているのではないか。本論では、板元・太田両氏を批判するのが目的ではない。ただ本誌の読者と「総合教育技術」の読者が非常に重複していると思われるので、この報告を借りてきたままである。
では、私たちは、この調査から、どんな結論をひきだし、どんなことを学ぶべきであろうか。率直にいって私は、この報告を読んだとき、身ぶるいを感じないではいられなかった。真底、ゾッとしたというほうがあたっていよう。戦後二十年、日本の教師たちは、戦前の教育を、一体どこで、どれだけのりこえたのであろうかと思わないでいれなかった。
かつて、戦前の教師たちは、さかんに、子どもたちにむかって、「立派な人になれ」、「一生懸命勉強せよ」と叱咤激励をしたものである。しかし、何が立派であるのか、何を一生懸命勉強するのかということは、ついに教えなかった。そこから、教育は、さいげんもなく、堕落していくしかなかった。支配者の命令のままに動き、支配者の命令に忠実な人間をたくさん作るしかなかったのである。
この報告からは、これと同じものを見るのである。責任感といい、誠実といっても、自民党の支持者と社会党の支持者では、まったく違うといってもいいすぎではない。
責任感や誠実の内容を具体的にあきらかにすることもないままに、それを抽象的にぼかしたままであるということは、本当に恐ろしいことである。
責任感といい、誠実といっても、何に対して責任感をもつのか、だれに誠実であるのかと考えてきたら、きりがない。だが、そのことが最もたいせつなのである。
何に対して責任感をもつかによって自分自身には不誠実になることもあるし、自分自身に対して誠実であろうとすれば、ある事には、無責任にならざるを得ない場合だってある。責任感と誠実の関係は、けっしてそんなに単純なものでもないし、必ずしも、併存する徳目でもないのである。それを、抽象的にみているかぎり、併存する徳目となってしまう。 誤解されることを恐れないでいえば、責任感と誠実を自己評価した日本の教師ほど、無責任で、不誠実な人たちはいないともいえる。責任感や誠実をあきらかにしないでいられるということは、まったくおめでたい人たちであるともいえよう。
もちろん、坂元・太田両氏がどんな調査方法をしたかということが問題といえば問題だが、たとえ、そうだとしても、無批判的に、このような調査に応じた責任だけはまぬがれまい。
それも、教師が自己評価した中に、どこにも、自主性・主体性ということはでてこないし、子どもたちに身につけてほしい態度の中にも、ついに見あたらないのである。
自主性・主体性のないところに、どんな責任感や誠実があるというのであろうか。自分自身のないところに生まれる責任感は、他人に求められる責任感であり、支配者に忠実という誠実さにもなりかねない。
戦後の教育は、なによりも、自主性や主体性を強調する教育であったはずである。責任感や誠実は、戦前に最も強く要求されたもの、ただ、自主性・主体性のない責任感であり、誠実であったために、ゆがみにゆがんだものとなるしかなかったのである。
私が、この報告をみて、身ぶるいを禁じえなかったということは理解していただけたと思う。日本の教師たちは、それこそ、真剣に、何に対して責任感をもつのか、何に対して誠実であろうとするのか、それをまず自分自身あきらかにする必要がある。自分があきらかでないのに、子どもたちに教えることはできない。
たとえば、時代や歴史に対して、責任をとろうとするなら、いかなる時代、どんな歴史に対して責任をとるのかをまずあきらかにしなくてなるまい。そこから、自民党や社会党に支持がわかれるとしても、それを本当に、自主的に自分で考え、研究して結論を出したかというと、非常にあやしくなる。なぜならば、自主性・主体性を重んじない人たちだからである。
それに、全国を平均すると、三〇%以上の教師たちが支持政党なし(坂元・太田氏の報告) といっている。これは相対的な進歩をおしすすめる立場にたつ民主主義を否定する立場でさえある。歴史に人類に無責任な立場である。こういう人たちが教師の中の三〇%以上をしめて、子どもたちを教える立場にあるということは、これまた、本当に恐ろしいことである。
自分で考えない教師が、考えることをやめている教師が多すぎる。もしかすると、自分で考える能力すらない教師が多すぎるのかもしれない。これでは、教育のなんたるかを解し、そのために全精力を注入している人たちが大変である。まして、かれらと同一視され、同じサラり−をもらっていては救われまい。真の教師は、真の教師になろうとする者は、結束して、自分で考えようとしない堕落した教師、責任感や誠実をお題目のように唱えて、その実、まったく無責任で不誠実な教師を、教育界から、放逐するような運動をおこすべきである。教師の不足によって、文部省や各県の教育委員会の心胆を寒からしめてやる必要がある。
要するに、丹頂鶴といわれる日教組の上層部が、たくさんの教師たちとは無関係のところで、ワイワイいっているにすぎない。自然、教師たちの現実と遊離する。教育界はどうみても、ぬるま湯のような存在である。眠っている。受験・受験で、血道をあげているのが、眠っている証拠である。そんなものは、教育ではない。

教師は専門家である

こんなことを書いていくと、私が、昔のような聖職者を自覚した教師だけを求めているかのように思われるかもしれないが、私は少しもそんなものを求めていない。そんな者には憎悪を感ずるだけてある。教師は聖職者でなければならないとしたところに、偽善者を生みだした。
私は、かって、戦争中、軍隊にいるとき、教師と坊主と巡査ほど、偽善者はいないと感じたものである。柄にもなく、聖職面をしなくてならないところに、自然にそうなっていくしかなかったのであろう。戦後、教師は、教師であると同時に人間である、教師も労働者であるという考え方が一般化した。そして、教師は、聖職者であるという意識から、重圧から解放されて身軽になった。その点では、教師ほどに、解放されたものはいないといっていいかもしれない。巡査が制服にしばられているときに、制服もないままに、本当に人間に復権した。
だが、教師は聖職者をやめてサラリ−マンとなり、労働者となったが、肝じんなサラリーマン精神、労働者精神というものを、身につけないままに終わっているように思えてならない。サラリーマンや労働者が備え持っている、ものを生産する意欲、ものを生産する喜び、ものそのものに対する愛着を身につけないままに終わっているという感じがする。まして、労働者やサラリーマンの中の専門家ともなれば、それはもっと厳しくなる。自分自身に対しても、大変厳しいものである。そこには、全精力こめた工夫があるし、創造がある。そして、教師もまた、専門家にはいる。
教師が、自分たちを労働者やサラリーマンと自覚したからといって少しも不思議ではない。教師は労働者であり、サラり−マンだというのをきいて、めくじらをたてている文部省もそれに同調する親たちも、労働者やサラリーマンの、ものを生産する真摯な姿勢や意欲について無智であるといわねばならず、労働者やサラリ−マンをこれほど軽蔑したいいかたはない。
自らの仕事を愛さない例外的な労働者・サラリーマンがいるからといって、すべての労働者・サラリーマンを冒とくすることは許されない。こんなに軽蔑されて黙っている労働者やサラリーマンの態度も不思議といえば不思議だが、文部省的考え方に同調する労働者やサラリーマンがいることは、どうも理解に苦しむ。
もちろん、教師は生きた人間を相手としている事情から、やりかえしはきかない。だからといって、医者ほどにやりかえしのきかない職業でもない。不注意な、心なき教師の一言で、一生を左右されるほどの影響をうける子どもたちもなかにはあるが、そういう例は、めったにない。教育とは、長い時間をかけて、地味に、こつこつとやるものである。息のながい、根気のいる仕事である。
それに、小学生の発達段階が、中学生には中学生の、高校生には高校生の発達段階がある。しかし、それは千差万別である。五十人の子どもは、みんな違っている。趣味・趣向もみな違っている。考え方も性格も違う。今年の経験が来年やくに立つということは、決していえないところに、子どもの教育のむずかしさがある。
子どものことがなんとかわかるには、十年の勉強と経験がいるということもいわれている。勉強しないで、経験をくりかえしているだけでは、永遠に子どものことはわからないともいえる。また、勉強しているからといっても、非能率的非効果的な勉強をしているのでは、子どもがわかるということはいえない。
子どもたちひとりひとりを理解するためには、その親たちを知る必要もある。親たちをとりまく、利害関係も知らなくてはならない。さらに、村や町の伝統さえ、ときには、知る必要がある。子どもは、結局、歴史的社会的存在であるからである。
そういう意味で、子どもたちの教育には、教育ということでは、大学の教師の教育に数倍する困難さがある。大学教師には、必要とされない知識、それも本に書かれた知識でなく、実地にあたって有効に活用されるような専門的知識が必要である。
小学校教師には小学教師の、中学教師には中学教師の専門的知識が必要である。それは、文字通り、専門的知識である。しかも、専門的知識ということにおいて、もういいということはない。きわめればきわめる程に、底知れないのが専門的知識である。しかも、先述したように、知っていればよいという専門的知識ではない。ときには、その専門的知識ゆえに、子どもの指導を誤り、子どもをだめにする恐れさえないとはいえない。
本当に、教師という仕事は、恐ろしい職業である。しかも、これほど、恐ろしい職業でありながら、極端にいえば、まったく、無智であっても、ごまかしてすごせるのが教育という仕事でもある。
教課では、うすっペらな知識があればなんとかごまかすことができる。うすっペらな知識では、大学教育はできないから、大学教師という職業を、一般に重視するのかしれないが、専門家という点では、大学教師も小学教師も中学教師もかわらない。
学生に対する責任感という点では、大学教師は、中学教師と比較にならない程、軽いといってもいい。これほど、責仕の重い、専門的知識を必要とする小学教師・中学教師を軽視するということは、問題である。
結局、教師が教師自身の地位をたかめるためには、そして、その能力を最大限に発揮するためには、自分で、自分を社会を世界を考えぬくこと以外にない。教師が自分たちを責任感があり、誠実であると甘い見方をしているかぎり、永遠に、教師たちには救いがないということがいえよう。なによりもまず、自分に厳しくあることである。

<雑誌掲載文(1)目次>


「現代青年の現実と方向」

現代には目標がないという青年を怒る

最近出た二つの本の一節に、次のような言葉が書かれている。その一つは、同志社大学生協出版部から出た「ある私学」という本の中の一節、「なぜか空虚で無秩序な生活。これが戦後二十年たった日本の若者の生活の実態である。すべてがそうであるとは言いきれないが、しかしあののしかかるような受験苦と、ほぼ完成されつくした日本の経済、そのなかで我々にはどれだけの可能性が残されているのだろうか。我々には、このあり余る情熱とエネルギーを無限の期待のうちにささげるべき目標がない。また、命をかけ、みずからの血をみずからのために流し、人間性にめざめた共存を喜びあうものがない。我々は孤独であり、我々の要求はますます複雑な形を呈していく。たとえ強制でもいい、命令でもいい、我々の情熱と欲求を受けとめてくれる目標さえ与えてくれれば。大人たちは戦争を恐れ、死をきらう。しかし我々にしてみれば、この不不信感にさいなまれ、虚偽にみちみちた空虚な生活ほどたえられず、恐しいものはないのだ。……愛も信頼もない孤独な時代に生きるより、たとえ死んでもいい、一まつの希望のある人生を送りたい。」
今一つは、合同出版社から、「若い世代の問題」と題して、翻訳された本の中の一節、
「大人たちにおれは質問したい。……あんたらはおれたちの模範になれないし、それに、あんたらの世界はおれたちには気にくわない。おれたちはあんたらみたいにはなりたくない。おれたちは、なにやら秘密めいた機械の部品になり、運転されるのはごめんだ。おれたちは生きたい、おれたちは世界を生身で味わいたいのだ。……おれたちは、なにもあんたらにたてつこうてんじゃない。ただ、あんたらが、しょっちゅうおれたちを監督したり、お説教したりしなきゃ、それでいいんだ。そんなものよりも、おれたちに、なにかおれたちが信じられるような使命を与えてくれ。おれたちが納得でき、おれたちに属している使命を。
あんたらは、おれたちを自由に成長させ、それから、学校では、おれたちを民主主義者になるように教育しようとした。そして、あたかも自由が目標であるかのように振る舞っている。おれたちは今では、自由なんてがらんとした空虚なものにしか感じられん。」
である。
日本とヨーロッパの青年の言葉であるが、奇妙なほどに共通している。青年たらは、一様に大人たちへ不信を語り、今日の平和ムードにあきあきしている。日本の青年からは、大人たちは、真に平和を欲していまいという言葉がきかれそうだし、ヨーロッパの青年からは、大人たちは民主主義を少しも信じていないのではないかという言葉が飛び出してきそうである。要するに、東西の青年の大多数は、大人を信ずることもできず、さればといって、受験地獄の中で、同年輩の若者を信ずることができず、だからといって、会社員となって出世することに、あり余る青年の情熱とエネルギーを捧げることには満足できないでいる。夢を追い、理想を追求するのが、青年の特徴であるから、それもむりはない。立身出世もしたくないことはないが、夢というには、あまりにちっぽけで、それだけでは満足できない。それが青年というものである。だからこそ、ここに書いているように、日本の青年も、ヨーロッパの青年も、生命をかけて追求するような目標をしめしてほしい、自分たちが信じ納得できるように使命を与えてくれと痛切に叫ぷのである。充実した人生を求めて、絶叫するのである。
しかし、私は、こういう言葉をきいていると、ゾッとすル。ゾッとせずにはいられない。彼等の欲求は無理はないと思いつつも、私は、これらの言葉をきくと哀しくなる。バカヤロウと叫びたくなる。あまえるなとどなりたくなる。奴隷めがと激怒したくなる。

与えられた目標や使命は動物のもの

日本の青年はいう。「大人たちは戦争をおそれ、死をきらう」と。そして、「強制でもいい、命令でもいい、我々の情熱と欲求を受けとめてくれる目標さえ与えてくれれば」ともいう。たしかに、日本の青年のいうように、大人たちは戦争をおそれ、死をきらっているかもしれない。しかし、それは戦争の中で、無残にも死んでいくしかなかった生命を親しくみてきた故に、戦争をおそれ、死をきらうのである。勇敢な死というものに共鳴していた青年も、自分自身が死という事実に追いつめられたとき、一様に生を欲するということを知悉した者故に、戦争をおそれるのである。
まして、戦争中、大人たちが唱えていた戦争理論を無条件に信じ、疑うことなく、勇敢に戦争行為に参加し、戦死していった戦中派の生は、本当にすばらしく、充実していたのであろうか。帝国主義の国、米、英、仏の侵略主義と戦うという理由は、十分な名目であっても、中国を始め、東南アジア諸国を侵略しようとした日本の意図は、これを否定することはできない。
だが、戦中派の一部を除いて、殆んどの戦中派は、この事実を知ることはできなかった。当時のマス・コミの中で、完全に盲にされていたものである。今日の青年のいうように命令を与えられ、その命令を実現するために生命を賭け、生命を投げだしたのである。生命を賭けた生活が充実し、昂揚せぬはずはない。たしかに、充実し、昂揚した。充実し、昂揚したが、それは、愚かな侵略行為のために充実したにすぎないし、時の支配者を満足させるために昂揚したにすぎぬ。
ここには、奴隷の充実や昂揚はあっても、一個の独立し、自立した人間の充実や昂揚は全くないといっていい。今日の青年は、日本は勿論ヨーロッパでも、一個の独立し、自立した人間の充実し昂揚した人生でなく、奴隷の人生を求めているのであろうか。たしかに、自分自身で、自分の目標や使命を発見することは、見極めることは非常に困難かもしれないが、そういう困難な努力をしないで、大人たちは信用できないと言いつつ、その大人に目標や使命を示せという。自己矛盾も甚だしい上に、人間としての人生として本当に充実し、昂揚したものが何であるかも知ろうとしていない。それこそ、自分自身で、自分の目標や使命を発見する作業にとりかかり、その実現にむかって行動するということがいかに充実し、昂揚した人生てあるかを全く知ろうとしない。そういう作業にとりくむことが、いかに勇気が、忍耐が、知能が必要であるかを知ろうとしない。それ故にすばらしいということを知ろうとしない。
与えられた目標や使命に生きるところから生まれる充実と昂揚は充実と昂揚はあっても、それは人間のそれではない。せいぜい、動物のそれでしかない。

自分で模索した目標に生命を賭けよ

今日、盛んに明治維新とか、明治百年とか言われているが、その是非はともかく、明治維新が、古い日本というか、封建体制をうちたおして、新しい日本を作り、それによってヨーロッパ諸国の帝国主義的侵略を防いだことは、どんなに評価しても評価しすぎることはない。それまでの日本は、厳しい階級制度の下にがんじがらめになっていて、能力のある者も、生まれた環境によってその一生をしばられ、能力無き者も、生まれさえよければ、支配者、指導者になれるような世の中であったことは、皆さんもよく承知している通りである。
農民は、大名の奴隷であるばかりでなく、土地の奴隷でさえあった。全く悲惨というしかない、明治維新は、不完全ではあったが、農民をそういう状態から解放した。町人や職人を解放したばかりか、武士をも解放した。武士は一見農民・町人・職人の上に位する地位にあるようにみえて、その実は、一にぎりの武士が支配者、指導の地位にあっただけで、多くの武士は逆に武士階級の階層制にがんじがらめとなり、悲惨な生活を送っていたということができる。
明治維新は、それをうちこわしたのである。しかも、それをうちこわしたのは、十七・八才から、二十七・八才の青年を中心とする人達である。始めは、ほとんど不可能にみえたほどに強固な封建体制をうちこわしたのである。彼等は、新しい社会という目標を手さぐりしながら発見し、その目標の実現のために、文字通り、充実し、昂揚した人生であったに違いない。
その間、彼等は、今日の青年の如く、大人を信ずることができなかった。だか、今日の青年のように、信じられぬ大人にむかって、目標と使命をしめしてくれとはいわなかった。彼等は、自分達自身で、目標を模索し、模索した目標を達成するために、情熱とエネルギーを投入しただけでなく、その生命をも捧げたのである。その生は、自立し、独立した人間のそれであったということができる。自分達で発見した目標であるからこそ、青年は喜んで死ぬこともできたのである。誇らかに死ぬこともできたのである。
与えられた使命や目標の前に、人生が充実し、昂揚すると思うのは錯覚である。それは生命を代償にするところから、必然に生まれる充実と昂揚である。唯一の生命を失うところから生まれる充実と昂揚である。。そこには喜ぴも誇りもない。もし、喜びや髀[実オわるもшwこれほvニと考bアろっているコか空虚でじ¥、噺活氏A今は迷地にあたなくてれ、死n眄めち的なフ実態錘mが支配゚を実窟教師bどの戦ヘロ驕B遇理にもとvスを首ど「うしあった≠髀[雑ネヮメmェ気ルぼ完成なっつはいb黶A死lo済うに振b、と♂蓚時柁いっ
小とがなが残R> 子どもたちラ強をして我骼梠ニめ出た二ッで余@くればニエネルギー、正撃゚るろにフられ梠ニウニウニー烽スラきゥら、必然b轤オいと>「現ゥB取歎揚るかl乞熱とるかuェ達自流示ぬ。<牲た≡ざ無暑、隊、らうッA死をuK然b迚蓚時ヘ孤独という理我骼槊人間製のものに複雑[実`かよAその専貌たちニえ強制ナきるキるのノするきるキるの我骼槊ュればニ欲間栓受rmし゚A教師は←ら、l・与た者の眼N悉なに自分に厳とのいるか逅カても∫がでvスを脂蓚時柁そのに通ぜず我々s不信たにッではネマ、wァu偽ネい。ソ「。ソ「ス空虚A噺活B教師の実をあクノあっ中、大人にして、セ。">≠烽烽る△。今孤独なりたにト到底世かに⊃ちニえカん驍ォるキるの鞍ヨ℃クj望んとか人も、「くもかなんでいく今ヘ喜ぴも訣同。日孟「る仕事で眄け「速再。日をこq濶Eされ|訳>

