Make your own free website on Tripod.com

『週刊文春』11月4日号を読む

(鹿砦社通信 1999/11/4)

松岡利康

今週号の『文春』で、もう一つ目をひいた記事があった。 『疑惑の副学長“追及記者”が怪死した!』という記事である。

これは、大阪経済法科大学をめぐる数々の疑惑、とりわけ朝鮮総聨との関係、 北朝鮮の付属大学ではないか等々に対するキャンペーン記事である。しかし、これだけでは、べつに払の関心を惹くものではない。

この記事で「原因不明の死」と書かれている金武義(きむ・むい)という人の名が、 数年の年月を越えて登場したことに目を見開かされたのである。

きむ・むい氏は、95年の夏に自宅アパートで亡くなった。この際、それ以前からの 薬物中毒が原因であったということは聞いていたが、それでも、今回の『文春』の 記事に書かれているように、ノート類の一部が紛失していることも事実として耳に入っていた。 その前に、北朝鮮や総聯関連の取材を重ねていたこととも関係があるのでは…。 といったことも、陰ながらささやかれてはいたが、それも推測のレベルで終わっていた。 このように、あらためて具体的に追跡されていけば、疑惑は深まるばかりである。

なぜ、私がきむ・むい氏の記事に関心があるのかといえば、生前、われわれの プロレス雑誌『プロレス・ファン』(現在休刊中)の最初の頃、金兄弟(彼には弟がいる) に手伝ってもらっていたからである。

いま、手元に『プロレス・ファン』の4号〜6号がある(92年6月〜同年11月)。ここで、きむ・むい氏は「報復の化学」という 連載を書いている。この頃の執筆者には、板坂剛氏、鈴木邦男氏はむろん、竹内義和氏、 まだ無名の時代の高山文彦氏などがいる。6号では、井田真木子さんが、女子プロ最強レスラー 神取忍と対談をやっている。

その連載第1回で、きむ氏は、次のように因縁深いことを書いている…。 「別の総合月刊誌の担当者が言ったことを、今でも思い出す。 ばくはSWS(注・メガネスーパーが作ったプロレス団体。現在はない)について書こうと思い、 打ち合わせの席上、そのプロットを話そうとしたのだが、彼はロクに聞きもしないで斬って捨ててくれたのだ。

『プロレスって、何が起ころうとしょせんコップの中の嵐って感じなんだよね』

結局、ぼくはその雑誌に、某在日朝鮮人団体の内情を取材したレポートを書くことになった」…。

きむ氏は3回の連載の後、「頭がショートした」という理由で『プロレス・ファン』から離れた (くだんの連載は弟が引き継いで書いたこともある)。入退院を繰り返していたとも、 郷里でリハビリを行っていたともいわれる。その後、『話の特集』(現在廃刊) でソープランドの店員になった体験レポートを書いたりしていたことまでは記憶にあるが、 そして突然の死である。

10月28日、大阪経済法科大学は『文春』を提訴した。 いずれにしても、きむ・むい氏「怪死」の真相が明らかにされることを望む。

Copyright(C)2002- 「日本専門」情報機関(日本の情報の収集と保存)