Make your own free website on Tripod.com

北、韓徳洙議長の訃告を報道

(ソウル=連合ニュース 2001/02/23)シム・キュソク記者

北朝鮮の朝鮮中央放送は23日、在日本朝鮮人総聯合会(総聯)韓徳洙議長の死亡(2.21)についての総聯中央常任委員会の訃告を報道した。

中央放送はまた、最高人民会議常任委員会と内閣が22日、総聯中央常任委員会に共同名義で弔電を送り、哀悼の意思を示した、と伝えた。

最高人民会議常任委と内閣は韓議長を「海外僑胞運動の元老」、「老革命家」、「真の愛国忠臣」などと称賛しながら「韓徳洙同志の逝去は、総聯とわれわれ祖国の大きな損失だ」と伝えた。

これに先んじさる21日、総聯中央常任委員会は韓議長が、同じ日の夕方8時20分に肺炎で死亡した、と訃告を出し、総聯系朝鮮通信も彼の死亡消息を伝えた。

北朝鮮はさる95年9月、李珍珪総聯第1部議長が死亡した時には「中央人民委員会」と「祖国統一民主主義戦線(祖国戦線)」共同名義で訃告を出した。

Copyright(C)2002- 「日本専門」情報機関(日本の情報の収集と保存)