当ニと考bアろっbアえたbノ自分に撃閧ナP> 詐氏し烽ゥなん">≠ニん生活は閧ナP>本を模範I知識bネぜか空Aそういbニん生活のした模閧ナP>本した占でく中学教でbナP>本はとん生活みX・コノlにし韃多数w教でbナP>本は限の期鯛らぞ茫゚蜷lk@械艨X舶ibト、中翠^転トほしい態ヘ焉A゚トひどbでP>本はノすぎb驍フbナP>本はノオた目生むでしus足スオて、セ。">≠でP>本は限の期隊とん生活せる事ついいてた機眼aB親たちいbニん生活もとvス蟄てソゅいbナP>本を監督し烽ゥに⊃ィ説教し烽ゥbュむきゃ∴黶A神州メをやめb「、理想を追メのうち閧ナP>本し限の期束閧ナP>本がすぎらっていて、使>「圏^た者の眼ヌbでP>本が納刀vとォち閧ナP>本し属には、奴揚>「撃スが、肝じ生活はち閧ナP>本を自由A太湯キvうと、サカんなΓ年の祁は、そでP>本をが、しょ本の吹Bなぜなノオ・八させるとい驕Bあまえるせを一歩自由Aェゥら、日本といトいる事酋黷ト曹ノもあんたbナP>本は今アろからゥ由A。しタ窟汲高く評焔虚A謔チて、命b「う守っんネんでいくフ青年のように黶A死ニヨーロッパののは錯侃立場なく、奴奇鱒背粁充実論は他の教>ツスなく轤ナは、に唐ノ自分に誇不信ニがゥにチた。フ平和ムまず識があがあシの教>「現ゥB獅トど間盛ノは「て、ゥら、ノ、なqに使節をは、本当にがすぎ納刀vとォ、それは身>「圏^た者の眼幕府体制叫ぷをnmが支拍[でしャぬ≠焉A書いてい≫叫盛ノは満か、封建体制vスを示では、大学、カまぢと昂トも、中らに一橋「知識、キル。「知識、男でノw教師には、間の゙sは蒲~間析無理ナは、西洋通「つつ書』)k獅轤ケてしぢと昂トもュるぅをおそれるバカヤロウと叫績フ郷数w去x配ケまノヲゥら、もおし韃多数w>「ヘ動ヒ主庶をV揚である。要っていツスな体ま復権に自分に厳とのいbナサか逅カても∫がbアaBあまえる「強制ナきるキるのノするきるキるの我骼槊ュればニ欲間栓受rmし゚A教師は←ら、l・与た者の眼N悉Wれ故にうeたち強しなWっていツスなノ! bニにもっと自分に厳とのいbナサか逅カても∫bス松陰と同オた。そして*スを示せというニのっている無残R隊カん驍ォノはいられない。カ>「倹eをおみない。撃驍謔とのいbナサか逅カても∫がヘ満か、封圏E敢、死砂れ、死をぢ論鳴ホ。大人bフは妻いのである↑死砂れ、事仕のどるセ」 A獅中焉A竚ウ・太当仕3> 手紙を書S国的な統一見奄「が、マス・コミっている山は庫盲にッでノかかり死をnmが支斑た。フ「ツスなノ! bニにもノする与た獅b、に振ノする実現、自分達自カ>「兼qB取秩カ>「兼竿ー烽で、ほど、恐ろカ>「兼qB氏Bカ活Bェ充でしノチV揚A男ハかけ≠驕B親たち「るとい[でしノチV揚Aの教師[でしノチV揚Aの騎>

かっられワた錐s為b分達自充でしャvの中で、汝示でェ、獅「るの満足ヒネ責任巻達自チV揚Aの騎の中でハいう仕事はていた迅z隷の充でやチV揚Aヘミめとなり∴鼬ツ論をひけを必ひけャぬ。「博qど、お「い、家老極と使魔「、たいにこと7地の公理にもとをうちたことな努なかくむことがと自分に厳M用ヒの青年をニロ驕ツつうに振と自碧ゥら、竦g>「示責犯にうenu社矛盾国S烽で「たちヲぬ。<こういう吹もアうい「から》[でしノチV揚Aの騎をu何「日本とい賭けうことでは共年れ方にかノなれのである仝を模索のゥら、竦g>「博qど、お作業ヤるい閧モ任感はいる。現ッである。1>「ノト到底世る作業オた″マ、そU[でとチV揚Aヘt[でとチV揚Aヘ轤゚となり、というナの活刀A神州の年れ方重んコるの動ヒ主庶、神州 だが、教年は喜んで氏A目標模索Aの叫ら、ゥカ>「兼qB獅觀揚である。唯。と社情を痛明治維嵩}よゥ驕<セ治百は砂かロΖいう作業]価した中
史に対しる<セ治維嵩}る証テフ命輸死ニbってu阜壞任感b轤龠スゃなめらV唐ノ「、か。<どもトも、ぬるゥらはヨーロッパずとも矩国しょ的ワた責烽い烽キぎないしÅ賭け黷オむ。 usとがス工ンきた粁充実亊窟い封建モ任感b轤龠アしbら、象山に称゙sはヘらV唐ノ「、模高黷ルvら、ノ手メ完ゥbュむA汲博qど謔、に振魔轣A驕B現ッ自主性・殊るような腎[でしノチV揚Aの巨≠焉、ある事には、無責任になのでぶ、に不はヘらチた。フ「ツスなノ如ニきにノ自平すずことを盾轣A自民党や社越ニ立らチた。フ「ツスなノとにもっすぎらっぬと自碧ナある。しvら、ニ身>「、なqに捨眼幕ネ体わゥ民党や社暇不はヘら、目達ある仝を魔轣Aノ模索Ab模索Aの叫ら、達かっ任巻達自ネ腎ればニエネルギー、投れたか山階宮bヘ生命がaカ>「現熾ニー瓏、京都に着いnも≠ネuKひけいノニひけャぬ。「笆ら、驍スめヲぬ≠焉ェ充でしノチV揚Aこれを弟前の錯覚z者、指導者にaカ>「倦繽榻なんとる作業オた評価ル。″マ、そU[でとチV揚Aか、封圏B一ェaカ>「月ク、こと作業オた″マ、そU[でとチV揚Aラ強と経件・えていjbフネ誇題い。今日|をもらう竚ヨ題bゥるようンきた兇し、それに、とは、「るb必要とするらうニ誇題bゥるよbノは、盾魔フ中で、縄方にかmV中焉A酒与えb獅焉残されて_州て誠蕊者と∵うにャ獅あhびフ人達Aクる道のとのい東亜諸民族のB 「驕B現ッでヘ部から出た「らうニ誇題はナ、汝示つ、U[でとチV揚Aフそれであったとb、な言ち「る椏sに着いnBだか昂中焉A肢齠ニ立が最もG言}ス・コオらチた。フ「ツスなニでもな教師も労涜盲の驍「閧ア、充実し、bゥって、してみそのよでノw教師には、間tNは喜んで漆くのケまノくればニエネルギー、から裳V揚である。唯。とBフ「ツスなろをたてて虚無だこれほu恁孤独といるこれほu愎ち「るといチた。フ平和ムまず享゚ると髢{の青たGネヰ受動ノない、rmし゚ABたとえ強制で本の青た教師も労たということがでbゥ′o済がmらているニ平行まえるほぼ完成なった兇ラ強しv{の青た教殊自流P>

<カネることヘいられい兇ラ強しと同オた。そして「るからといっも、非能ソラ強をして百数十万Bフ「ツスなろm。昂〓自呆驍ニ思ト選挙権トいる』斑は妻百数十万Bフ「lが選挙権トいるヽオら黷アそヘ黷アそ{かI挙権トいる謚妙なほ「ツスなェ多数「愛さない浴Aそでメか山鰍セけ搬で与えてくこわしたbネい浴Ai一呆tたちュ居生活とで余@b狽椏sに着けで余@くればニエネルギー℃mが支斑た。フ「ツスrBAクる峠槊ュれb體サ槊エネルギー、から裳に、垂ヤるいを緩生きるところオいことである。知識pU明治維嵩}なpl七・八才ニいにあnオ・八才ニフ「ツスなフ赦、つ争中ス実で与えてくヘ先に薩儲フ騎>

ノ関連なめら「振と自達Aクることはと真剣に栽自民悼唐ノ「ゥった「はと真剣に告士をし「ったコ村塾喜び、の見ゥ。日本といトいる事黷ルu愎轤ニいノ不はヘら・えてjwん驍ォノbのは根十五・六才ニいにあh黶E二才ニヘ9の要狭ぎbセが、いY配゚ぐス歯ラ強こうれらの言領要狭ぎb知ッうことで年れ附。アろ「ッとら「で、大人いいつつ*レ標のも℃cさ>ツスrBAク学びむA汲実践けを並践けむA汲学ん鮴Aほど、恐ろツスrBAクリテフォカ¥≠ネっていをV唐ノォカ¥≠模索Aの汲髞、がB現ッ自主性・氏カ>「兼竿ー烽で⊃hハにあと∵った。煖ウ師も労「ツスな体N識を数ノないヘ増加漆実で与えてくNTER>「剣ニー烽ゥら、必そ、真剣B。とBフ「ツスなノ髏l間烽トいとbっころオいことで空虚と孤独いられい兇bっころオいことで年は喜んで獅「うこP>

し、蔀ている労働者してスネい浴Aそオ、蔀ている會おしjほどたB清き一[、行使Aこれw、そオ、蔀ておしてあほどたB清き一[、行使Aこれェ達自身で「ツスなろで味わフにくb慶喜ど求するような目う例は、BR> 明、BR民社、BRおれたはう産。わフにくbえ苓いオられmXでく中慣ニRけC巻達自ネ錘走{しょうx@しょbィれしょb、産しょb除いわれているが、「こnヲせとい隷でばネ錘走{しょやう産しょb\力をノ一擢でそれであったとbノ惜しい気ア「と自達Aどれだところрヘ、つスrBある仝模索Aんとかごたちが唱えていた遂楓ウもど求する孤独もてい着けbッを追求xA帯℃cされvら、ノ模索AキサU[でし。カ活Bェけbッァのある豪ニを、一溌自式つた教師も労「なか動といえbヘ、永ヘ世チャンスある豪ニで、総Z出も「つooも標のも≒一緒の吹Bチて唯一ェc`ャンスある豪ニb轤ナ、総Zおれた仲B<こういBR>ュのケbオc`ャンスある豪ニで、総Zやようおれて働、中らに者達ニいb「。の職場nBだかく中慣ニuキの内容は標のも∀いうの吹Bなオ「で、曹黷フ「ツスなニコミュニケイショ実しがあれい区師bヘ鮪タを知るフ本の。しタ夢「トいる芝G載文(1)目ナ、曹黷フ「ツスなヘ目標のも←A「若い思っjwん驍を模索の理。の向ちに∝主義を否亭A支配者、~求はじがでそれ理。お観念ノないオゃ儲フ髟WのもÅ「なみ年のにjほど烽焉A生まれた環境a中焉A拶今瞳たb銜与えs曹スッをノよっaナ論「ツスなニ一緒の兵隊噺活B実をの武士は凶えてナ秦の国コミュニケイショ実をが多は、一様に曹「ればよい自主性・拶今瞳た烽フよらず大衆ス烽フよらaA必要とさ後革命↑挫惜、解スキると、♀エという点bオも、浮フよゥに、日僕生であっ過B」とで、完全に盲アにはィしては昂〓自式つ自民悼唐ノ「チャンスい。
bカがらも←Aャるこaするような目う痰「世ノ慮がらjほたえられbヘ、おrヌ糾F狽ヘ≠る仝そ、青年は喜んで死ぬこともできたのである。誇らかに死ぬこともできたのである。
与えられた使命や目標の前アろに、子o翌オ、像揚するとアろに、子o翌オ、像それは生命を代償にす 1 女し、錯覚状V揚である。絡曹侵略、にみえてワえる女がな天分・被なb轤ネい%Kノ生きるとは、このようo落q師尿教師の設立まるょ政ょ臣で噛議オbら、ェA教セ治七で、どゥ王E九州b、ことにかということwbヘ告クなs結梵_田自ネ腎翌オ、養成の教師が設立なった。あまえるウセ治十五は告クなだ。おノ驕Bv釘「Kv悚フュ濫hの生は髏l達である。始ネい。

「していとbkC持でも働齧ゥ臥生まれwa気ュフ吹Bチそしきもないし博ニ自浮рヘ、妻イたちn翌烽フAャ竄活゙ないが、そア自ネ錘がくができなkC持でも

を模索のbェくろセけ没入実に追没入獅したbネい略男吹uニス翌ェなノは、セ僕生であしまノヲゥホそとヨナ仞もな教師も労ノは、ろ\jがとス翌ェなbェくフ量と質まるょもュアで、ノ着あA質た状態とbってw[発窒ナサp背>ヨナちbェくわ、お「い、家一学期校生の窓ス数w教陀し、それに、したばか゚てキ振目ニタ浴Aく濫hのb驕B「でく弔bオてh象げるスナ、ノ着勤務評蔦な、ル。悪を栃ト行動するセす可、そオ、獅鞨吹B轤、「タoでなる。奴隷めたというこれたvスを示m曹フ帝ュ吹l|学部・セから青年ノ入の挺きXも≠ネそオ∩齬lにんたらみュ落qヘ信用に書かpャ績いうU解放A戦前の閨男子ヘ信用ヘu若い思っb鼕wツ年ノな出jほどBR> 今一く落qヘ信用pi学どに共≠芸学部・セから青年ノ集りjlX向ノ目標というか、封建体制としない。

スめには、疾かsIであゥかるような受スと

ネお「い、家似ものA昂漆。武士し、蔀てふbゥれるトは、一様
もちろん、教
しqを侵稜れたちとアろに、子|マンをこ牾そ餝>A昂思考なは判断な・分析なかト、ェの唐ヲ与えてくれるといれな文。書tの教゙としない。 し感情b閧ナレnqどもたちひR> し教師も労bニ作業オたネろをころに、子|マンと」ニ¢私流ネの教ン¢私流ネi釈示Fたちを知大人に゚、「なぜレ完成されつたといヨ閧ゥえしa済、その希沫出してきn翌烽フはスよネとえ強がノニひけを必ひけャbノ人歴持つ「い、一まつの希魔ノ、とは女繧ノ、ァが最もすュアヵネhヒ存くもスbる依存くもA盛んに暴jがや博ニ自碧依存すサUKがb[実さb、に専A三〇%以上の教ウ組の上層浮「うか、封兼サ槊ュKがnO〇%以上の教取・コヨのbゥ、封兼・コヨのbゥ、紐>

bヲ苓フ教ー「っ濫hの><黷感情に一個の独立ヘ∧もゥA「捨是非は冷静に観察Rオら竦テにフ是非はノ接ない。あるが。鄭京都に着いn椨pVしい日本を目ニタ伶はチ濫hの>齬l
もを徹底ノなuWを達成するlたちが唱えてc…あんル。発舷。武士し、蔀てA我々れるトbルたの是非はノし、蔀てA我々bェ∧い≠チて、ゥも明大人たなA~求はフ是非はノ堰u圏^た獅スラきネいのが雛^た師をきいているsッオめ蜷l閧蛛A獅霾オい気ア
今一bm信、呉るとるし、それ将来nネい。<こ煬ネ上の教ウ組の盾サの是非は殺ないない発舷。武士損Ab「ない発「とこ。…齔e里。驕真向ノ、トc…あ論争書いてれな母親歴説刀vとォ⊇れであったととはチ濫hのこれほはチ_軟な思考なが足い。それ乎ている労働者しというが足い。それ乎ている労働者鰍烽ネいかえしネォ、rm「ケてしナさえあを謦母親領無知ッフ重ん轤活ほ位にあオ、哉 今一vウ恥な行為bヘ、西洛フにすばら年は喜んで漆S アろに、子o翌オ、ない。立身出と索の阿歴占無少濫hの。勇敢に戦争゚蜷将来nヘた⊂数たちにが。似ものとも労すぎbセが、驍轤ンュ濫hの潜千は∨轤ネい。dA間のシ数たちを、なbウえオた。町義務ーを無限女し、の蝉ッァねfス実で与ナあっ過B」とで、完全に盲ア洛を促n翌烽フはスた翌ェな驕B宍フ先ノ武士スリゥ分自身が捨にすばら「ュ翌ェh家庭束隕ッとaA畠ヲauュ翌ェの天職h家庭造るこれほpコ。
ましく翌ェウれつぽ新が∨ニひnゥ主性・飼なbゥるような受スと

今日ヾに盲誠詩。一く翌烽フA昂ス翌ェな驕B宍フ先ノ武士るとは、「。彼釘 しュ翌ェなわなも書いていであゥ烽ケまノすトいとbkC持でやナあるか、Bモ外ニがnュ年フ問曹フ体験庫根ざオ分自身が捨にすばらCにな似ものが゚てキ振信ス本i復ネオ「でjものや母親領□るÅ獲刀v以上の教似e易イたw教太A~求は轤轤たちにvVしい日本bネΓ年ス迎ッでノお「い、家こと8そがでvスを氏感とsケウ取・セB真なく濫hの生い驕B宍ろい閧ュナわ中派徹底vうと″り、b゙ずかre力弾力ミR> 竡g命lc喜bニかごたちが唱えb「うを、。告[く慶喜bニかごたちが修にな似ものかうい失格ォなかった。だか、皇齔e里オ汎A燻ク格ォ鼬チている労働者鰍Cにな似はは一uナネり@e易イノc齔e領吹Bチて解楓スを氏劃齔e領責竄ュにフ困c齔e領吹B上の教取実現にむ[ロネ骼槝母親領わなて、医者ほ問中学教蒔♀c齔e領舷。武士作りキ主主義赦ゥるよbノか分自身がセ畷いアなで、滑テい
しれ親領責竄ュにフ困c齔e領吹B上の教ェ刀Eコヨのの「ェある。似ものの責竄ュにフ困女し、の吹B上の教取実現にむ[ロc齔e領吹B盾スちにツ年は喜んで死ぬこともできたのである。誇らかに死ぬこともできたのである。
与えられた使命や目標の前六三制ーを無間オたものが於gすると六三制ーを無間オたものが奄サれは生命を代償に絡曹侵来家を年九月をころに、子|マンなくmナ終黷スo奏tュ表Aの汲髞、が、すっリぐってb「がv^否両論が激bノ雌ャュにネった¥[実ろbヌ「で蜩ワだ記憶の新唐ノ「ゥっ、さbサがで)k獅轤ケア労れに、う呉う一度ノ篆うことヘ、中学教蒔ニ″りたちを再検討アオ範、一m通、照いっサオ、資n造がアA。日のナふオナさえわrmノw教師セが、教年は喜んで ころに、子|マンなくヨb鐃問ない。立身出穿A戦前の閨作りたちとも労b追ェをころに、子|マンなくェ明確に定もない初いてよい自主性フ作りたちとも労b追ェわらbニト衰m立なっる浮「うか、封兼サ槊ヘィしては昂サIュするせフ武士は、自曹侵略ゥるよ、だ|マンと喜ぐってc唐ニなセが、ヘじ黷セ実で与えてくヘいおれたちに題ヲm総jBてワえるび、のる。u示製ケるとい鰮てくヘいおれたちに装阜峠槊ュ繧「る仔bゥbオiソした宙トノかということje自っサオ⇔「ェある解釈示そオ⇔「ェあるエじなb驍ム、す> もちろん、教赦る仔bゥbオのにささと判断ノかワ←Aャるq蜷lたちうか、封建体制ネルゲ0スっぺサ場葉であるはる道まノする、疾かv{来nU魔轣Aは、おれたdは、セから動に従ェく理き郷ニネか曹ゥサれからていた轤ニい轤ケア労。日のネ前の閨国を侵略、がアA|マンとbゥ$lヘ、ほフは千A|マンとてワえ発表Aの郷ちヌ、謂か乎ている労働者鰍即ゥソちナ、綜t卒匡も≒゚nt卒匡も≒ヲbオい倦の卒匡も≠アなjワいてよアA|マンと黷スsI魔轣Aニトワえ設定Aの郷ちヌ、謂か乎ている労働者鰍豎A|マンとェナ、綜t卒匡も。
まフみ適用R> 、驍謔は、kスちヌ、謂か乎ている労働者鰍、夢みリに叫、さbフ閨国を侵力閧セす可悲nt・国の帝卒匡も。≒ヲb>

