Make your own free website on Tripod.com

2世の問題

(朝日新聞(夕刊) 2003年3月10日月曜日 2版 6面)

「押しつけは虐待」『カルトの子』の著者・米本氏に聞く

地下鉄サリン事件から間もなく満8年。そのオウム真理教や、世界基督教統一心霊協会(統一教会)、エホバの証人、ヤマギシ会、ライフスペースで育った「信者2世」を検証した『カルトの子』(文芸春秋、00年)を書いたルポライター・米本和弘さんは、講演(*1)を聞いてこう話した。

「信者の子どもの人格をどう考えるか、世界共通の課題であることを改めて知りました。親が育児より宗教に重きを置くようになると、親と接触する機会を失った子どもは愛情欠乏症になる。攻撃的になる、情緒不安定、人間関係をうまく結べない、といった障害も起こりがちです」

「親が自分の価値観を子どもに押し付けることは、子どもの人格をゆがめる。子どもにとっては心理的虐待であり、仮に脱会したとしても、社会に適応できないまま、後遺症となって、覚せい剤や酒やセックスに依存したり、過食症やうつ病になったりもします」

「これは特異な宗教だけの問題ではない。原理主義的な宗派の家庭で育った子にも排他的な影響が見られる。私も『日の丸・君が代』の強制に反対といった自分の思想を子どもに押しつけていないか、と反省することもある。親が自分の信仰や思想を語ることは当然だが、そこに『強要』があってはいけない。選択の余地を残した『説明』にとどめるべきだと思います」


最初に記事を紹介したのは、このコラムを書こうと思ったキッカケとなった記事だからだ。そして米本氏のコメントの重要なところは、宗教カルトに限ったことではなく、原理主義的な信仰や思想の家庭で育った子どもが、カルト2世の問題を抱えるというところにある。

原理主義的な信仰や思想の家庭というのは、ある信仰や思想を絶対的に正しいものとし、他の信仰や思想を誤っていると批判する家庭である。ここで、アレ?と思った方は、正常だろう。そうなのだ。韓国=善、日本=悪という歴史を信じている韓国国民、金正日将軍様を称え、主体思想を学ぶ北朝鮮人民(在日が含まれるのは当然のこと)、反戦・平和を絶対的正義とするエセ市民団体、そして他宗攻撃、排他的な教義で知られる創価学会も、それぞれの信仰や思想の正当性とは無関係に、それぞれの信仰や思想の原理主義的性格によって、カルト2世の問題を引き起こすのである。

カルト2世は、親の信仰や思想を押し付けられることで、心理的虐待を受けることとなり、その結果として、攻撃的になったり、情緒が不安定になったり、人間関係をうまく結べなくなったり、排他的な性格になったりするのである。日本でも、見渡せば、在日韓国人・朝鮮人やエセ市民団体、創価学会員が、そうした性格を持っていることが少なくないのがわかるだろう。

もう一度言うが、信仰や思想の正当性の問題なのではなくて、信仰や思想が抱える原理主義的性格が問題なのである。ある信仰や思想が、正当性をもっていても、原理的な性格であったら、それだけでカルト2世の問題が引き起こされるのだ・そして、このことが、カルト2世の問題の悩みなのだ。何故なら、「正しい信仰や思想を子どもに教えるのは良いことだ」と考えている人々に、それは、子どもの心理的虐待であり、子どもの人権を侵害しているということを分かって貰うのは、非常に難しいからである。

そういうわけで、本論では、信仰や思想が正しいかどうかではなくて、子どもが親の信仰や思想を強制されている状態をカルトと、これによって引き起こされる問題をカルト2世の問題と呼ぶことにする。そしてカルト2世の救済を目指すのである。


(*1)直前の記事の内容を指す。記事の抜粋は下記。

(朝日新聞(夕刊) 2003年3月10日月曜日 2版 6面)

悩み深い『信者2世』 英国人女性が脱会体験語る

韓国から始まって世界各地に信者をふやしている教団の信者だったドナ・コリンズさんは7日、東京・四谷で開かれた霊感商法被害者救済担当弁護士連絡会の全国集会で数奇な過去を語った。

【疑問】霊感商法被害者救済担当弁護士連絡会は、統一教会の霊感商法による被害者救済の裁判を担当する弁護士の連絡会であり、教団とは統一教会を指すことは明白である。しかし朝日新聞は、明記しないのである。一応、統一教会の記載は、「カルトの子」の内容紹介で示されているが、統一教会を正式名称の『世界基督教統一心霊協会(統一教会)』と記載するならば、他の団体だって、『幸福会ヤマギシ会(ヤマギシ会)、エホバの証人(ものみの塔)』と記載するべきではないだろうか? 朝日新聞が、朝鮮民主主義人民共和国(北朝鮮)と記載していた理由を考えると、朝日新聞は統一教会に落城されたのだろうか?

Copyright(C)2002- 「日本専門」情報機関(日本の情報の収集と保存)