Make your own free website on Tripod.com

中高生の90%以上「韓国は腐敗国家」

(中央日報 2002.11.22)

韓国の中高生の90%以上が「韓国は腐敗国家」という認識を抱いており、青少年の「腐敗」に対する倫理意識が憂慮されるほど深刻な水準であることが調査で分かった。

反腐敗国民連帯が9月の1カ月間、ソウルなど全国12都市の中高生3015人(男子1526人、女子1489人)を対象に「腐敗認識アンケート調査」を実施した結果、「韓国社会が腐敗していると思うか」という質問に対し、92.2%が「絶対にそうだ」または「そうだ」と回答した。

世界100カ国の腐敗順位では、67.9%の学生が韓国を腐敗順位1〜20位に属する「腐敗国家」と認識していることが明らかになった。

最も腐敗している集団を1〜5位まで選択(重複可)する質問項目では89.6%が「政界」を選び、「マスコミ」(63.3%)、「企業」(61.6%)、「法曹界」(52%)、「教育界」(49%)、「公務員」(44.5%)、「金融界」(37.8%)、「警察」(37%)という結果になった。

また「自分の腐敗に対する倫理意識」では、回答者の47.3%が「見ている人がいなければ法秩序を守る必要はない」と答えたほか、「お金で問題を解決できるなら喜んでそうする」(27.3%)、「不正腐敗を目撃しても自分に不利益になるなら知らないふりをする」(35%)「自分と親せきの腐敗は黙認する」(27.2%)「懲役10年を受けても10億ウォン(約1億円)を稼げるなら不正行為をする」(16.8%)という結果となった。

反腐敗国民連帯のアン・テウォン事務局長は「青少年が各種ゲートなど不正腐敗事件を見ながら、韓国社会の腐敗を深刻と感じているようだ」とし「特に自分の腐敗問題に対して非常に寛大な立場を見せており、反腐敗教育が急がれる」と語った。

Copyright(C)2002- 「日本専門」情報機関(日本の情報の収集と保存)