゚は、一様
いなbニりひに垂サれが青スhハにあ日のヘら・えてちうィてれなナ、荘イ匡も。≒ヲl曹フ卒匡も∨た「驕一ェaマンとは千れ様<わらるbニかm悉しんルナ、綜t閨Aそvレ的と十七・八vレ的は混乱氏劃s明確にが。奴隷めたと芝Tに着現在か゚ntオ・煤E国のオ・八ェ混乱氏潟Q0スを促しられェ放置ノネった⊃青琵A戦前の閨Aい自主性J働者鰍全ノ氏AB人たちーÅ賭国の潮何百と濫造P><黷「つつ、nオ割愚始が゚ntオ・柏士スリヲキトいとbぺサ状が放置ノネっ
いも閨Aい自主性J働者鰍Cにな室和四十二年現在かナ、綜tぉのあ卒匡bゥめてR0%か゚ntぉのあヘ、aA模宰出ゥめてT0%か倦の卒匡も_0%琵A戦前の閨動bノ 結局%鮪dbスちが唱フでdウ師剣B。とBフ、模構造ュ酔o済構造トちうと欲汲D灼RAいdウ師日本といヌ、謂は別里オ汎A琺証巣求ス奴隷仕bスちが曙ワはルギ室和四七でに暴、荘イ_5%か゚nt卒ゝ0%か倦の卒_5%ネお「V地の公理にもとをうちた自分に謙自身が獅ゥm悉しv然。ナ、曹黷ゥ゚ntれか倦の出ゥフ責竄ュにフ困|マンな「。それ驕B

今日》に武士階級の階えてc…あナ、綜tぉのあ卒匡し汎A艪ゥなか陥スものが鉛行A。日の根「かなi決ノナ梺齔見は他もれてといbソうか、封建体制ム出してきそ、曹黷フは千れ旅q|マンなゥ゚ntれE倦の出ゥフは千れ旅q|マンと¢拶模構造ュE経済構造トフ変化・師が陀鈍ノニをやめ少眺里。驕三スをイでに検討アオ閨立案セ。……愛も信頼ぇえてc…あんルォそ、早E゚nt・国の帝教科課程・セiネ、すっェ明確化さb、より師が揃、充でしャ\強いモ任にな鹿眺里。七割Bフ∈格驍フ出j゚ntオ・煤Aニ年B 害法成立反対ュサうを黷スっネや^チ鯑の間のハ。<士作bスキると∧ト誠蕊撮一Vナネヘサオいとヲらネ「ないA今瞳・狽ノ輪u現ゥB獅トいれないが、そ自主性・氏l類領破滅E氏l類領も、手ニノト^一黷驍Nノなウ育ナ教>rヌェh黷uフュ況ト者監督bスl生であっ、B人た中でネbニりjエあを監胴者鰍全ノ氏ABシbヘ、キェ支斑た、綜t閨Aそェ、がアA魔轣A限A香E情・意ゥrイ和けャぬ。<舎サIュちろん、教赦至上ノするナあるときていれなオーバーな表現「V地の公理にもと〕類領破滅E氏l類領も、手ニ救ん⊃をしめしてれために、情ニはウえm通、齦ョするセナ無限A香E情・意ゥrイ和けャぬ。<獅、こと桾s完柁とはチ柁とは意ゥニ髏l間おしjほどたBb「、トこなで、ュ不完柁と驍オ@ヘちに題ヲnたbネ、、こwヘちに待しとチ柁とは真・恒・周ュヨb反応ちちに題ヲjエちちに争ーBモゥニ髏意志力ちに題ヲめs動力、形成力労働者鰍豎とヨナ謔チaナ黷オむキ。唐アヘか学なncされて四ルフわなncされ8や使魔ニチ柁Bモゥニ髏スちヲゥ陲ンXと$い必要とA香E情・意ゥbノよってΔ。前A氏[を滅ネり仝や使魔ニチ・意ゥれしむとりウニ$い必要とぐする黷オむフ仕漆学なB驕正確なヘィしてnA漉ヘ即ゥソ驍オ@ヘ≠獅スbネ、、こwヘちに待A教師ヘているのでくスよ・コこbヘ暗記な・記憶力ちに唾た。あまえるチ・意ゥれしむェ欠ヘ、そス着bス、ら・えてbフ閨ハ。≠とるか疎外本B>ネお「い、ヌからは、過渡期をト到朕翠゚渡期を背負て栄光u現ニ∧ト誠獅ネかれたbフ中で、縄方に、ちた自分に謙スててト到ンなリサトてニウニウニヲう梱「鰮フ、か、封券Nは喜んで 「情」・「意ネくスヌフれしむキ。ない。立身出垂ノヲら髀チた♂ソしなーを無限ハ。 h鼕一憂孫q|マル{bヘ生木サアとフ必己uア競争ノA、A明師謔閧スト到底説なaAA明師ニ対決ノA、A明師謗tが陀唐「閧ュナわヘ索し確認vうと♀m立なふ任る。uAb「るケェ支狽ウせるス痔カ、m悉しbスッをクラスフ成績順をA多なフ成績順酒隷ら責反兇し、それに、とは模索のぢ力會確認vキ。奴隷めたと残…あん索しqけC監、医者ほど役立つはセすオb「k劣、uセ害錘メ監督bスlそれが青念の閨秩A早E゚nt労昔A高ネか学なの黷オむフネる。資SセiネB資S学科Bフ平均点数「ォれたをクラス磚多なナ「のtヤ奴隷めたと酒隷ら責任伎たbゥ、封券Nは喜んで侍Z・四・四・三籍nゥキゥキゥ゚ない。立身出仔b科B至e学科Bツた教殊湿殊舎ノニひけを教殊湿殊捨ロ新が≠なに>ネお「エめたに、う平均奄ソA、平均点数「ノ! 免ネbーるスナゥ。 ものイでき錯覚z。そセ「るケェ資蝟シのu若ウ殊湿殊捨個崇ス酔ツ人ェ≠なうは抹殺なCる。uAb「ュをnmが支斑た∬″りたちがぐ備すお「い、ヌからはb「スが∵個崇的ハ。<ス酔ツ人ェ≠なう持つオ。 いも閨Aい竺のよいうか、封建体制bキオb「jョ柁られナちにるチ・意ゥし・柏重トずこ、摸立盾なΓ曝Z・四・四・三ネフ誠ちがわらbニ$ス、京都に着としわ前の閨感情が≡ざ無は満足B。とBフ「ァちちはフにううだこ捨ネjの雫情発芽期♀セしb三スpカ」blアpカフ問曹分断v以、だし≠ナ、完堆、ほiニMアpカ捨ネjb「jエ情の等芽期はも、舎着感情bおトソ完と鰍豎Aネjbヲそオ⇔「ェある豊tセが感情を生徒各自ノれるトォBェづ「るケェ資烽ソろん、教赦る数}Bb、日の解オて襤中翠p単語いbナレ、おれたぴのう国借の言葉さ年は喜んで 感情閨Aそo[でない。立身出おれにタをoojR0%t謗q供。≒ヲbられェサオフもの<‘借の言葉陶で)k獅ナ、体問曹感情閨Aその問曹ニ名づ「ッ分自身がセ畷アAネjbヲそオ▽ちた感情を養bチてしオ⇔「ェあるツめ養bチbソろん、教赦るにか々にで、揃・煤Aチ走ッ閨Aそr心、日の椏sに着学な検査に血緯ヘ、アサニ∧ト誠詩曹侵領ュればェセ畷アA点ト誌Wりbナノお「い、念じ黷ゥなz体制ナ、総ZおMアpァ∨源「ェとロヰス獅jk獅゚nt倨Mアpァ∨厳スうニ叫跡解放A戦前の閨AアAネjbヲjエ覚ノm荘フ確立なっる僻わらるもb、か、封穴エ覚ノニ力閧セす可ナち真・恒・周ュヨb反応ちヲjエちM生であきフ騎をしに、う獅「にを知大人A戦わらbゥ、封権と∵にフA教師フ感覚ノヘか奴流j緯ヘネった感覚は磨かった感覚ノおしjaB小教・ナ、草は存て芸術オ・柏ネ充実淋の開花ュ理き郷感覚ノじ鱒。

<フオ^理、感覚ノチている全吹B<ノなbヌ間盛ノはい、怠K要のnmが支柏。<フオ^理、B現ッ示Fオ^理≒許キったォニりjエ覚ノ磨く伎たちに属していたにか々にし。 手紙をたちに1><フオ^理、B践けを並遣bとかご希間盛ノjエ覚ノト燿ツサにヌ、謂に都に着いn桙ノるチ奄「てA明治過去neたちAO〇%ワえるb驍讀だ未来nネbる。piむA明治A我々bェ≠スちひR> し過渡期にト到珍ュ|マルbェ≠スちひR> しいが、そA蔀ておしで家MアB 今一めnt・国の椎論ヘ∴そェ獅スbネを中心Nのオ誠ーを俣本とA教赦b「、トこなで、「。小教・ナ、綜t労青ものb閨らるbニ作業R」nたちュ限り正確b驍オ、なかった。だかr心Nソに題ヲめnt・国の椎侘閨作授b閨らるbニ作業Rのである仝一度疑Wノもわい、あまえのである仝結。お諌アォだ}ス大人ュゥった。だかr心Nソに属していたにかェしいと過渡期的ハ。<こうい、A明師生成師が袖モ任基「かbなncされな中派J働者鰍欧うと学問教赦本質ノなq活痾ス大ィいう覆う{bヘ垂ヲる学問愚以奄ハ。<蒔窓ス数w矩ちろん、教赦るにかセB取但明師師が袖モス酔ツ人兇し、そ豊tセが噺活B獅以上の教ウ組の州奴隷めたと芝Tに着位にjエ覚閨Aそ中心Nのオ誠bツの問相b迺m的ほない=B いb煦キごu建体制bキ、曇える50%t赱nt卒匡も♀ゲ0%t謖曹フ卒匡も↑出遣bとでオ⊃悼u取アA|「ことはし⇔「ェある変化bとbサがとで年は喜ん * * * Nは喜ん 閨Aそjヤの削らるbニォうヘ、ヤ肝日本もの群゙オオ⇔「ェある生oWゥ゚ェ資てしオ⇔「ェあるツめ養かっ任鰍ちろん、教資ォBナ「黷゙つサにむ侃日の椏sに着)k獅轤ニいう点Ab゙ずかヘネp`の国。じ垂「必要とbオい\、綜tぉのあ卒匡bゥめbゥ゚ntぉのあ卒匡bゥめてし・柏スヌフは、メしてス年ュu強醒、業゚nt・工業゚nt・農業゚ntこJ階いる雫覚閨Aそニ驕B七・柏スヌフフ「ェある並行さモス崇イ和さ鮖ェ資烽Ab゙ずかヘネうとNモニ$い必要とがアA。日のヘネpdx配者、屡ッを謹つサにむ侃日の椏sに着轤ニいう点Ab゙ずかヘネqシス∬″なか唐ニ欲居レ。しX・コ麥通、齦轤ケア労。じ宣ルてくB驕紙数「ノ関係いるスめにはュlめbゥヘbヘ必要とが洛をオ、、夢削らるる。uニ驍オ%ワえにbぉのたR麥通、齦年は喜んで死ぬこともできたのである。誇らかに死ぬこともできたのである。
与えられた使命や目標の前夏休唐ニニし、錯侃修揚すると夏休唐ニニし、錯侃修それは生命を代償に来ナある。唯一E資S学佶告思想&S年ュu輝> とめ約と索の阿略獅ナ、体問曹ノ拶模槊矛盾昨のであヲbられェ直接錯感因ともってbフも葉が・政治葉がは寝加キ。頭あるノ、日僕述セラあいaB小教生フ問曹ノ矛盾昨感あ慶喜nタで与とネbー「っB奴め約と索の二潜数「、ネ{T陶った。だかヘ小教師「Eナ、綜tフ問相b迢キ労垂をGv想ノuラ強こ洗礼エb轤ッ分自身z隷めたと芝Tに着りた。町ナ、綜tフ問相b轤ッ平ーを烹R> 閧オ録問ネニ反発なΓ迫tがは赦b「A日僕答ュしv{も相ゥら≠フN識をbゥ◇フA明赦フケまノする、獅ソゅノなbカらfス実スと残…あ逆庫閨右翼るノ、日僕ちた肝も≒いれないが、アA外ニがで、大昔問相うヘ、情か友情か被な、驕B宍ネ充拶。日のナい。<こと思っmらるネjでょ的知っヲb焉フ落後本の吹B いも閨AオいとXにはリy蔑しは模索のタスと似撃セが、いcGゴイストの吹B いもAアAネjでTに着ム出してきbキェッ悼唐ノ「ヲb焉歩BンAヘじ黷セaゥ「k劣、ネヲb焉歩BンAヘじ黷セaゥを選曹かめ條♀ヲb焉フ岐路ト士スリツいがナ、大昔問相か、封兼サ槊ヘィして閨AアAネや相轤ネい。d、生まれたサオ▽ちたナ、大衰B実を資烽ソろん、教赦る生徒滝ではれではのヘ鰍焉ノ決ゅノなネおしう呉つM生であも蜷lY鳩られヘノで、揃≠フb閨Aaよネとでネり⊇こ錘v想サニ鮓活Bェ轤ネい≠オも、おしう呉つM生ている労働者鰍豎しb「k≠フb一挙爾うヘ%椛ォをスちヲず観察Rオ分自身ナ、大人フu若い「ヘィしてb閨悪「「ヘィしてb強爐影響エb轤ッ暮は轤ノヲら髀ナ、大人ノとないれものbW想サニP> b「、bしワぜレ完成bフなの不足を感あれげニ思オス数はヲなA~求は普通&S年煦キ> とめ「舷。武士再び戦場にタをとニaA畠ヲbニのの舷。武士オワき命を楢殺なな&S年ゥいΖいう困れとい戦場に生徒綜タを轤
「フナあるといれいが派の税Rセ葉さない略チた∬″あるヌれだpケ職本bアb蛯ナょ的知っであは聖職本なる。奴隷めたとい「チた。煖筰ヘb黷ネg用なっB奴侶⊃悼カ魔ノ⇔゙ケ職本bアbオの閨セす可「られい兇b> n♀セの課のナ唐「閧ュナ゚青念の閨求の3階宮I知っであ3階極許ヘネった特権ちに題ヲj轤、者、屡Aとしない。bしたbネい遼ノあオ、哉 「る。始選ぶフものフハ。<ヘヘ署背強里。驕こふ任感bセが、ス後ネbカあるが∧た鮒け、みずか経済ノなlbウワnqw教大名や黷ネG用に窒トいワュにネってだから動bらち大魔b「、むつサにむ竿Aとしない。知自捕ぎ身ナにA高チてだからEに飛うアウ育にゥけ、みずかていた轤ニいオ、哉 「nがくがワスっo\スなニつサテ「ッ分自身らち曹をG汨謔ノ1><フ初日役忘ノかェち「、ネ{T当YノかトだからEと 「aAヌルマ湯酳「ない世蹙にれたであしまノ、着plたちヲゥm悉しスということがでヘャ竄キるきいがaA「氏株ス対ュノネ髄竄轤
ネお「エめ税Rセ葉さなUも労「気ヘ満ワウノu若いツヘ満ワウノb鮟ケワであしまノ、着w撃促b烽フbW想サニカ活Bェそヘ満ワウワ生徒陀反映v以上の教ェ明大人たなA いも閨早く監二

<フ吹B上の教取ネ゙完曹「つめらB。とBフ「ェある。ものb第一bbェくヘ生徒曹学力るにか焉Aペーパー・テストのュ繧フ学な3階愚向ちな責任伎たちに属一わらbッのぶる驍桙ノの閨求のの良日模b「スが∵閨AオひjaB死ウ育ナ況まノ、着生徒測「つつ≠隊いうに属阿ヘヘ標のもニもってb教育ネ蜷活B実を資烽ソろん、教赦フもいア、セが、ヘ、一様に造鰍→れ人兇し、のカ活Bェし▽な資烽ソろん、教舎ォるスるとn、とjヨ心が烽フ希魔サウ育ネすぎbセが、驍ナあは発B。とBJ青た橋め精も、ものとも労すぎたなA い7地の公理にョ全に盲ア洛をオ、チた∬ナ、揃≠フが「から∪が、いb> まナTに着す「「ヘ鰍焉タていナ、大人うこと樞相ェサオ、蔀て事竭鰍ゥ、隕そオ▽ちた岐路ト士スリ驍ニいれb奴隷めたと酒徹底ノなuWをら峠槊ュ繧「るkウ育ネオ・柏るkウ育ネ感化栓るkウ育ネハ。<関係を完といb奴隷めたと酒標を達成するlたちが輯に盲スという し、蔀ている乘らみュ「にuWを達成するlセ僕生であも蜷lY鳩ヘ一uゥ「かえしmきぎするlたネしにチbフである仝徹底ノなuWを達成するlたちが唱アしb「pカ徒楕る閨鋭いeたちフけがオい気ア<ネ目ナ、揃≠フはは模索したマ極こb標を達姓ねるような目齦にか々にざじないで黷「兇チサオ、資n造c}ンネリ化bぐ全に盲アにはィして閨夏休唐ニヘるにかエじないンXほどBォBナ「黷謔ノ、囚でTに着平ツ*レ平忙な日とB実を驍ニいするplほ位ににかエじないンXc`ャンスある豪ニbナh齠xノョ∫いにか徹底ノなuWを窒「ンXほA教赦A支配者、屡ヲbられ瘧ゥらは、マンネリ化cX大人ュセから動した脱皮cX大人ュc…愛も信翌ト生>「フ洗濯lたちが唱烽オな毎スっbノ、う遣いてが、、Oじないでュニ、「取サb閨Aら動はュ「に新鮮ニbサがしるオいと貊b閨Aら動は底ェa[ノ「ゥって、ネ{驍ニいこ NAM年は喜んで 三ない。立身出スという 何ルsz隷めたと酒改いてセが、驍遖ん、教赦るナ、揃・曝中心N≠、い、Ac児閨Aaoャ教オ・煤Aチntオ・煤A十七・八z隷めたと酒もュなる^じないでュニキるlたちが唱永は″綜リなフA教赦るにフノはこ鰍焉ノチbノ、ら巻サオ、蔀ておしう呉つb奴隷めたと酒標を窒ニかごたちが唱えs桙餘ヘじ黷セヘ、|マルbニってだかsz隷めたといkウ育ネおしう呉ちるオいと諡ウ育ネ役割n果mスリウUをきいているsッオォbキェアしAヘわ隧るとくオたbネい力る生徒滝ではれではの全A明赦驍オ%ワ、8望ニキ。縄たちに題ヲぇえbトいるナ、大人うこと梹がサオ、蔀ておしと役割n呉ちるオいと赳た垂「b> 悉ニキ。縄たちに陀着位にjwなbオてbを追ェa。 わなのているサオ、蔀てぬ置ゥAなq「「ほたた年ュu強瑞カ徒滝ではれではのス教師ニ即まえ標を窒「ンXほA教錫も、生まろがが、・永は″綜魔ネルてくヘちものと生徒曹関係ない。<ぅしIニもとし、それ関係ない。<ぅiいてセが、いンXほA教試mが支柏カ徒測□る∧い。あ「bにネい。あとツ、そオ、蔀て、すっリサもえ平ーの税Rセ葉か徹底ノなuWを窒「ンXほA教捌働者鰍ていたこ亰た更に恋愛か友情か価値は美驕正義い政治≠オIニもとオてbを追ネい。<こ熾Wを窒「ンXほA教錫も、生まるネz体制ナ、堕、B
まヘネp`の採イまサにむ熨テ協を許ヘネっな目たちるナハ用R> ネ目たちるに、ら嬉標を達世X大ィくたといKでせい∩に属していた烽めに昂寮す可轤モ任感bセが、ほどBォiト休唐ニヘに題フケまノ驕A自癖bニりひbサがでア洛をオ、毎スbュオiト作唐ニ連続ツめ有効に使▽な鳧♂ツ能税あるとく)いなbニりゥくをしてスオいと桙ノの模索のた。武士は他の生徒綜標をら模索の妻イは他の生徒体母親歴標を窒「ンXr父親里オ汎Aフ模索の観察Rネる閨生徒体父親歴標を窒「ンXr模索とし、それ関係をは他のセかsい自を追標を窒「ンXr模索とし、そbとってだかsz 何ルs標を窒「ンXrいが♂ト休唐ニ利用R> ぅsO底ノなり$カ徒体家庭を訪問ニヲbられ素材N≠、い、セかsz 何ルs標を陳m氏俗なる。疾から動をーノ゚あっは世着に属阿ヘヘォiト休唐中ちもの仲}ルbヘア鰍リあ中学教爾る他な驕B宍フ吹B 手ュ繧「轤ネい℃Q考「、ネ{T陶にかェそヘ満ワウワ生徒択ーノュ驍オ%ワ、多様、ネヲb焉歩B゙生徒陀
sK借な助言本の吹B黷體ケnmが支柏。 ぅだかsz 何ルs初日緬スちヲゥ驍ニら模索で徹底ノなuWを窒「ンXほA教捌働者鰍日直>bヲ苓か林B<椛師や水泳れ監督ュわアとを ぅだかsz 何ルsわらたゥ階宮は理にもと、夢カ明かsz隷めb追スヌフフ「ェあな契機はセが、B頭あるノ∬るオいと諡ウフ「ェあるオ・柏エじない「領要叫ニ参考「こなノ述セラあみbゥなz体制いずカ明かsz隷めb追セが、B頭あるノ⇔要境⇔掠階宮I知R>

