Make your own free website on Tripod.com

樺太残留韓国人「強制連行の嘘を語る」

(「潮」2002年9月号)

【特別企画】「戦争」を語り継ぐ
サハリン残留韓国人たちの癒えない傷。

粟野仁雄(ジャーナリスト)

戦前、強制連行などで樺太(サハリン)に渡り、半世紀間故国に帰れなかった人たちのうち約1500人が韓国に永住帰国した。

(中略)

1945年のソ連軍侵攻時に樺太にいたおよそ30万人の日本人のほとんどは帰国したが、日本政府は、戦時中「皇国臣民」として日本語まで強要した朝鮮半島出身者の4万3000人を「日本国籍がない」と置き去りにした。大半は半島の分断後でいう「南」の出身者。冷戦でソ連と韓国に国交がなくなり、彼らは半世紀にわたり肉親と生き別れた。

(中略)

仁川にある療養院を訪ねた。99年に日本の支援金で完成した、帰還者が余生の最後を過ごす施設といってよい。

(中略)

道案内や通訳をしてくれた李周雨さん(68歳)が意外なことを言った。

「この問題は戦後、サハリンから外へ出さなかったソ連政府が悪いんです。決して日本の責任ではない。戦争に負けて逃げて帰るのに韓国人のことなど考えられないでしょ。それに強制連行なんて嘘ですよ商売や募集で渡った人がほとんどです

さらに、

韓国政府は反日感情を煽るために利用しているだけで何もしない。帰れるようになった功労者はペレストロイカ、そして私たちのために尽くしてくれた日本です」

Copyright(C)2002- 「日本専門」情報機関(日本の情報の収集と保存)