Make your own free website on Tripod.com

北朝鮮の影を追う1

(産経新聞朝刊 2001年12月20日)

【総連との攻防】押収資料わずか「2箱」

北朝鮮問題取材班

在日朝鮮人系金融機関「朝銀東京信用組合」をめぐる資金流用事件は十八日、東京地検が業務上横領の罪で在日本朝鮮人総連合会(朝鮮総連)の元財政局長らを起訴し、事件解明の舞台は今後の公判に移る。

破綻(はたん)した全国の朝銀に日本政府は六千億円という巨額の公的資金を投入、その額は最終的に一兆円にのぼると予測されているが、朝銀を破綻させた「ずさん融資」の使途は公判で明らかになるのか。闇に消えた資金の行方に北朝鮮への「送金疑惑」がささやかれる朝銀事件の「深層」を追う。(北朝鮮問題取材班)

十九日午前八時二十五分、新潟港に北朝鮮から貨物客船「万景峰92」が入港した。北朝鮮・朝鮮労働党で総連を担当する「統一戦線部」幹部が乗っているとされる。総連幹部は数日間の停泊中に朝銀事件の報告のために乗船するのか、本国からの指示を受けるのか。

朝銀東京事件の捜査が大詰めを迎えた十一月下旬にも「万景峰92」が新潟港に入っている。

このときは実力者、許宗萬第一副議長が乗り込み、何時間たっても船を下りてこなかった。「許氏の下船は翌日だった」(公安関係者)

「日本警察当局は『総連からの指示』について捜査を進めるようだ」

十月中旬、この情報を入手した総連の幹部たちは、当局の目を恐れて都内某所に集まった。

会合では「徐萬述議長や許第一副議長に捜査が及ぶことがあってはならない」ことを確認、朝銀事件は「でっちあげ」「不当捜査」「民族差別である」という意思統一が徹底された。

警視庁捜査二課に総勢百人規模の朝銀東京専従捜査班が正式に編成されたのは十月末だ。同課は長銀、日債銀、東京相和銀など金融・経済犯罪捜査のプロ集団だが、今回はいつもとは少し違っていた。

「朝銀の背後に総連、その後ろには北朝鮮がある。『不正送金疑惑』を意識しないわけにはいかなかった」(警視庁幹部)。捜査当局と朝鮮総連との攻防はすでにこのころから始まっていた。

専従捜査班は朝銀東京幹部が平成十年の東京都の立ち入り検査で資料を隠匿、総額二十五億円の融資に関する債務者資料を提出せず、仮名・借名口座を使って不良債権化させていた事実を把握。十一月八日、協同組合金融事業法違反(検査忌避)容疑で朝銀元理事長の鄭京生容疑者(六四)らを逮捕した。十日ほど過ぎると鄭容疑者がこう供述する。

「康さんから指示を受けて流用していた」

「康さん」とは朝鮮総連の中央常任委員を務める康永官元財政局長。総連の“金庫番”と呼ばれる人物である。捜査の視界は一気に広がった。

一方、総連は組織防衛を本格化させた。家宅捜索前日の二十八日、総連下部組織「在日朝鮮青年同盟」などに大量動員がかかる。同日、康元財政局長を逮捕。朝銀東京の仮名・借名口座は事実上、康容疑者が管理、カネの大半は朝鮮総連に流れていた。

家宅捜索当日。二十九日午前八時、朝鮮総連中央本部前の捜査員の乗ったワゴン車が四百人余りに取り囲まれた。車を揺らし怒声が飛び交う。

「日本の警察は在日朝鮮人に対する差別をやめろっ!」

機動隊二百人が出動。「公務執行妨害であなたたちを逮捕せざるを得ない。困るのはそちらではないか…」

道が開いた。総連に日本の捜査当局が初めて入った瞬間だった。

朝鮮総連は昭和三十年、在日朝鮮人の権利擁護団体として設立された任意団体である。

だが、別の顔も持つ。北朝鮮の故金日成主席が対南(韓国)工作担当の統一戦線部に直結する組織として創設したからだ。日本人拉致疑惑や軍事転用可能物品の不正輸出など北朝鮮をめぐる犯罪にはこれまで度々、総連やその関係者の影があった。

「蚊帳の外ですよ。宝の山を前に、指をくわえていた…」

自嘲(じちょう)気味にこう言うのは北の工作活動を捜査してきた警視庁公安部の「北のプロ」たちだ。彼らは家宅捜索はおろか捜査に加わっていない。

騒乱で二時間遅れた総連の家宅捜索は午後二時すぎに終わったが、押収資料は段ボールでたったの二箱だった。捜索は容疑から財政局長室周辺に限られ、一人の捜査員の後に三人の総連関係者が付き、トイレのなかまでついてきたという。

警視庁は事件着手の早い段階で捜査は刑事部が行い「刑事事件として粛々と摘発する」(警視庁幹部)ため、公安部を投入しない方針を立てたとされる。政治的な要素や思想背景が絡む公安事件は「政治的な意図が捜査に反映しているとの無用な反発を招く」(同)との理由からだ。政府は「この問題(朝銀東京事件)と日朝問題は別」(小泉純一郎首相)、「日本国内の金融機関の問題」(福田康夫官房長官)との立場だ。

いま、総連幹部は「説明会」と称して親しい国会議員を集め「段ボール二箱だからたいしたことはない」と勝ち誇ったように話しているという。 

Copyright(C)2002- 「日本専門」情報機関(日本の情報の収集と保存)