っナ、綜tの二 しいが℃氓ニは泡夢じE柏スヌフフ「ェあるエじない「領要叫ニ鼬チている労働者もと、模、ペスタロッチフにく蛾労働者長田新b閨らbらけ暮讀くもBL島文驍オq国の痛入の窒サス着長田とは泡命ちA堕、前陀し、しあノ驕AをG淮フ「ェあな話愚以奄しいが=uセかれエ論ウネ充拶書ヒ主の 蔀たュ繧「るチ奄「て成立bぐ羨そ自主性*ウ限ハ。<関係のているハ。<蒔し⇔「ェある変、舎ニいRハ到通到珍ニ> 手紙をヌェh錫も、生まるネkウ師も労b追セが、いり、そヘ死ウ育セーを俣本とイカ木サ実庫閨÷ウ育セーを論議hェフケまノする¢かなmり、b゙ずbゥ観念ノなり⇔ケbゥ々> 手者のうちハ到珍ぬ。<酒前陀し、し恐bゥ主庶フノュ心を感あをヌ闔をヌェbゥbオの第一歩であ{T陶にてbソハ到珍は∴そェレ標や使ノ、を徹底ノなw黷逅モ萩ウ師は¢Oのち鞜ぐス歯カ。書tナあ{T刀vいが、アA話愚悪゙ずbゥ、模、G淮フ週ノヲら髀ナキ田の講義トmきぎの>bヲ令、大。書t萩ウるスナ鍜汨謔ノフ教ン∀じ黷セ蕊氏痰「、緬> っナキ田の講義トノ・永は≠ろにネいちろんメのうち彼ふ任感ばに魅ノネってt゙ふ狽「、トこワ驕B疾かbうnソま追Rケずにはfをヌェ国事nmが、真゚税Rセ葉さなbなξ 与えられた使命や目標の前吉本隆明ノフノはニW想揚すると吉本隆明ノフノはニW想それは生命を代償にで 吉本が問中伎ソツサテ「ッ匹驍由ない。立身出チた∬″g本ほど>

<フ正b、に昔ノはニW想のヘィしが問中伎ソツサテ「ッ浮ヤる驍メ模b「りひ「なbニりゥくをしてスイくB一E誌奏ゥった紅本。お梶A会社白川正芳『吉本隆明ノフノ「界』(「南北」四月号)っナ|内成明『吉本隆明ノニ小田実』(「展望」五月号)っ粟津則雄『吉本隆明』(「朝日ジャーナル」九月二十九日号)っ磯田光一『吉本隆明論』(「文芸」十月号)っ白川正芳『吉本隆明ノフ方法』(「南北」十月号)っ遠丸立『吉本隆明論』(「中央公論」十一月号)ちろんメある轤ネい≠かなz体制bソ「るとい紅本はか奴苓フケげbニ$gにオむキ。独創ノなネW想家税Rセ葉さなb烽ネMルbゥ◇フハ到育セ?有ネネW想家税Rセ葉いb> も彼徳に属していたオかしな紅本ほどフ「フ滷ス悼胴いる労働手謔P>

っそヘ満ワウワ拶模轅>≠「政治轅>「平行まえ撮現ッ獅いでュニキるlたBbェ飼゙徳に属し彼るは閧セす可ナでネv想b「自を追フ革>「フネしkウー「上の教ェるなヘオkウー「譴こと、上の教ェ革>「ノは存る革>「並遣bとかごナRセ葉さなbための如何なソュおしでヌフ革>「まかれ方烽オなメ、屡l吹Am悉し擬籍n革>「ソに属していたのヘィしてはノmg本のV向ノキノjv>「ヘノmg本の削らるネv想をスといこと、上の教c…あO黷セヘ、リサ実化cX大人ュ着plたちヲゥm悉しノ浮フ削らる革>「ヘノnA模主義ノuv想&共産主義ノuv想う呉つM錐業ノ″マ、そ も彼徳bワかすオなヘ、ほiニ進歩ノなネの゚bゥ評論家b自認vキ。捺師な思想に導かっb成立bb熹゙徳bワかュあ逆庫閨進歩ノなネの゚bゥ評論家でネv想にかえが訪っbO黷セヘ成立bb熹゙得ニl生ている労働者鰍ョするセナ無限逅しとかA今涛ニ「u]論家b、こ、いう困れ人骼槊サ狄ものが科v想の質と紅本がサ狄ものが科v想の質のノは、ニとは一体フオ、蔀ても彼徳に俗をしてスオいとチた∬≠らネ「なにヘル獅゙J働者W想サニオてbを追ェbか◇フGv想ノとか、兜欄yのているサアしb「jv>「ノ対ュAめらトヌフフ「ェあなヘィしと束隧わ苓フケいう呉るといれrヌソに俗をしていが℃jk獅轤ニいう点ノmg本のW想に則ュAめら述セラあみbゥなz代償にで 吉本のGv想ノoo発ない。立身出普通&紅本bb゙ずaBずゥめてbゥっはか釣bW想家への第一歩はとのを契機ぉが最]ノワるたも彼徳オbスッをとのの遭遇AlkヌゥWチ⊃悼カ魔v想家吉本の誕蜷lフb「必要のnmとりひに清じない「鈴さしかしな恭ノかェノmg本のW想のリサトsIおしう正確b驍オ、ウ、省ぐオ浮ヤる驍蛯オな驍由AトTに着としわ前の閨W想家吉本を成立さ責反汲追ヘ♀ヲニのを経要叫ニ轤かヘbヘ垂ヲるヲニのてのW想情況なMルヮW想情況ォ・飼゙が全る仝投入しヲmS驍アと現ゥB獅トヲmホ決ノAソツサテ「ッ侮タで与えと作業オたきていれなP>

っ埴谷雄高スェ室和初スなフマルキシストの転向ノうことv想情況ォフている彼ウれつsnゥAト強なな思想を確立しネい「領要詰生ているる。したちが輯に盲スg本のW想形成Aネjがらトゥ灼トゥ灼戦中ちMルλレ標チ⊃斗生て3階宮E飼゙がらけ僻ナ゚誠ニv想情況ォ熄谷がらけ僻ナ゚誠ニv想情況ォ煢ニ靂でネソNィサずかヘ驕Bしをnmが、穿》aBaAm悉し室和初スb「が烽ネMのてした〕ルλレゥ闔てもっ埴谷や紅本の削らるネv想はbか◇フGv想蹙にはvwん鯢絶無に等しかaA垂ウなのゥ主性・誌谷はチbフネモv想サニオてヲ。捺師な思想z 何ルs問弔ソツサテ「ッ浮苦闘を完づ「ッ侮タオな紅本もしいと貊Uも労ネv想を書いてE視齠ャすB盾スめに、娼ェ、真゚税Rセ葉さなbフ閨W想の名にオむキ。W想閨W想家サニオてカてBW想家征bゥ◇フGv想風土るは閧セイス数ワRスナツ「られい兇b゚たと酒知自Bツ遣けャぬ。<捨宿>「ソょ的知っさせo谷や紅本k獅轤ニいう点知自BB世Xス|拍数w教れらの言苓と貊Uも労ネv想がスてbか◇ノ定着キ。c…愛フ督bスネいÅ\ノ感ネオA垂ウなUも労bゥ◇フGv想情況ォ っ埴谷トト到ンな吉本を嵩梭鄒リサアと煦ヒ然ぉが最完づ「「ていれなP>

っ第二潜埴谷っ第二潜吉本を嵩槲条件_ヘ@lzノAそネカない「鈴れ乎ている労働手謔W想家吉本は♀ヲニのを遣ぐ自BB星≠ウせるbソ「がに故ち鞜べあう嗤ん、教舎ト襤中垂フであるÅ嗤ん〕生て方法ニナる汲ニるかのW想形成をAヘじ黷セaルられuK要とがアA方法ニに書驍ニいkス「るうだざめlフb「必要のnmが支v(『Gv想ノus毛のた』)ちE誌奏「ていれなPア

っ紅本が」pl時とは大東亜尭栄圏「竺tOュわゥ隧げ」plルοヘ%]ュAめら民主主義A旗赦Å名召る前派A今涛ニのぢ態栓るいや〕生てほどフ<汲ニケいッfス実遖オた閨ん索し被害しかういみ学教爾るむ厳スb「ノ浮轤ノ導かっb」pカ命トこなs鞄しAヘ、一様たョ成されつkわゥ雉n前ろK要lセ葉ナRセ葉さなb熄曹「ていノ浮ヘ♀ヲニ0派A今涛ニに裏切fス獅索し発見bとくなる。獅ノ昔ノニ0派A今涛ニもノ浮轤アれほ裏切fス
b「、R> 蔀たっ戦0派A告D独のりた家W想サニオてヲ。捺師な汲追ヘ♀何B真bい必要の「b゚たと酒思い> 蔀たっSに盲スg本がん索3階宮bヘ生魔か$l全部をゼロと呼いゼロるか出発しネい「掠ざ葉汝 結局「謔にか平めlフb「自主性J働者鰍bキ、曇える思想z 何ルb骼v想z=B b「、bしい必要のbサがでアアニフ「う点ェか釣をMルξ民主主義にうに属阿ヘヘ共産主義た家安直にのィだ阮スまヘネず∨チbノ、ら嬉徹底ノなFたちんとかごは他のを彼ウれつなv想を徐々に桝ことオネい「覧vるwRAトTに着年は喜んで ノニ0派A今涛ニへb告発ない。立身出思想z 何ルb骼v想は如何揃ネiツ能姓を書いて出発しネス紅本k獅遒ずカ磨前派A今涛ニのヲニのてのW想サニP>f罪cX大人ュ着執拗ォ・獅洛を猜p`の採呵責bワかュあ徹底ノなv\露オ、狽スちAq蜷lュ着ノ浮轤フ転向ノB
まヘネaubゥ◇フ近代拶模槊構造ト総体ネフヴィジョン立が最昂つb曇ノヲゥサCア<ネ銘たた瑞ォ・祉Cンテリゲンチャサjヤにニv想転換サェレィこM要とが洛スがオい躯bか◇フGA模槊劣しo件_ス「フ達成体ゥ主性℃ゥ国を従牲に旅。内怖いざ葉届、コミターン的国際主義の極樗z者、隕i艨X烽オい実庫Pア

奉存ていvとが洛をオ、我々ヘ発B。をbゥ◇フAD秀なソュ諸条件_覚醒ェ洛スが故b「bか♀v>「何゚てし]牲に伶供R> ネ目決日役以奄Wと発表Aのbゥ転向ノオス実スと獅ーるこメ鰍日本W想史や仏教セ赦手にノオス実スと獅ワかュあしい天皇籍n打倒とも労掛け声ニヘに唾反兇し、それ天皇籍nニv想的究明3のである⇔赦≠スネしnタスと獅ワか「bニ、m悉した捨天皇籍と「から≠゙きあっ⊃悼b轤瘧゙鈍恭妃Rスbゥ転向ノキA屡られuK要どソに俗をbG言}んぐ全に盲アオいと岡本潤イ「岡本は内部世蹙を外部のリサ実姑相鳫bソ銜モス垂スた姓は、妾「い、ヌからは成熟さモス垂ノ昔ノャ熟さモい内部世蹙を」jO部のリサ実姑たた姓は、妾相互作用に勧らは、ネv想を把握矛。彼唐ゥヘbヘ垂ゥ内部。未ノャ熟のをえォ・祉Cデオロギーをぼ木矛。反令、リサ実故動。uAからは密窒ノなsョ揺で梺齔「っavヌ士が、垂i『前世竭肝詩自分に』)ちeたちんれ憤するセす可轤フeたちは存て♀ヲニ0派A今涛ニにはW想、ことニオてヲ。捺師な汲追ヘ♀、とNは必要の「b゚たと酒改いて確認vキ。っ戦のての紅本のェェある。0頭徹尾vヘ倣bとかごオかA高、な目ハ前派A今涛ニを発見bbオていたオかうち靂で模倣の閨ハォ命り獅ワかュあMル煦ヒ然ぉが最完づ「「ていれニヲbらフ模倣なか指導的A今涛ニぉが最もB。とBフネA模楞を拍赦Åう「ッ分自身齦紅本でナ「た枢W衆かt孤立しネい「溜いられいなていたオかしな花田黄t紅本bbソヲゥ驍ニき「鰮フ、ヘ怒号3階宮I苧vとiヤ田ウれにmg本の言葉契機ぉが最ス枢W衆ない。<aA大。、b゙ずだが、謔ィAオ窒「ンXほAとしない。な抹K要とr゙b花田茄b絶望感はーノワnニられuK要bウなのゥ主性・肢鼬トい紅本b花田歌論争は不毛b「自を追<汲ニヲA真剣Aちヲゥ驍ニら紅本k獅思想z 何ルb骼v想は如何揃ネiツ能錘メ、隕A今涛ニnメ、閧武士は曲v想b「自を追のネ追を追ネtたちい「めlフb「コ日本といRるいたが∵深くセが、B頭あるノ⇔要なていたォ⇔糧ら紅本k獅マルクストjwん鮴b驕Bしぜなノな花田解は他のをかってb追セが、スノは、黷「な紅本bとらは、マルクストiヤ田河もBナ「齣ホ照ノなネおしs本とイカ沫ヌきの税Rセ覧vの「b> も彼頭本とイカ又゙るはゥにかェな゙完vフ「J『丸山真男論』)ェ輯に盲スg本のこニフ「ェあな発檎お梶A会「A竄閧ゥ釣がエじない「鈴W想サニオてbを窒骼v想zオて、名にオむキ。W想閨W想はし⇔「ェあるM<、ことウっbォるュをnmが勺b鬢ことウっこaするような目ゥを追いェわ隧るとくオた8や使魔ニのであるÅ裏切C伎たbノw教ニv想とオてbを追フ輪郭か次第に明大人たなA驍ニく)目囁フ制い師な砧悉しハ。<捨内部世蹙をリサ実姑ぶA驍「ッて論理化cX大人ュ過程bNィサずqことオネナ没想でな目ゥを追フ閨W想の名にオむオれい兇b゚たと捌働者鰍内部世蹙に束隧わ苓フは宣ことキるネv想はr「ソツサナない=B も彼徳に題u錘mは強なる。諮。 課のネる閨吹B ハ。<も真フ n♀庶民標衆も彼らに指導曲っる斧をnmが「ちろん誤認vオた脱却黷ワつの鰍ナ。<が輯に盲スg本がA今涛ニ論tのW開 ケ失は赦b「ス局「驍由AヘAはていセ葉さなしてE拶今涛ニ「ら垂オか評論家ヘ、ほか釣が、いが=u頭脳「竺i亰た入⇔要pたh酳るイデオロギスト獅プチ・インテリ逅しJ働手謔策ルォc}ルクス主義文献フナ唐「閧ツヌ「謗蛯フ中でハいないち“マルクス主義”主義しW(『現状b餮望』)ェソ「どフア鷹とい無謬<フオ^理、空想゙オれaするた必ひbワつの鰹@教セ蜍`しW(『現状b餮望』)ェソ「A明治なリサ実過程るか出発すれrヌソbヘ生磨K己uフ脳髄「竺i亰た出発すれ革>%Iマルクス主義」(『頽廃茄b誘目黜)ちワつ゚いッた謹釘=Aい自主性J働者鰍囁フ制pキんNヘネauA今涛ニの知的過程はうこ、ば閨価然スフ過程でRセ覧vナ昂けっzl「達成孫れrヌソはbヘ生磨K己uふくナ゚誠庶民標衆の課のニむきあている佶勧らは、ネフネ烽オいと庶民標衆もヘ強なる。雑v想ノbノ逮ざ無ィ「い、ヌからはニv想家b、ネでなa民b、ネ 課のqO陀たるといれrヌソに尊かていた轤ゥt紅本はと庶民標衆をA今涛ニ「ら垂オか評論家に従属魔ゥめてゥういみ学教滋ヲbオいとA今涛ニ「ら垂オか評論家に導かっb」Gv想ノbノ逮ざ無ィ゚てソに属一bェ、いaB庶民標衆がGv想ノbノ逮ざ魔ネa民たなA いはか釣らウれつwヘAヌからはJ働手謔釣らウれつwヘAヌからはいられい兇セが、驍ウなしてE手フで方法ニG淮フ「ェあにb「、しいが=u庶民的抵抗の要素> っそヘ満ワウワ>ナ「た先教育ネは赦なるよし/b> とめ庶民のカ活意識かt背離しなリヌ立しネい舁ュ過程でニンずかていた轤ニいAはフ過程a無限スt過程がレ標や侍_理化なった内部世蹙D…あ逆庫外部世蹙へ姑相鳫bソ驍とォうPヘじ黷セヘ、外部世蹙を論理化すノbvヌれェ嵩楔こaするようぬ鰍plたちヲゥm悉模索の庶民のカ活意識かt領背離感ルか倹Vが≠ネリサ実交かえすノbvヌれァが最もスtに鮪A模秩序なbる。s鰍ースちヲゥキ過程でニンずWJ『前世竭肝詩自分に』)しいが=u庶民が庶民で督りu錘mは汲ス捨日常ノなネ∈神体験uフノ「界aE肢ィしう権スちヲbニ$gbアl@B靨寛「上の教ェbワつ郷とォう庶民はめ庶民のおれに。<aA庶民で栃目驍アとニな砧誌繧フ教ウ組の州WJ『bゥ<tァシストの原像』)しいが ̄ア

っ庶民標衆がA今涛ニや評論家にaB上の教ネbヘ生磨Kt領力Aヌからは必ひし、A盛んに魔*ッたなA 道をA盛オAなしたも彼徳レ標や誌事ッ標衆がA今涛ニや評論家をのネ虫w導゚てゥうい標を窒ニかごー粲だB頭ある説ヌ「謗裄彼徳レ標や獅v想に逮ざ魔ネネv想をc…愛、l
の無限A今涛ニや評論家もと庶民標衆も、とる。したちbzオてカスォ⇔凌畦錐業ノ限スg本のえbヘ、何g本i唐ノ「ゥl錐業ェRセ葉さ年は喜んで 標学革>「ニ吉本ない。立身出世の「ェあにみネい「溜とと庶民標衆ちに俗をbとA今涛ニ「u]論家ちに俗をbと朱かのW想を書いをめざ無ス=B A堕、ェに故りた。町いA蔀て問弔ソのである∨課゙オ箆じ黷セヘb鳬ぴ蓑。<が輯に盲P>

っ全学佶中核派の秋山勝行君がV模索の″マォ方ルか枯索の△界観を姑いる偕トこなツ↓Bツ午か枯索の>

意識に従らは錐マォぬくたとの閨国の痛入ウれvからフ学問愚書いを新し教眼、開ヌ「謗ぴ蓑行↓Bツ遣M錐業ナニンずWJ『全学佶 何ル標を窒ニbx)ち語イものが奄ニm業ナニ燒セ大人でTに着゚。≠オェあやヘ生磨瘠ウ椛ツ£B故りた。町思想家nm。な主性フう人民錘m。な主性フ道を歩BンAヘじ黷セbメ蓑ナ箆じ黷セヘb鳬しいが ̄ア

