Make your own free website on Tripod.com

日本植民支配時代の強制徴用者100人、行政訴訟

(東亜日報 2002年10月11日)

日本帝国主義による植民支配時代に強制的に動員された韓国人100人は11日、「1965年に締結された韓日協定文書を公開しなかったため、被害賠償の訴訟が難航している」とし、外交通商部(外交部)長官を相手取って、情報公開拒否処分の取消請求を、ソウル行政裁判所に提出した。

彼らはまた「韓国政府が『韓日協定で両国間の請求権問題は一段落したが、被害者ひとりひとりの日本政府を相手取った訴訟にまで影響を及ぼすものではない』とするなど、あいまいな態度を取っている」とした上で「韓国と日本の真なる同伴者関係のためにも、韓日協定文書を即時公開せよ」と促した。

訴訟には日本植民支配時代に日本軍の性的奴隷を強いられた被害者、勤労挺身隊、浮島丸爆沈事件の被害者、原爆被爆者など11の類型の被害者と遺族100人が参加している。

Copyright(C)2002- 「日本専門」情報機関(日本の情報の収集と保存)