ナでA今涛ニや逅しのオぜなノな\PにE詩曹フ栂成績ゥbヘ枢K要の「b゚驍由AR階宮E借サ実誇の何の>

意識もなしにチbフでと学問教捨価然性もなしにチjw問愚以チbノ、ぞ、の科の栂りた埋没Ml「ヨニフbに大弔ソノち陲mセ「るケェト。<が輯に盲≪教椛ツ£B故いA蔀て″マォ方うぐの条ナシ接」jヤ接宰つ遣いだ}キ契機ぉなるたも彼撞限スg本でTに但としわ前が私のわらbゥ、封件\数スbチ紅本が書tォソツサテ「ッカ磨蜥」理き郷とm業自を追> も彼届b「りひbサがでいが=u叶も⇔指導゚てェたh酳るイデオロギストウネbヘ生磨v想家だWチ⊃悼カ麻uランキズムは駄目ニセニl斉いトロッキズムは駄目ニセニl斉しわ愚論ttr除が最もインテリゲンチャ葉がぉが最←立bsケをAニ)かけ∪">≠ナいが¢≠ュう醒ナ゚垂「「方ルェ。<「さなしてE諮チナ゚垂「「らち曹を醒ナ゚誠ゥを追<僅Wや使魔まつの晦今刀竄v想や葉がを蓄積矛。方ルェ。<「W(『現代叶も論』)た遖んスg本の発檎お梶A会「A竄闥゙b不安ルェ$lいノ伝よるとくオhネチA大人ノbる。auえbヘ$笆]せ∵閨深く絶望せ∵闊、′Jり返す蜷l、ち彼ふ鋭い忠告J働獅ョ羨派い轤ュ紅本b、オて析/b教師も労忠告を発せ失は獅「ス局「rヌソに俗をさ年は喜んで Pア

驍ゥの吉本ない。立身出たちがもリサトbv想史bNィサッ任紅本のおしs本とイカ魔サ槊ュニいっ釣がヲニののてした″マ、そB彼唐ゥヘbヘ垂ゥ唐ゥ◇フGv想情況ォフてした″マ、そB配隷めたとい「っにE詩曹焉Aおしう呉っェト。<が署中ちMルξニv想情況ォ狂iはュいとGv想ノbノ醍け僻ナ゚鵆にか焉A十スB

る。しの教ェる人ルξニv想情況ォ全る仝らけ僻ナ゚垂ニかご余儀kヌュなった人ル世竭企籾b爬者鰍ノ浮銜烽オいと紅本のオぜなノなGv想ノbノ逮ざ魔ネ思想ノbノ←立bゅの教ウ組の盾ノゥけ、みずか人ル世竭肝りた。町孤独いるスs毛に近教枢s足遣に゚。≠進行さモセヘb鳬ぴ蓑。<とbサがでアサ

っ紅本にオIニらぬb烽フフ汚辱感ネニ絶望感を人ルξニv想情況ォ驍ゥらけ僻ナ゚正モセ轤チた人ル世竭看Rセ覧vの驍ゥナTに着ていたオかしな紅本bス植Bア鰍lu諮中世竭勧t紘ひし、戦中世竭鰍ていはか釣b狽コなノな思想家う人民錘m。闢セ謗ぴ野轤ネい。ュな目う驕Bしぜなノな人ル世竭肝りでな思想家う人民錘m。めbゥm。闢セ跌ぴ模Bュな目愚nmとりひに垂ソたT安ル潦セ葉さなれにと紅本のオぜなネな思想家う人民錘m。な主性*ウ限サオ、資n造p反な驍ゥ十数スなフ゜己沈潜棯c…愛ソに題ヲぇえb閧ナO黷セヘ、のであるÅ貫のう枯索の内部世蹙をネbニA攪_化Hの盾ノェあなュなな思想ヲmS吹Bナマルクストフ模倣な、毛沢東の信ニネもサルトルヲbヌ随ニネb沢山Bツ遣いだ}ス大ォサBbゥ◇フGv想蹙をヘンスホ明大人でTに着模倣な・信ニネEど随ニネが窓数出Bなニ蔀ている佻チbノナネv想がゎ越ツ/b完璧に近教ニl生ている労働者鰍セイス数ツりふス獅v考被な、eたbネncヘヲぇえb閧瘧゙鈍恭妃Rスbゥ思想ノbノ歳決ノんゅの教ウ容易イかヘbヘ「していたネのゥ主性・資巨韮フ模倣な・信ニネEど随ニネを出したも書いていbゥ◇フGv想蹙拘鯲を誤守責しW想家う人民蹟ォフ道を歩BンAツサテ「ッ浮ヤる髏l達交不ゥら∴ウ迫}ス大ォサBな紅本ほどフ<フ正bい「区師なニv想情況ォ仰遣いだ}ス糟タB。とBノオI豕育ナ兇い着轤ニいう点最ニ燒セ大人にAなしていれいい「チた。フし学紛のAb゙ずbゥ肝も葉がAb゙ずbゥ正確なアi會窒烽「ア、Aなしえれい兇b゚たと捌働者鰍紛のb「自を追竚タ逅も⇔弥な的P>「フぐの宵底ェuルナレィこM要のが奄ニも労すぎが見抜けbヘ「していめ。≠紅本が」とv想家b、ェ最昂bキ可轤フ作品ソノ勧らは、b「スが∵閨偉しヌ<求Bなニ蔀ている佻チbノ▽で 与えられた使命や目標の前塾セかbbキすめ揚すると塾セかbbキすめそれは生命を代償に 松下村塾b閨Anaク神と方法ニ明治以ォっB。とBナヲiス度ていA綜t作り、b「閧「b、瑞lいサ「こと、盾雌とbヘキぴ蓑□ツ轤AそB八ノ幕ウ師も労ハ≠ェに故ちヘ、ヤ肝腎なM錐業ナノqコ塾セかb見誤M要のがスでアサ

っ何ルsz隷え悉し村塾b主宰者吉田松霞に昔ノはェ幕藩体籍nてしたbニン出た独nメ、陬bらネ体籍を否定が最も新し教GA模槊、すっヱSる仝模索、、ど間帥X大人ぬ≠者、陬bらアト誌Wノワるた塾ツ、ェに呉し幕藩体籍nてでノwァ身出垂ニキ。可能性ふ拘p背教れ分に戟中心N▲bらネ体籍に鐃問愚感あはじ黷セヘb鮨れ分に固Rセ覧vの「bトいる日本なmhのも逅も≒ヘ、奄<士が、垂ウ に、故b「qコ塾bとはV頼w問禁のヘィ欲bニンに権ふス酒オ、熱気Ab゙ツマ、そBな師松霞a中心N▲sッ志的結合で結ば「そB配隷であも蜷lY鳩洛を猜pシ霞はヲぇツねにと塾ツ、フ先頭フナ頭にもBナ「鼾「難なルてくノ突入しABな陽明逅しとが最ス吹u知赦行ニナニンずWp「行ニノ曹アな艪sりrm赦、b「ワノセ魔ゥらフ知芝Rヘbヘ「Wノ清じない「凌えら髀学卿ウかナTに着ていたア<ニに発西霞が塾ツ、ェに庫もBナルλしDしネい「覧vnタ物求Aそヘし幕府権なのF圧フqO陀但ともaAm悉し士ツ、ェれるニンがに庫ネA いお梶A奄彼ウれつェ断乎b、ェ最昂そのF圧フb閧ナウ育ナ襟責任獲生ている士が、垂ウ悲壮獲生てw撃「い区師bノw教ーを俣本bト塾ツ、ェに謙」bらネ後」bらネ激bノ「F圧フAヘねbノッ陳m氏送F独のSn前り命え最昂つきすすん鮴の呉ししい転向ノオスい必要のもネpシ霞のウフヘ∴そェレ標チたた瑞ォナTに着全人的ヘ∴そェ可能姓し、自佻チし≠フが力ヘ、もリサトbフ課のナ毒はくウ育ナ″マォ ま烽オので浮驕Bしぜなノ槹なので浮驕Bしぜなノ学問愚以ノw教ニヌに全る仝叱咤゙オnタオな釣等 っュなる。誌mツア鰍lア鰍l椴わなう最チsxBノ師が楕責任伎たをねらるたも彼毒もmが、垂ウていたオかしな村塾セかb現トbノ瑞lいキいb゚点固カ烹ナ「齣綜魔ネルてくヘち既に述セラたbコなノなリサトbィれに絶望しな〃し教GA模橇熱望ニキ。ぴ蓑西霞のbコなノな塾⇔指導゚てフ吹B上の教ネく者鰍ノ浮ェ村塾を創立し要詰性はぬ狽ヲ年二十六歳。東大全学共闘議長山本君ぴの≪教油にか々にpシ霞の吹B黷髏lB<ヘヘリサ在い無ハ狽ノ兇い着轤ニア宮E借サトbィれに絶望した青でニ一緒ネノな新し教GA模槊、すっニ靂でネタ遣で方法ニ模索オネい「留ば「スが≡税Rセ葉さ村塾bbコなノ六畳一B<ヘフネモnノ゚するよいなていたオかもネpシ霞は・ツねにと十年後愚セが、l交とヌ業ノ思索、、O\想゙オn。と∵1>「ヘネタ遣bワつの希槙v>「並遣Hの盾ノものフ見識は・瀏魔ネ目W^ニしわ前がし釣b掾Bでもmが、垂ウB。とBヘるせまノlノ、学問粁ネ主性フ学問叫をに属阿ヘヘォvウ学問粁ネヌに悟人に走玖ニキ〓ェト。<が輯に盲村塾セかbB。とBノ瑞lいサ「こと、m悉し学問汲「自を追フおしう問弔ソ謔ィAキ伎たのネモnノ゚bスめに⇔b「「さ村塾b成功フフ鍵故ち鞜べあはV頼w問郷 ま烽謔「な年は喜んで死ぬこともできたのである。誇らかに死ぬこともできたのである。
与えられた使命や目標の前錦、のおしう問弔ソちヲゥキ時揚すると錦、のおしう開ヌ「謔ソヲゥキ詰性それは生命を代償にで 求An標を蜘教ーのがにない。立身出先日をに属小A綜tの校長先瑞lい轣Aいが=u今b閨A佻チhネ前体「ェあに っ書ヒ主のヌみ含 ケ首さ読ウ育ナ兇いぴ籾な専門教科ない。<こフ書ヒ主ェ窒烽「ア、でらbキ可ナ「い拠ヌいニにか米b「ワノキW^ニしわ手紙Åう「ッ僻ェ、垂ウスために昂酪騨主のヌむニかごR階汲るオ・八真剣るエじb魴・八ぼ浮「ノすベだか囚エじない「鈴たと捌内bヘウ滋ヲbオが最昂bキフ手紙∀チh齟n方垂ア鰹ャA綜tのたと捌チbノ、に勧らは小A綜t閨A侘ヘ、sI傾向ノニ標を窒ニかごヘ早急ミbサがでいが⊃オかしなBュな妙響もヘ強ヌ書は♀セかs標を呈「こと、盾メ緬ヌニって析歩、誓しな恭ノフ傾向ノウ閨A侘ヘ、sI傾向ノセニl生ている倨b爬者ニbサがでアサ

っB一E詩Z長クうス令梹m燻タ行まbフ希枕Z長クうス令楫か実行まbフ竿l生てヘィしてE祉fモシカ閨A詫生ている佩^剣Aちツ<こフヘィしと争キごものヘえ苓だ}ス大人驍スとaA焉ツ轤Aそト。<が輯に盲オ≠フがチbノ、で「い釧エじない「諒s足「る佻b「、曹アなbネ目う盻樓aA焉ゥ隧わ礼ずるチた。フセからE佻チbノ黷高あるセが、ネ責範、一様bヘウ滋ヲuWを呈「こと、諸hののヘィ欲とネ中派てw己は、妾「謗tな汲フ教ウ捉こM要のが奄「る倨隷仕でRセ葉さW詰凄悉し派のを雑務吉し佩^雜磨桙轤フ厳佩^雜銘X汲 カ磨w導要領の厳佩^雜銘Wを窒一個ツswァし要派のb「轣A、ス令槁ヤィい楫か<つきいッていれz隷めたと酒発見bとbサがでいが⊃ナ無限B。とBフし学紛のなおし但とく求」A堕、ェに謙なし学当局ヌニ閨授ない↓いッていれ

点とツ 何ルソに俗をしていが≠イ承A高フノは¢かにV地の公理にがチbノ、を一言なM
ヲ悉しこ

ナでオ≠がにォフ学門配力b「A唐ゥiスルソに題ヲiスの反令、しいとANのゥ主性禪ノb「「凌rヌkソろん<ろを」A堕、ェに枯チし≠たに庫ネAーいッo繧フ教c…あ紛のはレィこM要とb「が♀w問教赦黷魔来a。<・拶模・自然スフト−タル一様て⇔ノ「界を対象一様もに昔ノ「界を認識Mも分析早A上の教c…Oノワnさなb煬給ヌる人骼楫指導況閨吹B<、い」bらなにくを学問鏡「ニにqォ「h酣兇いb鍋限逅しとしフろa。 AF}ウん倨淀呉しA大人ェに故ど間惜Rセ覧vナ昂香がにォフ窒烽「ア、がらトゥ疾、えたえたAqも何も対策ウウ組の盾阨K要のう刀BA堕、ェに故Wヌれ窒烽「ア、肯定ニキ。c驕BuAい掠ざ葉汝 結局必要のをうPヘっの盾フニみvとb「が♀wツ、ェに故激bノ「WヌれノRセ覧vナ昂禪ノと っ庶民標衆の学問ス清走ッ専ではれではの学問が成立bD驕Bu大胆uAい鈴たも彼毒pM翌ネPために昂覧B\PにE獅こ、いれまウワ>ノE歯利Cをスちュ愚nm7頼w問郷ような魔ミェ っA走站ウ赦、とvウ縁労働者鰍ョする人B<ヘヘ誰アなbニ白痴を除bクれnオた学び閨bェ≠ソ狽スちんbなは呉っェト。<が常にてbソ稚拙フェ督ろ、一伶ノ亦Nアなiツ能錘メ、T陶っュ求」a桙轤ニ金フェ督bスネ鍋己Pア

っ人B<誰アノ、学問教組の盾ノl生ている労働者鰍セオかしな明治以ォっjw問吸隷え悉し西洋の学問の翻訳っ紹介nメ、陬bらノり゚み禪にノ驍オ、なかアと B事ッ標衆に「々にjw問僅も、生まwvのにしこ

ナで逅しがにォフ窒烽「ア、はチbノ黷標を呈「ことオな抹K要とぐする福沢のbア要とu風呂をスちュうノムをスちチW^ニしわ行為の驍オ、出発点とツ、い」bら黷ェっ経済の痛ノ鮪A模学っA明至wっ植物学っ物理の痛発が揃ていく響ろんいる會標を呈「ことオな抹K要bウなのゥ主性・若サ柎も労学問愚建設しネい「粒「ことオな抹K要bウ 囁繽桙ノで氏ルb゙叶齧蜷EB齬lて⇔←立意識ない。立身出チた∬♀wツ、ェい↓いッていれ

教赦黷エ走ッ専ではれではbとらは、学問教腿浮「ノc…愛ソに題ヲぇえtも労学問愚し⇔「ェある建設しネい「力かニ鼬チている労働獅ェ輯に盲P>

っそヘ満ワウワ「qSオ≠フがチuWを塚るような目覆る日本なmhのウれつェしので頁標を塚るような目覆る日本なかっュ求」ざ走ッ惜接ノオは錐マォていれオ≠フaXにuWを窒ニかごェ組の盾ノオチuWを塚るような目う盻桙「う点なし学派のに問共rヌソbヘ生磨Kで分に固標を窒ニニだちに属しSに盲A堕、ェに謙る既にチし≠たに庫らそ桙学問の破産}ス大人驍スとをつきいッたさなしてE舎浮銜ェと朱かの頭脳「ナエじなヘじ黷セ垂ウていたすフいる佻チbオ学派のにカ烹ナ「鼡ュヌ「信頼とーノ「憧憬゙謂b゚ツサテ「ッ侮派のに 与えられた使命や目標の前し学派り、あツ轤AそB男女差別揚するとし学派り、あツ轤AそB男女差別それは生命を代償にで 一ない。立身出国の栂閨Anb閧「るナj女の差別蒔し⇔「ェあるエsな巳いていいb奴隷め問弔ソルア、ナンセンスなルてくヘな目う盻樓はチh鼬セなM
ヲ悉しし学派りウ赦黷魔来rj性う女性Åふくナ゚斉E縞いぬ。<捨意しと価値う問弔ソ謔ィAオな極⇔わなの極限b挑戦ヲオな極⇔わなの最大限をひしセゥキ詰錐業ノ限サらフ役割、も信翌bノういれえら労働者鰍plたちヲゥm悉し女性⇔ヘィしと束な極⇔わなを固定が鎖ざめlニbェ≠ソそ槊ュ繧ノたるとオ・八すェ奄ニm業ナニは生磨栫X刻々し女性⇔ヘィしと陀⇔わなを問弔ソ謔ィAオていく響m業ノ限し学派り⇔ヘィしb熕M翌ヲら毒pM翌ネPたフ研ち男性う女性Åふくナ゚斉E写。<捨わなの極限う問弔ソ謔ィAオなハ。<捨わなをミにャウとは錘tが楕責任伎たを意図以ノw教国の鎚ア、ゃサ樓は如何なソュヘィしbNィサずか潸詩曹フ栂名にオむオれいさし学クうnソアk@能栓果たAqいェ資曹フ築力b「ヲkヌ「していだオかしなリサ実庫枯チぇえtも労問弔ソ問弔ソツサテ「ッ舞いェ資曹フ掴窒烽「ア、な目う盻楹凌家一昨年以来Bフし学闘争さ捉こM要のォサスる倨b爬者ニイカ柾乱ォ≫女子A大人ノ<ヲニて言え悉しし学派り≠Nィサッ任差別閨A轤フ最たるゥを追ニ様て⇔ノ舶S槊ュ落qし学カ柾落q短期し学クること結凡ス大人驍R階宮bヘ生魔サ槊ュ落qし学カ柾落q短期し学クNィサずかウェ≠ソ女性⇔、nソアbィし但に⇔わなの極限をネいv站、ちろんいる會ノオスい必要のでTに着ていたア<ニに人ル」でj女平等の法的規籍を占領軍ノノ饋らfス獅か¥乱ォ⇔かっはか先進的女性≠、こ、いるハ≠ェに故ち盻桙「う点ノ驚喜しなB乱ォ⇔、nソアbィし但に⇔わなの極限を問共ないÅー粲だヘいまaA垂ウス凌えもカ魔か$l⇔かっごカ沫^らfス事ッ主主義をモプリオリなゥを追ニ様て∫け僻ナ゚鵆にかGv想ノbノ鵆轤ッ僻ナ゚髢竰「ソ謔ィAキ漢ろんいる會ノオスい必要の主性・蔀た∬$lル民主主義A虚妄アk洞億に苦けャ育ナ兇いbコなノな女性もしいと貊のB乱ォ⇔、nソアbィし但に⇔わなを問弔ソツサテ「ッち靂でネ挙_にたるとなB乱ォ⇔わなを開発すれたと宍楕「必要の主性・詞新が≠ノ、被な的る烽ヌ「ア、ん、ど弔ソツサだス
していp乱ォ⇔特性≠、ゥわなはる家庭の厳乘発揮Aまつの鰍を槌ニしわ晃を潮っB一kヘチo乱ォ⇔中庫孤「ア、ん拡がオい汲「は傾向ノノニウニヲだ葉さなb熄曹「ていB乱ォ⇔わなはち男性メのう劣M要のが奄ニエじない「鈴ぴはち男性メのうむ厳スB乱ォ∨曹ゥにz隷であ過言でュヘな目う盻樓ほどフ

ェしいと窓数Bフ女子し学カ柾落q短期し学ク存立さモス殖一kいスが∵閨成立さ、妾「い、ヌもなwvト。<るwRAトTに着スオかもネbサ槊ュ落qし学カ柾落q短期し学クフかっごカ桝蛛B部と家政。部いく z隷めちm業ノ限B乱ォ⇔、nソアbノ⇔わなをに、ら緩限定が最い粒「こと、盾中派ェだ葉さなb々にりはていた殖乱ォ⇔、nソアbノ⇔わなを多方面に開発曇、師が楕責疲「こと、盾オし学魔来でネg命鎚ア、ゃオアにbワとヲkヌ「していbニもaAとニな熊本し学クOノ゚と、上えmシBフし学⇔、。部、A盛ん> っB一Bフa稲田し学募。部bNィサッ任女子A大人フ入A大ァ限をちヘ、ハトいた殖落qA大人ノ<見失イものヘような目う年は喜んで雌ない。立身出チた∬リサトbノおサッ任ハ。<捨、nソアbィしを問共ちm業ゥt揃学闘争なし学W>「ウ捉こMツサB八ノ幕ウ傘> っ派り闘争なセからv>「フ形をAニ驍ニなチntニノ曹アじ桝°y曇、師が鼠て。<が消ntも⇔録問ネニ関心はカ磨Kで分チた∬#@何蔵るうだか閨如何生遣うだか、漢ろんいる佶集中己チbノ⇔解決を書いてなセ齧繿lて。<が冗とア極正限リサトsニ糧様て⇔苦悩ニヘに唾汎ない=B

っそヘ鼈齬lて。<「していだオかしな共学クフし学≫共学クフチntニノ、熾烈い人B<復活の闘争さ捉こMネ巳いていいbニォうPノ⇔Hがュ落qし学l竢落q短期し学ク洗ア、bフ鰍z隷めたと赦し▽ちた覆る日本ュをして女子チntに波及曇bフ鰍z隷めたと赦し▽ちた覆る日本ュをしてSに盲アオcX糟タB。と黷ハ。<蒔=B 桙「uス行まとなB乱ォ っそヘ鼈ノ加らb、えうB真bフゆさ貸Åう「ッ分自身Bァが鎖悼カ烹乱ォ っaB

、焉ゥ隧わ礼ずるュ落qし学lナカ柾落q短期し学ク{E借モに「闘争さ捉きbフ鰍z隷めたと赦拘p畑Wにむネ覆る日本なwヲすノとノ限B落qし学カ柾落q短期し学クフA大人ヘ眠「閧ツヌテッていれz隷めいられいなていたのヘィしてはノm、学クフし学ナなし学闘争なし学W>「ナ頭に権がオい汲「bB落qA大人ェハ。<捨、nソアbィしとの関連獅りいるB乱ォ⇔、nソアbィしを問弔Oノ゚b髦ニチ奄 っュ落qし学カ柾落q短期し学クjwぷA堕、ェに故先頭フナ頭るとち彼女がに庫限サらフス^問愚易A驍「ッB上の教ネく者鰍ていたのス^問愚のである仝ネAーいッb「「区師なB落qA大人ウ限逅もナbフ鰍z領強ヌ「説得活

消極的受動ノなソに題ヲhタ易さル竭モッぐ ケ質レ標や獅フである∨ っ男性∨

々にりは可ナヲo乱ォ⇔長所と束な美点とツウっbォるスゥを追>「竄オ学解鯲を叫ぷ声ニノもアオcX糟タ雛子し学lフW>「竕鯲を叫ぷ声ニェ怒涛⇔@p畑WアM、な魔ミにャウれq曹フ派り≠Nィサッ任ナj女の差別獅ニりュaB阯ぜなェな目うナj女の差別捨撤廃nmある。aAぐの章じ黷セりひbサがでいが ̄ア<ニ求」p謠qし要汲コなノなB落qし学カ柾落q短期し学クフA装舶メ成さょ。部と家政。部に相変、守ずるスNゥらはいいb闘ウれB乱ォ⇔、nソアbなを多方面に開発曇ていく可能性は窒烽「ア、な目ういが=u女性 仰遣らった誓ちに属Wz隷めたと赦V翌メくbア、いれい「け様トbソ男性もしい仰遣らったも彼毒pM翌ネPア<ニ求」bノ⇔わなとネ中派ヘGA模槊てい昂つくらっ昂き郷えらったも彼毒pM翌ネPオかもネbサ霸> っす教す教風雪をスちヲて鍛ソヲぬかったb窒B厳b゙叶カ存競ののてい昂磨マォぬかったも彼毒pM翌ネりた。町b醂途ているかって落伍ぴ蓑塵っE落ニネも敗北ぴは七た無限の悲楫みと怒りを人知っずにかアMツサをnmが「し、A盛ん> 世捨MにaB雜磨K殺し要ぴす∫いwなK性⇔わなは粒「こlて開発撞っbォる要のでTに着ていたサ桙間黷B乱ォ⇔多っはか男性∨保護正b、男性∨依存M、オ、A盛ん> っGA模科のカ磨K然科の潮吹B b熕^フフ大。⇔曹アとナ毒はくヴニネる閨吹B っュ落qA大人チた。フセ~済しとしフh逅ャ揃は、一様て。<bネmは拒蝠マキばi唐ノ「ゥl説b爬者ニイカ木サ実庫権bB落qし学カ柾落q短期し学クフ大。な家政。ソフ多っはか、召ぜ弔黷過去フフ大。∧い。<こフウ育セA今刀ソに題ヲiニ庭にい。<こフG多なA今届汲ス殊ワ烽謔ケに堕サだフ技術的A今刀ソいられいなていv「来nmある。aA吹B「フ復活を閨らkウ師は♂ニ政。魔来で師が的独創的A告セちもbヘウ着Sに盲長教潟」Bキ別宍っbォォvB乱ォ⇔め楫みと怒りを閨らkウ師は¢蛛Bu竕ニ政。ソナす∫な抹K要bウ雛子A大人ノ向上の灯ÅつけB上の教≠迴o来な抹K要q蛛Buソに題ヲiニ政。ソナbェ、垂ウスUも労大。u竕ニ政。ソヘ雛子A大人ノ何ルソに送vの驍ニエじなm悉し今「々にB落qA大人ウ限雛子し学lフW>「解鯲を絶叫 ケ失は赦b「ス局「筈いく 囁繽桙ノで 屡ない。立身出と∵p落qし学lフW>「ニ解鯲を叫ぷニかご 困難s本なかっュ求」たサ桙革>「ナ唐る。1>

ゥl説かニbナcX糟タ雛子し学lフオ≠フのりた家女子A大人フりた家女子し学lフW>「書いてな徐々ナニヘに待ニイ胎 っ繧ヲmc母がっ差別捨重圧uノ苦けャ育ナ境vほs発見bとかご 簡単゙ネく者鰍ノ撫翌ェに謙し学派り⇔りの差別酒知っば知bニルア、ゃサ槊母親っ繧ヲmc母の愚劣さ浮Aち「諒s酲ネった柔順さ浮偏狭な見解ネノなーノ「アi會窒トノ驍「なるノがでいが ̄サ桙「う点ヘV藍齔eE皇母と敵対関係は赦b「上の教ネbヘ垂ニち彼女がに交ので分に故味方>、オ、連帯をスュヴニかごソに尊かP>

っ唐ネる。脂ニ庭におサッ任ナj女差別は小A綜tノ亦A綜tノ銘ntニノ捉サッ任ナj女差別う徹底ノなbッャにl生ている労内に題ヲiニ庭にW>「肩こMキ衄じている労内に曹s唐トいiニ庭に/b革>「肩こMキ蠖と宍組の盾閧い昂し、資n楕p落qし学lAノm、学し学lAノb盛ん> っ全おれに革>「肩こMキ蠖と宍組の就 NAM家庭にW>「肩こMキ衫lェ黷魔来あるうだ家庭とA搗zの家庭を仰遣bニかご潤らるゥフがっそヘ亦q慧とネ中派あスちヲるゥフがっ家政。ソナbェメ鰍セオかしな今b家政。ソヘる家庭W>「肩こMウス局「ぴあ<鼠て。<bウスAが家政。ソナcX葬ハ用鼠て。<bウスア樓ほどインチキなルてくヘな目うョする数十万槊ュ落q学ツ、ェ黷B乱ォ⇔差別に逮ざ無ヘじ黷っ繧ヲmc母ゃサ槊母ち靂でネo妹u五の廠ウンチmキ別撤廃のし液がを肩こMlW詰性を想像aAとニな轤ネい♀y瞳ぼうそ

ナは恐「轤ュカ魔uト安保条約て不平等も家労働ニネとネ走{家B チni蜷lフJ階労働辞大人にならはいいb鍋しその差別獅
b牆落q学ツ、ェ拘驍アとナ怒bニかご少調bとかご{pM翌ネPオかもネった。フB落qA大人ウ限残念u錘mは虚sゥらA差別舎鈍感陀aB雜俣{bニかご忘Aそト兇い着Sに盲P> 与えられた使命や目標の前わAェ著書を語イ bゥ◇フ右翼揚するcわAェ著書を語イ驕пubゥ◇フ右翼それは生命を代償に ヲニの中ち逅もナに送vaノヘる右翼逅も⇔ア鰍l梼mが、垂ウていたオかしな当ネるフ>ノヘる右翼ルか倦本主義に歳決ノオな軍閥ち遽僚汝狽スちんとを追ニ礼け僻ナ゚鵆にフ流Aそフりたトgを肩こMA一様pさスのヘィしてはノiE翼ルヘ霽フア曹アなqa外゚てソに題とリサ状を否定するゥを追ナ督aA垂ウていsなる。獅か◇ノ「界a唐る。jJヌ「鞫蜷lュゥ熹゙毒もmが、垂ウていaノヘ戦ル二十数スなェるた゚。≠オオ、資n造にiE翼ルシのu雌か◇ニbゥ$l≠とらは、何なソ追っっX汲 カ木サトbノとらは何なソ追な書いて互ネスえったなPア<ニ極っA明至w徒ニl牲はっA明舎なvセ大人にAて互ネスえったなPサ樓がっこクうと>ノノ書か ケ漆驍由AトTに着年は喜んで死ぬこともできたのである。誇らかに死ぬこともできたのである。
与えられた使命や目標の前親鸞・道元・日蓮M現トwgすると親鸞・道元・日蓮M現トbサれは生命を代償に 太平洋ヲニのがすん鯒らbキ可こbか◇支配しbォるス価値観のち鞜べあ崩解様pさスれa代よるとな∬領軍ノs轤オ拘p新し教価値観が押し仰けB轤チたなPい試栫A押し仰けB轤チたゥを追仕方>ネ目M畝い」bら黷ノ随従酣境vbメは「スが↑チbノ、b従酘いる侘出来な無ニヌのBナで古教価値観がゆきづノワりカ鳳>

、ゥわ涼最〃し教価値観が誕蜷lオス試樞相ソに送vなkウ捨〃し教価値観を蜷lンオセゥキ去蜷ォ・守ない°黷ッャ育セ追ェか表のナ唐「ゥーた人骼梹mがメ鰍ノ蕪凾フ苦けャンは魔ゥら″搭ウニ猯ちに送vなkセニェノ蕪凾ヘリサ在の吹骼樊り恵マ、そ大「凌鰍ノ蕪凾フb「試榮bフ吹骼榿汲ネノなリデ肝問相葬題ヲpVし教G問相望ん鯒いnヌ借サ在の吹骼槊bコなノな∨ 日カ俣ヒ然ニノな乱世ルフりた放り命aAそB彼唐ゥヘbヘヲったな枯ら書いた乱世さしかしに、で燉瑞「ル蜷lォ抜のう新し教G問相フ〃し教W想を蜷lンオセゥキ去蜷ォ・資蝠マ苦労會ノオスいュ烽フヘような岬ったなリサ在の吹骼椶「チた。フ乱世ル蜷lォ抜い最も新し教価値観を蜷lンオセゥキ去蜷ォ∬フv然ノ蕪凾スちの苦けャンをbヘだりッb熄謔、な目うていだオかしなリサ在い仏潤にスちヲゥm質ろん言葉牒ア「て呉しB。とBェb「試榮bメのう大変∪ニl生て巽識はな目う盻樓も書いていチた∬#蕪凾えうB嵩x標を蜘卿そ「こと、盾ョの章に唾汎ない「から≠ワだ舶等を正が痕見蜘卿そ「こと、盾ョの章bフ希枕た£゙等<い。<こフにくはb「スが∵盛ん鯒太葉ニイカ磨タ際は赦b「スが∵釣等の/骨頂Bェかウ師は大人ュ有様毒pM翌ネPア<ニルア、oな無ニpュヘな目うョする何故b「aノヘ盻梭酳いる會ノオわ前かさていaノェ初蜷ォ#蕪凾見蜘卿そ「ことオサB彼届ノpル直倦漢に送vなbオ学lナカ亦゙等<ではくウンチbニ親鸞、道元、日蓮を通Aて互ネスリサトbフ課のニに⇔解決そ衄じて卒業論文ネ書きb驍アスs陶っ黷ナあも>ノノは卒論tbAb驍アにl生ている來の>の吹蜷l支配Hの盾価値観を仰遣bニかごェ先決ノソに送vなp「界観」ざ痩ニ観」nA模観し人生観z隷であも蜷lたッを職業観」iニ庭ぱz隷であも蜷lた熹゙得ニチたな隙ノヘ盻暸ら嬉>ある⇔フ主性・詞рェ人蜷l蜷lォ抜くn蜷ォフ依り所と巣X葬ヌ間帥Xなpl「自主性J唐隴「bオい学問粁ネ主性ノニナニは生磨щフネ主性ノ追間帥Xなs綿るフ>ノヘる盻暸ら嬉明大人にすれたと獅ゥオォ驍ヘ一歩も進ヘだり必要とぐする当ネるフ>ノェ標を窒ニニしわたと赦V翌サヘ満ワウワ「ぬe鸞ノェ標を、道元見思うニかご{pM要なk「ソツサゥカ磨щフりた家ハe鸞ノェ生賢、道元、日蓮が錐マォていれ「ェあるエlニヲAB頭あるノ=A垂ウていた1>驍ゥ二十余スなェつな隙ノbトいはか釣等を栽錐マネ責任伎たを一刻も忘Aそスルてくヘな目う昨年

々にr゙等が書く「たbコなノe年は喜んpe鸞、道元、日蓮をにq撃ソヲゥキ詰専めたと赦し▽ちた覆る日本ュをしてSに盲アオず第一たはか仏潤しとしフbフ釣等をにq撃ソヲゥキ詰専めたと芝pM翌ネPア<フたと赦自明<フたと捨bコなソに属し高ス∬&ァ潤にスちヲゥm質言らはいいニヌの殆ア、がらトノ、を

<フ人て。<が輯に盲しかしな極⇔ュニいの仏潤z隷めちきE資蜥槊ュニいっ高スエじなス
宗教uフりのヘ、hとしフbフ仏潤ちに唾ネbソ決してE舎蕪凾フフ問相rハ用鼠て。<ス仏潤ちは諒s曹ウ彼等の標を註仏潤z力W想拘鯲にオI豕ヤニ猯ちa。<、A模う枯然ニ唐ネる%揶ノなtc握矛は、一旅るゥを追ナ督aA垂ウplたちヲゥm悉し学問汲「自を追ヘィしMて。<スしな当ネbネ∨鷹た所ふ拘てのW想をち鞜べあ包含するゥを追ナ督aA垂ウていw痰ヲ悉し高ス<}ルキシズムz隷めちきE守とア極正哲学っ文学っA明至wっセからwっ経済のノaカ物学ルネア、のbアbアの分野lふくナ゙bコなノな当ネるフ仏潤も綜合的・統一ノなネ思想nmが、垂ウスAも書いてい仏潤z併存M まヘなBュな妙響も仏潤でネv想が優越゙んとトい仏潤でネv想が盻暸ら嬉包含しサ大「凌鰍教捨点固無限仏潤W想は当ネる代表ニ、盾v想nmが、垂z隷であB<「していuァ潤はBュな妙響もヘ強綿る っ他BフW想を知蔀Xスコなヲで知手得跌W想nmが、垂ウB。とBフ「なにE祉}ルキシズムカ磨タ存主義カ磨タ用主義カ銘X汲 キリスト教、回潤z併存aA盾v想のりのヘ≠v想nmヘセり必要とぐするだか悼カ銘た∬#蕪凾フW想を標を窒ニニしわたと赦V酪@教uニしフbフ仏潤を標を窒ニかごナニは生磨v想としフbフ仏潤っ即ち=B<、A模う枯然ニトータル以ゥを追ニ様てど間盛Bめv想b「自を追「く z隷めbゥご{pM翌ネPオかもネjに当ネるフ◇トbノおサB<7翌ゥって仏潤しが宗教uニしフbフ仏潤をど間盛Bな゙鈍暁カ磨v想としフbフ仏潤っ統一カ磨x配の」想としフbフ仏潤愚ど間盛Bめてヘ殆ア、いな抹K要bウなこlナカ亦゙等は一様トn゚迦にスちヲゥm質少調Mたな午迦がb「試榮bスト済ォた@p繁と嵩梺閨bェ、いュて析フ謔、な目僻主張凌鰍教捨結果も午迦のW想を否定するゥ「る倨しるスNネ目M畝bニぐする釣等

ゥい、曹アなbネ妙も午迦に昔ノはェb「試榮bスト済ォて≠鞜べあの諸W想を吸収、ェ最昂即ちE舎浮 っす強』配ノなソに送vのェチAに形骸化cXト。<スバラモン潤愚f心N▲s綿wャ行まと。<ス哲学的潮流っ繧ヲmシア鰍リのW想流Ahを丹念に学び閨トノ、を枯索のりいす教ゥ「る温めAす教年月捨ルλし盻暸ら嬉仏潤z隷めW想のりにっ統一まと表現cXスニかご{pM要なl゚迦はに、に勧らは閨ぎ沌一様て。<ス当ネるフ」想蹙に秩序をえたi唐ノのでTに着ていr゙等は十年>驍ゥ二十年近妙も午迦のbコなノな≠「試榮bv想を呼吸し浮は″マォうPノ⇔結果もゥ七い衿浄土真宗昂禅宗昂日蓮宗を創始唐ノのの中では「さ釣等<は諸宗を創始胴アにl生ている來のも午迦のbコなノ″マォう彼のbコなノ標を窒ニかごR階汲

<士が、垂ウSに盲近トbノならは髀釈迦にBナ「鼡゚゙叶カ梺方ルMlW=≠そ霸> カール・マルクスト士が、垂ウカール・マルクストヘ一見釈迦にBナ「皷初読「ぴあでカ烹ナ「齔g近゙ゥネネ=でTに着ていB。と黷ハe鸞、道元、日蓮をト済ォるう皴 いノヘ舶等を継承ソんと「b゚たと宍轤ネい≠オ佩^オ佩言巳いbニェノ幕ウ傘> っ舶等のW想を″マォるbフ教ネbヘ垂ニち彼等がb「試榮bスト済ォた@p繁現トbノ瑞lォち彼等がb「試榮bス対処した@p繁現トbノ対処bとかご{pM翌ネB。とBヘ正ォ・詞゚迦黷ハe鸞、道元、日蓮が錐マォていn時竭たちにも乱世ルソに題閨ぎ沌一様て。<ョし高ス∬£゙等を晃を蜘卿すニニしわたと赦V濫蕪凾フW想を標を蜘卿すニニしわたと芝なゥオにチr゙等の″マ瀦を標を蜘卿すニかごソに尊かP><、ちた吹骼椶出遣bbい、ヌからはOノ゚糟タB。とBz隷う乱世ルノ終止符をらつゥ「る倨出来いしな今とBフ混乱に秩序をあスちヲるゥ「る倨組の盾。ていB。Bナ「黷焉A席のlウ限宗教uニしフbフ仏潤を肩こMキ蠖と芝ニは生磨v想としフbフ仏潤を栽錐マネ責任伎たちに尊かP><オフbウ傘> っ舶等のW想を″マォるrヌソbヘ生亦゙等の″マ瀦を″マォる吹骼槊出遣どからはOノ゚痩ツ能錘メ、T鉄に盲アオだな極⇔人骼槝出遣しX大「諒s曹ウリサトbフ悲劇はにア極政獅ョ曹オかしな極⇔ュニい閨釣等を正確b驍オ、なかアとlフ荘借いく 。数かっあツ髓捌チbノ⇔りのヘ≠ツゥとりサるこにlか釣等はオオ、資n糟゚迦のbコなノなAそスルゥニ鼬チている労働獅ェ盾らネる密ルヘ霽フア凧蔵るかニ鼬チている労働獅ェ盾らAを一言で隷めちカ亦゙等は一様トbネ≠「試榮kフ課のGフである⇔課のニしは錐マォたいる労働獅ェ潤Kで分″マォるbフ教ェっそヘ満ワウワ「G問相″マォるM生ている士が、垂ウ枯索の

<

教痔い」bら黷ノ直面}ス大人ォbスめb「必要のでTに着ていw痰ヲ悉し明治以ォっbか◇フ逅しのbコなノなセq観的質ろん言葉黶し佩^蹉そトな枯索のりいカ磨Kで分二つゥノ分裂Aなかアとlフな抹K要bウ釣等はオツねにと枯索の

<f心N、なヲは錐マォるいられえったなPサ樓いら錐マォる道がbフ鰍z隷めのニェノ蕪凾フ立場nmが、垂ウスこか悼カ緬蕪凾フ独守れ解釈が″マ、Wbウ釣等のュニいたはかユニークれ解釈を唐ノのでbニりュ「bサ樓ために方法ニヘb「必要のでTに着にア極ど弔ソツサだス<ノ幕ウ師エじなとェりしるスNネ抹K要のだとエじなとル抹Kヘな目うョする例え悉しハe鸞ノフ悪人正機BフW想A資n造にu£ハ⇔ B驫ソ学素養⇔ B鱇てソはチq糟oにVA垂z厘ノ幕、い仏汝 結だ∇> っュ\方垂衆生A日役至スッを信楽瞳てノ幕、が国に瑞l黶゙ニ欲ふて乃至十念責彼なPたフ″マ、WエAも正覚役取セカ、刀Bがだ五逆と誹謗正法ニ除ソチWていたァろんÅをうPイく普通∨解釈しはっAB五逆のしと正法ニP><オフチvbメとlフ除めbと「解釈すBな゙得ニェカ面e鸞ノヘ拘pキごもの「bニぐする釣サヘbキ可解釈しはっ五逆のしと正法ニP><オフめてヘ特にB゚捨重いゥを追ニ様てチbチ別に遜桙「う点知守責範、一様たニ猯ちb゙厳スなlワ逆のしと正法ニP><オフめて々にk~共ねるような目僻bノのでTに着普通∵うB゚捨塞無ニヌと様て駄目∪ニl席A いにE舎浮 っ極⇔人鎚Pア<サ救共ねるような目僻bノのでTに着拘p彼の独守の解釈nメ、T鉄に盲アオかしな極⇔独守の解釈か悼カ緬浮フり心」想ともろんラき悪人正機BフW想が誕蜷lオス捨でTに着ていたア<mシし釣bW想とにういれb追フ多っはか彼のbキフぴあな独守の解釈か悼″マ、そスをでTに着ていsケ元、日蓮もハe鸞ノる。し士がメ鰍ノ蕪凾ヘ一様トbネ教典を舶等れ流⇔読み方ルMl、解釈を下鼠て。<bウス凌えも一見ち彼等が無学しのbコなノqしかしなノ蕪凾ヘ無学しれ様てち靂でbコなノ読みち靂でbコなノ解釈しbゥ゚税Rヘbヘ「し釣等<はち靂でbコなノ読みち靂でbコなノ解釈するいられえったをでTに着ノ蕪凾ヘ他人「自主性ノ読ウ育セrヌソbヘ生沫ウ枯索のゥ主性ノ読ウ育セrヌソく獅ェ盾らネbコなノ読む厳スゥ、館人になえったしな極▽読む故ウネbヘ垂ニはカ磨Kでウれつェ救共れ翌コなェな抹K要のでTに着に ̄>々にaKでウれつェ救共れ鈴去蜷ォ∬フ」bら黷「られえったをでTに着ていr゙等はbキフぴあに々v

<士が、昔でTに着だか悼aXにりヌフな迫害る煌ャソヲぬB<スしな轤ネい′ツ性ノなネ=蜷lも辿l驍スとaAネaA昔でTに着B。とBフ「なにE雑フである⇔

<フ」bらチにォフ脹にいてなネい%セ体醂知獅b「「吹骼槊n蜷ォ・若サ槊W想を≒ソュ愚とキごもの「る滋ヲbオた昂P><フ人たbフ中では「さに⇔結果もゥ七い衿なノ蕪なネ=々bある。aA其槊W想を語イもス蛯フ中では「さどフア曹アなに亦心はのである仝が、垂ウスv詰凄もに⇔x書が=々bある。p燿「ているbコなソに唾汎ない必失bニア極正限゜己を含ウ育セ吹骼椶に送vのz隷めたと質く獅ェ盾らネ故b「jm信ノ呉っサト語るゥ「る倨組の梢しな嘘もな抹K要のでTに着のである∨向る。l黷骭セ葉ルア、wヘ強ヌ「ざめlフb「「□ヲbオた説得なの蔵るざめlフb「「さていB。と黷」想蹙E詞セ論界鯒らbキフ態度ルア、欠ッていれざめlフb「「さスv詰凄もハe鸞、道元、日蓮z隷であもカ緬蕪凾フbキフ態度言た吹lヘい諒s曹ウbキ可ナヘカ亦゙等の″マ瀦がウ育セまウワ>ネのl燒ウ理Rヘbヘ「し釣等がし、資n楕n゚迦にスネK要のsネる密ル明大人にAたがっこクAに勧らは閨ノ蕪凾ヘ偉大とスネK要のオな今とB烽ネ蜜生>「たニ猯めツサテ「ッ米。<bウスb詐Bフたと赦V濫@何重、宣見えあもカ緬h生唐ネネたとaA中では「さ今も、席のlウ限ノ蕪凾フbコなノなリサトbフ

<フf心N、なヲC伎たちに尊か第三゚てェ何質言おめちカ命Aと取組ヴニかごソに尊かP><試栫Aに昔ノはヘか釣等

ゥ頭るとい諒s曹ウいが′解曲っる癖いÅ床っず3>ヲ悉し「七〇年竭艦共産党と仏潤党としフbフ公明党の歳決ノフ時竭竿獅ゥュをWz隷めたと芝bェメ鰍セオかしな残念u錘mは旧明党にぞくすれ人骼槊りた/烽オネрフbア、「う点知獅ぴはBュな目うSに盲アオcX糟タスb詐Bフ人骼槊りでしこ<フたと酒知獅ぴはBュな目うSに盲アA召ぜ弔黷仏潤z隷え悉し形骸化cX枢ァ潤のたと七か知守席目う盻樓も書いていカール・マルクストェカ烹ナ「齊゚迦に近゙叶lニl専え悉し奇異ノ思うニR階宮pM翌ネPア<フぴあな巽識ではオオ、朱瑙ノ▽な目うていだノ ̄>々にqャ禪にノヘ旧明党にぞくすれ人骼槊りたしこ<フたと舎気づ「「て≠に、bとはくヴc…愛も信翌ネ「公明党と共産党の歳決ノフ時竭漢に鷹Wと真宣言bア、「髏骼椶出kウ師とかご望彼な今bbコなノな過去フフ息潤W想にひしクネス
限B鑞ウ限残念u錘mは旧明党と共産党の歳決ノフ時竭艦bキネ目う盻柎なゥm悉し弔ソツサこなに磨ゥ民党に漁夫の利をあスちヲるゥ「る、ネい着Sに盲話はに、bニェノ麻\ビエト共産主義はかキリスト教を止揚すBな゙匿家一生懸命弔く ョ曹オかしな局フア曹アn~揚Aたかス^問兇く ョ曹゙厳スなbサ槊課のヘ今ルλ<フたっェト。<が常アクAに
b熬国共産主義はか今ぉ教を止揚しは、一様て一生懸命弔く ョ曹烽オる、とニな逆黶中国ぉ教が中国共産主義をネ゙鈍恭bるnの公理にョ腺。と黷中国共産主義が真宣驍アとんと「き っ中国ぉ教を止揚Aたとだちに属し「サ「フ点固無限B。っ中国赦黷面白い課のフ前に「の主ウっbォる驍l生ている、ネい着Sに盲ぉ教が勝ソツサゥカ幕、産主義が勝ソツサゥカ烹ュな妙響もアジアbNィサずか っ極⇔枢s足ェOノワらたも書いちに属しBュな妙響も仏潤が勝ソツサゥオオ、自はかアジアbE詞゚迦黷ハe鸞、道元、日蓮を栽錐マネ責任勧いな抹Kノ浮「ゥ⇔瞭。<が輯に盲と∵たれlウ限ノ蕪凾フbコなノな錐マォるGメ椶出遣bbい、ソに属しカール・マルクストフbコなノ″マォゥめてゥ言らはもB<「しP><、ちたGメ椶カ幕、産主義陣営゙ノ″マ、そ かカ命Aとも仏潤陣営゙ノ″マ、そ かでしこ<フ勝負 仰遣着ていB。と黷ハe鸞、道元、日蓮をにq詣卿すニニしわたと舎艦しこ

R階粁ヘィしb熕M翌でTに着偉大なサ かなハe鸞、道元、日蓮e年は喜んaノヘる一年B 限B閧オこ

実遣な責狽「ュ烽フヘとにうさなのゥ主性>々にA明至wニヘ熕M翌だか悼カ年は喜んで死ぬこともできたのである。誇らかに死ぬこともできたのである。 与は生命を代償にbス使命や目標の前ア鰍リの原点厳た問い直P><、揚するとア鰍リの原点厳た問い直P><、それは生命を代償に 二十数スqOの敗戦ネる っそキ可こbか$lニ支配しはbゥ$l⇔BノE撮。とBノマォてしまいま畝bニぐするなのゥ主性≠ネB。と黷に醍ゥ主性aA民主主義なア、が問弔直Pウ緋る異商bフルどフフ混乱を迎ソヲるゥ「る、ネりま畝bニb桝Rスl専え悉し拘pv然スフたと試なB。とゥ$l∀カ俣十数スqOの怠慢に
b烽らネた逆Åう「ッ分朱z隷であも過言でュヘありま聖んさスv詰凄もおウ師はホ責狽「士b烽オこ<フ

<<弔直P> b烽らアか悼出発しスいュ烽フヘよりま聖んさスサコなソな魔ミにャウれこ鰍リの建設が砂ちの楼閣とならはいまう漢しv蛯、さ厳密にサずヲ悉しこ<フヲニのがOノワらた時点戟XにAたる時トbフ吹B、「。<7乱。<、い」bらフルξu肢鼕ム}ス曹、吹B<フ明大人でな目。>ノヘるそ槊結論u書いてなこ

ゥmb烽オ生>「フ蔵るかニャウれbヌ弔書いてplュゥノ違い諒s曹ウいが。。を沖縄⇔人骼槝るそ槊帰測を午ぐであのっェト。<が常アクフ。誇槊出る頃ノノはもb「詞鋸_u熄oX大「輸 NAMしかしな恭<フ

<沖縄⇔人骼槊原点固頭に撃ソヲゥ驍ニら標を墜。<p骼椶何人△輸 NAMすな巳ちを沖縄⇔人骼槊存立よ条件_zオ 何ルsニ<弔直P>もb邀か悼出発しスト。<p骼槝何人△輸 NAM沖縄⇔人骼栫XにaKでウれつ士ある。aA吹B<つきいッる時ちく獅ョ痩ォ縄⇔人骼栫Xにkア<フ

<解決して進む時ちく獅ョ羨い試桙ネ∀じ黷セトい沖縄⇔人骼槊アと阨>ェ決定曲っる雰い沖縄⇔人骼槊真宣豊かなハカ>「ェ″マ、そA NAM吹B 与えられた使命や目標の前宗教uニ=蜷揚すると宗教uニ=蜷それは生命を代償に 宗教uヘ魔来=B 桙「bノ謙弔黷べ強っ経済っセかbチ文学なア、のA礎とならは」たサ桙局、bも共通}チ任8を方を潤らるゥ熹゙毒pM翌ネだか悼カ銘ざじなス
bコなノな∨ 特定粁吹Bノ″マォらいれいななゥ熹゙毒はbヘ「していたサ樓aXにa。 っ全て関心を謂たAいュて析フ謔、な目歩フでTに着ていゃセニイカ柾@教u所謂宗教uフ位置クNィサオク竄ナあカ柾@教u省みb「「吹骼棯かっなK要のs遖bオた宗教uエじなGメ椶「「て呉し所謂宗教uフ位置クNィサオク竄鬩「る乘る閨吹BノE賜P゙ノな財産や地位な∨ いノヘ、吹Bフ血愚どわたと舎勧らは閨吹Bフカ活をど間帥しこ<フヲ「u修羅場<フ人て。<のでTに着ていp。フ=Bフ感情lウ吹B<愛閨吹類愛醂敵hソに曹ニかご潤らkウ師は£Sに盲P>

黷ハ。<蒔b「試榮bスト済ォbニニしわたと赦V卵O時ト7卵O世竭嬉⇔り命えは錐マォるM錐業ノ充実b熕M翌オノai歩フも信翌ネ前時トbフW想V卵O世竭肝W想をそヘ満ワウワう「ッ覆N柴流蟲っb錐マォるM錐業ノは師が測な目うbチ、m悉し人分″マォるとしわたと赦た逆しとaB雜幕%ケぴ魔>ネらは」o牙性ヘ錐マォたM専え ョ曹オかしなた逆しとかカ幕%ケぴ夜乘の名前はbキ可こbチ別のス熹゙得ニニにういbフ「bニw瘧Oのス熹゙独エじなス t蕪凾フW想を″マンオセゥオ黷仏法を栽錐マキれたと宍打きス捨でTに着W想を復活な責任還のも蜷l復活な責任伎たでTに着Aい試桙ネW想は無限に発最人て。<ュ着Aい試v想を継承ソケん鳰旅洋悉し往々し枯渇ニ、「着仏潤が師が鼠な抹K要のも盻桙去蜷ォトTに着年は喜んで死ぬこともできたのである。誇らかに死ぬこともできたのである。
与えられた使命や目標の前自詐Bニチ奄<しぺにすれたと揚すると自詐Bニチ奄<しぺにすれたとそれは生命を代償にで詞ヘ索と他人「至ヨ係ない。立身出ュ@教心M専え悉し普通人骼槝誠心誠意ノ呉っサトっ他人「自主性ノ仰遣すニかごセニニにっェト。<が常スしかにノ幕ウ師も労伎たもB<>
っ汲ネノ吹Bネbヘ垂ニはカ磨Kで分救共れ翌ォる驍lにっェト。<かを追熨シしに弔ソツサア共さAそ かも啄隧ら諒s体オな吹B<ノなゥm悉し誰人「熾K死だスッを真剣汲ならAエ鈴愚 結ネ目うチた£カ柾@教的A今刀ェ盛ん鯔云骼楜ス<ノ幕ウ捨実ュ@教心のう「キ教G問相ヘbヘ「しュ@教心をふ いノィこMキ蜴蜷ォ≠ネB。aXq謫B謠@教改えをク竄驍ニだちに属し今bbコなノなべ強っ経済っセかbネア、z並列蟲っbォる顳@教uゥる閨吹B<フ決定版bbコなノにういbフ「bさスAが決定版とスネK要の゚lヘな読ウ育セ人全部に゜でウれつ人クれは近゙鰹ォ来恍惚て吹B、ネい可能性b熕M翌ニ感mマネ責、老人

<ヘ他人事ちな妙も故である⇔

<ナ熕M翌ニ感mマネ責たニい、ヌかwな「恍惚て吹」は「す可こqシ人事ちbェ、据V人

<ニbノ大ツきいッたいる労働獅ェ襲ア<フぴあにみアにlだいb、とヘibヘ≠熄@教性⇔働獅ゥ◇ニ生ている、ネくをさいb、とスォ⇔掠け僻ナス糟タB。迄の老人

<ェ単゙ネ暮倹Vv

なべ強

<ナ猜妙も故である⇔

<、ネaA昔でTに着Sに盲枯索の老撃の

<真剣汲bェ≠ソ真剣汲解決しbコなニ試みアqヤ度ウ捉こM閧烽い至ヨ連獅りいるB。とBフ老人

<bニはくヴさスAがュ@教心のTに福祉活「尊び閨枯索を「から≠オ事にしは、一bbメは「゚べあュ@教心のTにぴ鮪≠福祉活「っェト。<かェも=Bゥmwァち直aA吹=b いノヘ事矩℃ク敗}ス曹、世uフりかmqSて放り出楜ス<ノ鱒[淵ルMンvbメ{pM翌ネPア<フぴあな吹B「とはとナ゚骰。X卿そ「試桙フ後遺症試ゥ主枢瀝ュゥ「る倨組の昇る況ゃぺるいる倨組の傷に椶カ枕<フ不幸模突然ニノ私を肩そェ、昔猯でTに着ていゃ烽髦熨ニ「aノヘ癶サこ闔呉好だちbヘウ滋ヲi倦据熨モマゥMキ程度ノソく手ヲs頃か悼血圧uノ注お獲、?事にも轤ネい£高ィ獲サ大「凌鰍教殊ネネをにカ枕<フ大病ル蔵い黷殆ア、死に掠け浮フでTに着材院の時医ぴか悼右手で筆をAニ)たと赦殆ん鯢T可能錘メ、うちろわAWbウSに盲アオかしな一種の執念で筆が佝チ「れいなるノ=A垂ウPセニェノ幕ウ傘たちにも此<フ病気を様たニい、ナカ魔「ゥスが∵世uフりのたと蒔見えれいなるノ=A瑞モオこ<可こbスちにもO位や富や健康クi「フ不安ネbネ妙も枯索の拘驍草lゆPセニヒは″マォbフ「る獅ゥごヌ不安ネ犬イR瓦サスしハ。<蒔=B々ニわ隶かごヌしェト。<かェも拘pが↑pキェM翌ネPア<フぴあな吹aXく@教心のTに=でTりな勇気bノsに=z隷めたと宍組の盾。ていlア嶋酳吹ノヘ少妙も吹骼槊アsナ拘ては終わ韋だ四専め感mマェ強ヌ「ェ常スしかにノ鱒ュ府要間垂ネかアとlフし∴酳に劉メ唐ノュはもきメ唐ノ中で驍アとlフな桝さbキ可こbか$ュ府は癶サこ閧ノも福祉政策<軽視M<ふくナ゚斉な身障しの瑞lォとかご軽∴邯轤フ

<ェ解決するゥを追ナ届bヘ「していたィ役ノはフ仕事が設備宍組の焼呉しBーのb閧形式的ネネb追ノ終わ霖ている獅ゥご猗齊dでRセ葉しハン備捨充実はc…愛セ隸bヌ「にたれl作り、金を出楫烽フs轤ニイト解決するゥを追ナ届bヘ「し人骼槊心、とp繁欠陥の蔵る人骼槊心がに ̄>ネみフ主ウっるとしわたと赦な目。Avノヘ、吹骼槊心を満vのキ衫lヘ吹骼槊嵩梺方ルナレノ陀着ていゃウ殊ネネをにカ貰サこ閧ノもB。と黷ハュ府ク竄ナあも鍋ている侘ャンを標を墜、吹骼橇″マゥMサ「こと、硝SÅもっェト。<は「さこ<フ状<ナ猩bヘ「していたサ樓になかって身障しの設備宍陀唾汎ない単゙ノ収容bノ大人驍R階宮、に昔ノrネが倹Va≠z侶B1>「尊ぶ心、枯索をし事にaA硝S、枯索をし事にaA盾主性≠シ人「「烽オ事にしは、一ちた心をふ いノィこMキ蠅る士がノ着ュ@教心をふ いノィこMキ蠅る士がノ着極、に勧らはOノ゚糟タ福祉活 与えられた使命や目標の前宗教書ブーム揚すると宗教書ブームョするなの背景汝探鷹Wれは生命を代償にで 書いらいれ宗教書ない。立身出P「衿な宗教書ブームちろわAWトいれな{誇槊編集Gメ椶お識的に束≠無お識的に束≠宗教書ブームちろaA昔ェカ弥スしかに宗教ブーム8は随@教書ブームなのがな今b時竭漢に鷹b人「ヘ何故b゙ゥネュも真剣汲宗教書ヌ書いU彼毒pMュをして一口>「っェト限チた。ヘべ強っ経済っおれに醍ゥ艪髟面に行詰ア閧感mマネ責、し▽ちた嵩梺方ルノ希望ルM烽lタあMノ呉っサトゥスが⇔かわ隧ら諒s綜樞相ソに鷹えら労働者鰍言bアちヲゥm悉し古き価値観が崩Aれ1サ樓a代よる〃し教価値観が低迷ニオェト。<トヲbオだ確立しX大「諒s曹ヲら労働者鰍Pサ樓aど弔ソ、に交掠け暮ゥぜなノな地球ちはリ害で汚染Pウ緋る物舎故生産で豊かになサ Mにっェト。<ス吹Bも曹アとオvほでTに着仏法b「自を追時トbス即応ニキbbコなノ作り直P>も生々杯が楕責柏z隷であもゥスが着ていpe鸞、道元が等が痕言らはいいbコなノなむキん>ヘ宗派宗教uニしフbフ浄土真宗ネbネ妙も禅宗もな抹K要bウpM翌ニ弦洋悉し午迦の潤らでTに仏法b熕M翌R階去mが、垂ウていbオかもむキんフ仏法bイヘ閨吹B b烽゙キん>ヘ宗教uニ 己ゥm捨ゥ主性フb追{pM閧煬ヘ索が=B<まぬがbサネs足OでTに着しかも〃し教B@教uヘ盻暸bアbフ蔵らゥ艪顴今刀取捨選択クワbフ士は拒麹Mて作りb驍アスsAそ槊時トkフBナ高智でTに着最高智といえbフ鰍エめlヘな過去フフ宗教uソに題る死んだ宗教でTに着宗教ul析時々刻々杯が損ゥヒるような目歩フでTに着年は喜んで獅B@教uヘBナ高B謦m恵ない。立身出昔か悼カ柾@教uフ盛ん鯒TっサスG問相ヘカ柾@派宗教uフ信Gメ椶多えった時竭漢な働、親鸞、道元、日蓮のbコなノな≠「試榮kフBナ高智を拘驍アとb驍ア葬ヌ間帥Xn樞相ソに題ヲbオた蓮如なア葛x、日親のbコなノそ粁Bナ高智の命ずれまウワ>ノ全る仝錐マォた時竭漢に鷹bョする宗教uェ≠「試榮kフ吹B黷仏法W想をー節vx@如なア葛x、日親のG問相第二B謠@教改えbニ、盾謔、ばなB。aXq謗OB謠@教改えを達成曹ネn桙ソく獅ョ属する「「かスい鯱ィしいる第三B謠@教改えn時かトゥ言え悉し肴一Bノカ柾@教uニ 何ルとニエ。B嵩xBェ本的ネv竰「X卿しな吹Bフ姿ヌノ即ナス糟タB。B嵩xBWを蜘卿しはみる時、きていれな⊇}ス曹、吹B 与えられた使命や目標の前書か萄サノ陲らっぬゥを苧gするで氏uので書か萄サノ陲らっぬゥを秩v れは生命を代償に 日頃か悼チて「ろト「ろトフ文章<ノふAれo鼠ュゥ「る佶瓦。<a[政エじじ也ない≠オ佩^オ佩筆をAニ)たと蒔誰凧打も共通}、b心構らでTりもし事なたと赦誰で「黷烽い詞P練次第いる一定粁文章<書lッA娼ぜなノなサ鬩を追ナ得葉ニz隷めたと酒知bニスと芝Tに着ていuカ章<ヘ練習芝Tに着>ノノ即ナス送黷゚な悼カ柾ャ学校か悼中学校まで黷筆をAニ)たと蒔嫌隷でTっサスォオ、作文としわ其めlヘ嫌隷でTっサスォェもb「詞繧sに事をスォ⇔掠け僻ナス荘蛯こノ文章<書lュゥぜなノなサ雜抹カを仰遣るたと宍瀧や8は垂ネサ雜木サ在赦著述業しとaB雜抹カを作b吹B々にaрナネ痰ォス。知蔀Xナいいざめlヘない兇てbしス^問極思うニルどフナTに着と℃ノヘB。も名文蛾労届mネ緬椶カ抹カを作bニスと芝こウ、、な目雰カ俣々カ抹カを書l「最錐マォていれ着ていwB、著述業しとしフじ抹カ<書lュゥニきノpSがけていれこuニ あノ齟に ̄>ヘカ抹カ<書lュたちな>ウれつ殊o鼠ュゥ「る亂∨題ヲしオ、資n曹熹ュ表しスいュ烽フヘような未ゥ「る亂∨曹ゥz隷めたと芝Tに着言巳b「「〕狂「「⊇コなノなサ髓曹ゥ「る亂ノaKでウれつ士スまaAトいれこuニでTに着セか悼カ磨ノェ文章<書lュゥニだ<はち靂でbコなネ状 bンアにを追ノとはくウ烽A一様ておりカ木ワ月頃か悼筆をAニ)たと蕊しェト。<かェも一昨年死ぬほどフフ病気を様限B。猶カ抹a状にに造がもb「至ヤもずイもニら標をなW魔ミェかmスまaAEl錐業ナ黷筆をAニ)たと舎していれ着しかももb「鹿ニい閨私ノヘ>ウれつニ読ぴ魔>ネるとにういれハ£B⇔資質カ也\領」v竭闢_交見極いてなに昔ノrネを必失変えbフ鰍ナBヘおサ轤黷「とも労お気込みアナ筆をAニ)着ていw痰ヲ悉し己酒知手E雌Gヌ正確<判断クワた諺にも初蜷ォヘ黷兵橇おこMキ兵学家Bフ「なにE歯MをAニ≠琲&K失相手を変えれと乎てニMノウ捉きb隸b熄曹ゥ唐ヘ「さに⇔ぴあな心づもフ閧R階僅もっェト。<bネPセか悼とセトい必失しもなうまくq遣M析゙ゥネャうな未なPオかしな文章<ヘあノュbアnрる⇔ゥス蜷ォ′ちュb追ニW銘ていれ着ていB。ヘ≠ツな>ウれr高ィ獲サ大「曜たと殊乎え悉し吉田松陰<フ言K要bu勇気bノネs綜メはのでフフ筆<まげ獅ョ羨いな黷゚たと宍陀唾汎フヘような未Wz隷め言葉犬イワし節vニ獲サ大「曜たと質く獅ョ腺。とBフぴあなニ樞相<はち心N、烽ネ未ゥ「る會言らは平然スl人て。<スりカ木力しの圧力ォトTbア閧ノも意見を変えれGメ椶多いなPサ樓が恐業オヘ「していたセか悼カ抹M<信用ニ、「Gメ樅Bュな目しな筆lヘ剣ぴのう弱銘なK要のOちに属し>で願目は筆<剣ぴのう強「ュ犢るいる労働獅ェ潤<ヘ勇し{はmネ緬椶カ柾シ陰<フ言葉黶Mたニェらは、できるゥR階、胆力を養。<スいゥニにういも枯索の文章<まげ自っなK「とにうさ読ぴ役つき動マゥMキ蛯コなネ文章<ェ書lッAス悼カ末{望ちに属し年は喜んで死ぬこともできたのである。誇らかに死ぬこともできたのである。
与えられた使命や目標の前祀A「ネノ相応ニオヘ「国瑛錐サ先決揚すると祀A「ネノ相応ニオヘ「国瑛錐サ先決Wれは生命を代償にで 靖国神社としわ其めない。立身出戦後としわ束≠第二次大戦後カ末国神社は国瑛護持にaAリだb瞳、自とも労問P><めぐであ論争蟲っbォる驍ウススしかに論争衙価する重、席

<ナ熕M翌オ「ア<ごヌな明治以後一貫}ス総曹自主性ノる唯B嵩xノa∝人ノたれl熄ォ来熕M雷M重ネネ吹蜷l犠牲黶Mたニオな父浮黷妻子のめが在をふりすててなに昔ノgを捧驍ア曹ォス捨でTに着盻桙Bーを五つる靖国神社とaAm悉ノbオ∴酳に広範囲<ノ祭aAEl髄n曹熾s思議ヌナ猩bヘ「し国をb驍ア滝mユ祀料B十分ネuっェト限チ爽い自を追ェとしわ待のう限エ走ッ栓b驍ア滝mユであも不思議ヌナ猩bヘ「し国民垂「自を追フ総力を汲驍ア総ユbニリだもフちTに着国民全部が敬虔黶ぬかづっぺだもフちTに着ョするなの時も、席のlウ限あノュbアaqクい祖国をまもフ驪主性$死しbEl生ている獅ノ唾汎っ単゙ノ祖国を同胞をまもフ轤ヘ死しbEl生ている獅ヘbヘ「しぐ物が己捨ノgをまもフ驪主性℃力を仰遣しbEl生ている倬 っはフ轤ォり違 NAM吹B b熬f固戦フ轤ヘ死しb吹骼橇祭aAE追ェ靖国神社でTに着盻桙ヘィしいる靖国神社は最高Bノ尊いフちTに着国民「゚べあが祭bニリだもフなをでTに着靖国神社は国を汲驍ア総ユbニ追ェv然スソTに着ョするしかしな今靖国神社を国で祭ろうちちたのlウ限名目3階宮、一部肝か民党ハュ府代表さっる国瑛征祭ろうちMて。<のでTに着釣キんェ国瑛栓代表bbゥの如き形橇とはノ磨ゥ民党3階宮祭りヲたAを利用鼠ようちMて。<のでTに着朕
b「れハ£B≒靖国神社が←民党に独占Pウ緋るか民党ハュ府が祭ろうちちたのlナb隸b熬ス
は「筈でTに着靖国神社とBヘ魔来尊い祖国nゥをツB痩l目ノなフ遂行nゥ主性ノ死んだ吹骼橇祭aAp_社だえら労働者鰍ていたナ「ヘ何故b尊い祖国ちちいヲしサ桙B痩l目ノな自主性ノ死んだちちたのlナpMュをして第二次大戦後一般化Mたヲニの否定粁声は別とMてチbいAbアbヘヲニの否定愚bbメは限らったハ£B+pM閧熕ニのを罪悪視bbメは「ゥネャういbフ「bニpニのに勧らは閨B痩l目ノなヘ遂行できbフだちちたリカ想を殆ん鯢Bプてウ瀧だいていたョ曹゙厳スなpニのに勧るのlナb隸b烽烽い事レノなヘ遂行でき揩ノ榿乎て観念ミノひ頭りもb「至マ念ミ毫う疑らはみよ「ことオな抹K要ぬ£B+みフ主ウっていたョ全に盲と∵s清・日露<フヲニのn時かト恩銘たxノq謫次大戦に掠け米なに昔ノニのに朕
bメもRセ葉買る軍隊逃亡M専め形槐消極ノなaニのを否定> bメもRセ葉鰍セオかしな残念u席い∨析ネpニのが罪悪+pM閧熕ニのに勧らは尊いB痩l目ノな遂行bネかアとlフでき揩ノ榿乎て標を掴限エ走ッ昔りたはuヘト「らな抹K要bウに⇔ぴあな標を掴あノュbアh鼈ャn識しのもフちしかれえったな殆ん鯢Bフエ走ッ析ヲニの目ノな信じ≠スサ桙去蜷ォ℃んだ着なれル祭であB<のが靖国神社でTに着靖国神社を国訪宮祭Kたと舎朕<ェ残銘ていれ着年は喜んで獅尊いB痩l目ノなニlフない。立身出Pナはる尊いB痩l目ノなニlフ何lナpMュをしA守フ驪ノ価しな戦死すA「ネノ相応ニオヘ「国瑛目ノなニlフ何lナpMュをしB単゙ノな他国に
b煬ヘ索の国を守フ驪ソかカ俣ッ胞をまもフ驪ソかカ膜ヘ索達⇔衣食住ノ呉っサニ豊かにaA盾主性ソか言う追ニ力異ノ≠フヘ失でTに着い腎なゥm悉しbゥ◇フ国瑛理想としわ束≠bゥ◇フ成立驍由Aェ厳然スl惜題ヲしサ桙蜴蜷ォ∬フ死んで「齣「bとしわbチbェTっサスォオ、父浮や妻子の孤独Bフ涙ネuC敵ヌキるゥを追ェTっサスォでTに着Pサ樓をbゥ@ャにサずヲ悉し各国ち各国訪極所愚 結オいU箸b゚たと芝∨題ヲB。と流にサずヲ悉し各自ち各国訪極自由Aニ平等を饋らるM生ている士がノ着Aい可ヘ単゙ノ形式的ネノ自由・平等8は垂カ槙e国ち各国訪喬「からノ自由・平等8ノ曹ゥz隷めたと芝Tに着各国ち各国訪愚自由・平等にソんと「b゚たと赦ネp謔クbゥ″走K喬自由・平等8ノ曹ゥz隷めたと芝Tに着各国ち各国訪極所愚 結オいU箸bチ汎ないbゥ″走K極所愚 結オいれいいる不自由・不平等にソlて。<スら本物で「ヘbヘ「していbか″鼠ウ限明強の初蜷ォゥmq謫次大戦bアao葛 結オいU箸b゚大理想ネpケなサ 目ノな叫隧げbフ士は況サ桙B走K極所愚 結オいU箸b゚努力を「からヘ鼠な抹K要の熄曹「かな他国の国訪極自由Aニ平等をあスちヲよ「こと熨lな抹K要bネPセか悼第二次大戦のヲニの目ノなヘ形A上Pナはる尊いゥを追叫隧げbフ士は協ニの裁判宮裁かAWな焉フとならはいまaA昔でTに着と$勝国が敗枢国を裁くニ「b゚たと赦理に掠なK要ト。<ネ緬椶カ毎皷桙か◇ヘ連合国に勧らは裁かAWトニ熨lかたAい「一面を呉b烽フ「bEでTに着盻桙面で限あノフノニのは尊いヲニの目ノな叫隧げbフ士は況サ桙実Aいなソのな抹K要EでTに着眄ニェノ幕ノq謫次大戦で死んだ吹骼槝に昔ノニの目ノな額面通り信じ≠スサ楫は死し<ヘこ<フニ齊dを局フフbコなノ継承ソキ蕃だb奴隷めたと芝Tに着継承ソナきb道 あノ齡、だしな極黶ネbヘ垂ニはノニ0な戦りたノ済、そス者赦錐マォらbサネs藻、でTに着年は喜んで獅愛国心M専めざめない。立身出明治以後ォゥmq謫次大戦bアbか″鼠フ叫隧げkウォた国瑛目ノなニlフ消らkウネ銘なK要のOちに俗をしBむ厳スts枢sフりいるオサ桙B痩l目ノなヘ一層輝きをましbうでTに着゚そを「からニ、盾フlェな戦後昔課のナ太葉ニpニのに勧らは閨各国ち各国訪極自由Aニ平等をあスちヲよ「こと創曹熄o来な未ゥ「る仞あヲbオた自国訪極自由Aニ平等をあスちヲれいいるオオ、資n荘シ国訪極自由Aニ平等をあスちヲれたと宍打きスA NAMに⇔ぴあな表面的ネネるオフ場爾ごニz領理想を叫隧げbゥアとlフ虚偽ための奄ぴ{もbヘウ着む厳スなts枢撃に栫Xにbか◇フ国瑛目ノなヘB。B嵩xみb「ィ蟲っるべだちに送vbネPセま蟲っていたに椹よる唯いち萄サノ信じは死し<ヘb酳bコなノ簡単゙ナ猩bヘ「し今カ毎、国心を少調bネかアとlフカ木サ状を肯定>限チ爽ニ国を戦巳ふ疲「こと、盾烽゙毒Tに着bゥ″曹フ国瑛目ノり。痩l理想を否定> 譴こと、盾烽゙毒Tに着各国の閨各国訪極自由Aニ平等をあスちヲよ「こと、盾フlェなbゥ″曹フ国瑛目ノbニしうなmは況サ桙サネs閧ノ国瑛栓守フ驪ソb゚たと錫ヘィしがTくをさ眄ニイカ桝謫次大戦いるオ珥ヘや他国訪粁自由Aニ平等は脆のに勧らは あノスカなス揩ノ榿乎て証明宍打きス飼、でTに着魔ニ$勝国とて同じちく獅ョ羨いなニ弦洋悉し捲竭艦〃し教ニ樞相<はBる要t、でTに着←国に対bネh、を少調bネm悉すれ程カ桝シ国人「肢、国心を否定> いュ烽フ謔、な目編あな愛国心は本物で「は「し他国人「肢、国心を肯定求A娼ぜなネ愛国心なmは況珥ヘや愛国心を肯定求A娼スと錫c…愛ソに鷹ゥワいョ羨いなネゥm悉し愛社心M説B<>
<ナ猩bヘ「し年は喜んで死ぬこともできたのである。誇らかに死ぬこともできたのである。
与えられた使命や目標の前岡倉天心揚すると岡倉天心Wれは生命を代償にで Mちヲゥ闔ン{ス揩必要sV心「詩S鯲像ない。立身出最近しきはとセかbフ原点交問鶴ちれめ言葉ェ多銘なK要bウスAとしわ前もE借サトbェ過渡期にに題もチ。「こnフセかbただ続行し b狎かs燉eBフ精緻3階去喜ん鯒uヘト「られス揩ノ着をれl鉗ノ勧らは閨セかbい自を追ェ充実あv教ォたと手放クワでいらいれほどフノな今b時竭艦癶サこチなK「をでTに着ていゃウ殊ネアそ地球の破滅閨吹類uフ危機に遭遇Mて。<のでTに着男滅ネ前ネノソオkウヘち靂で男滅ネ救共ゥノ足A樟かb標を堤れス揩ッb熄謔、な目着ョする何人≒声<大ネノソオkセかbフ重、性を≒ソュ鰍況かしな叫仰呼武器とス驍オの真剣教でセかbノとはくウだ゚てウ陀俗をしBセかbヘネい¥d∴邯ういbフ「るぴあにみア墜、Bナ「鼬y∴邯fス<bなかアとlフカ磨ノz卵n造らない≠、れニオヘ「しノ埠ヘ長い間もそノフ部で像を追間正っる3階宮、に昔拘鯲像喬追間正ったたと宍曹ヘュbゥ◇フりい死んだまウワ>フ=でTったなB。地球の破滅ネ前ネノソオkノbV心「詩S鯲像B「セかbフ原点頚卵n葬ヌ間正っるいる 轤ネい≠、れニオヘ「しスれl熏謌皷目ノz卵n造ニりb驍ア轤チるいる佶限大変ヘィしを感ずれ着ていa達bゥ$lは「す可機にる況っ書いと7心「詩S鯲像B見b「ュ烽フ謔、な目着ノ埠ェ何故bセかbフ原点頚浴B雜哩ス故bるB。セかbフ原点頚竜っるとm業ノヘィしがTるlフ叫頏ノたウぐ醍Aいュて析フ謔、な目。天心交世界昔天心M人てチb謔ンlェを堤せAいュて析フ謔、な目。 代償にで 「美Wzと宗教Wに勧る全吹類uフ改造ない。立身出天心はbゥ◇フみlナ「はュも世界昔セかbフ原点頚卵n曹顳。と省爵{ス驍ノふ楕戦し教吹物で「sに着普通チbV心交にq言bニきノs結梍術学校(今b東京芸術大学)「詩n立ぴ、第二トkフBZ長頚卵n曹ノq言bの中では「しな胸ヘ「ぜいユニ−クな美術評論瑛制が最にq言bR階去mがノ着眄ニェ天心はな極黶R階粁吹物で「swvの゚lセ俗をしBSに盲一般に天心がBZ長故職を停止正ったたと舎ヌ襭雜冶フれニスォ⇔掠け僻ナス糟タ美術学校をク竄゚ノbか#術院を肱立Mたニい、ヘ知守いbフ「るがもb「ア凧隊bヘ≠熕[いヘィしがあwvEz隷めたと酒ら標をは、一bbメはヲbオっ自っいbチ汎いい程凧い諒s曹ウていわスしかに直接∨析ネsV心はに昔恋≠n蜷ォ・獅ノ昔教敵か悼放り出楜スス吹物で「sにがもむキフ舛E、助カ部省赦今とBニ同じくな西洋ヽ階愚進んだちみb吹骼桀みフ主ウっカ鱒^フ謾術セかbチ吹B<セかbニlフ何lナpM「かニ標を墜みよ「ことんbメはア鰍l内い諒s必要EでTに着痰「応ノ裘望様てBZ長交ク竄゚vEz隷めをが真相でTに着ていsV心はBュな妙ちも全bゥ$lをも全世界吹を美と宗教uソ造り変えようちMて。<bウスAも釣キフ標を窒美とlウ限美術Bフりの美に終わ韈ずる碩強っ経済bアn煌ム。<tでTったな美よ楕蓑碩強E経済はなオだ「からフ碩強E経済nm揩ノ榿標を墜いbEでTに着發らはみb琲$カ活全般を貫ュ美でTったEでTに着宗教uニしわとだもE借サ実庫相互に対立Mサ大「酪ゥぜなネ各派宗教u士ネ妙も吹B b熹侵略国を0底ノなm取したフがもこ<フ先進国ちちわAWトいれ国℃槐Tに着ほちん鯢のノはェこ<フニ齊dを疑らはみよ「ことヘ鼠な抹K要bネPア<フぴあにソオkノiス世紀もむ間もアジア諸国lヘ西洋諸国lノ侵略ソウス